2017年6月2日 

■佐藤洋美の『ル・マン24時間耐久レース』レポート 日本人ライダーは、24時間をどう走ったのか?

『フランス・ブガッティサーキットで2016-17年世界耐久選手権(WEC)第2戦「ル・マン24時間耐久レース」が開催されました。開幕戦は2016年の9月の「ボルドール24時間耐久」でスズキ・エンデュランス・レーシング・チーム(SERT)が優勝、2位にSRCカワサキ、3位にトリックスターが初表彰台をゲット、5位にTSR。GMT94ヤマハは序盤2度の転倒から追い上げ9位。ヤマハ・オーストリア・レーシング・チーム(YART)は何度もトラブルに見舞われながらも追い上げましたがリタイヤでした。』
……続きはこちらのリンクから。