MBHCC C-2
添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート その36「アフリカを走る!ケニア・サバンナツーリング」の巻



 久々に実施されたアフリカ大陸を走るツアー。マサイの人々が暮らすサバンナを駆け抜け、象やキリンが普通に歩いている大地をバイクで走る。地球を走っているんだ、という感覚が芽生えてくる。ゴールのインド洋を目指して、アドベンチャーな旅は始まった。

 ナイロビ空港に降り立つ。飛行機はターミナルのボーディングブリッジすぐ近くに停止したが、ブリッジは壊れていた。タラップで地面に降り、歩いてターミナルに向かう。一所懸命なんだけど、どこか不器用で、それが微笑ましい。そんなアフリカの姿をいきなり空港で体験する。以前、アフリカ縦断の旅をともにしたスタッフと5年ぶりの再会し、いよいよツアースタート。

 ナイロビ郊外のガレージを出発し、アップダウンのある道が続く。視界を流れていく下町風景、すれ違う車、どれもが新鮮。アジアとも南米とも違う。アフリカを走っているんだな、という気分が盛り上がってくる。やがて道はオフロードへ。次第に風景はサバンナっぽくなってくる。


1ナイロビ郊外を散歩

2ナイロビ出発直後の風景
ナイロビ郊外を散歩。 ナイロビ出発直後の風景。

3サバンナな風景になってきた
サバンナな風景になってきた。

 マサイの少年が牛を追っている。と思ったら、別のマサイのオッサンは携帯電話で話しながらバイクで走っている。太古から変わらないものと現代アフリカの風景が交差する。やがてシマウマが登場し、キリンの群れのすぐ横をバイクで走る。ケニアのツアーといえば国立公園の中を4WDに乗ってサファリするのが定番だが、国立公園でもない普通の場所にもキリンや象が普通にいる。これは、けっこう感動する。

 宿泊はどんな所に泊まるのか? 国立公園に隣接する豪華ロッジもあれば、何もないド田舎で簡素な掘っ立て小屋みたいな簡易宿に泊まることもある。実は、この掘っ立て小屋がお客様の間で1番好評だった。1日を走り終えてビールを飲んでいると、目の前を象の群れが横断していく。自分たち以外に誰も観光客はいない。贅沢な時間。部屋は3つしかなかったので、スタッフはテントで寝た。夜は星空がすごかった。が、しかし。夜明け前にカバの荒い鼻息がテントのすぐ横で聞こえたときは、マジで怖かった。


4バイクタクシー、客待ち中!

04 3位表彰台に上ったハズの46番の姿が新聞には写ってませんでした(泣)
バイクタクシー、客待ち中! サバンナを歩くマサイの牛飼い少年。

6マサイもバイクに乗る。スマホでFBもする

7華やかな衣装で歓迎のダンスを踊ってくれる
マサイもバイクに乗る。スマホでFBもする。 華やかな衣装で歓迎のダンスを踊ってくれる。

 ところで、ケニアの言語はスワヒリ語。バイクはスワヒリ語で「ピキピキ」という。道路は「バラバラ」。OKは「サワサワ」。「のんびり行きましょう」はご存じ「ポレポレ」。これらの言葉をつなげるだけで文になる。「ピキピキ、バラバラ、サワサワ~ポレポレ~♪」でちゃんと意味は伝わる。アフリカというと怖いイメージを感じるかもしれませんが、実は非常にほのぼのした、ポエムのような世界なのです。


8シマウマ発見

09ポルトガルの小さな田舎町を巡る
シマウマ発見。 キリン発見。

10 4WDに乗り換えてサファリもしました

11バオバブ発見
4WDに乗り換えてサファリもしました。 バオバブ発見。

 旅の後半。土の色は茶色から次第に赤茶けた色に変わり、バオバブやアカシアが茂る森を抜ける。だんだん人の姿が目立つようになり、「町」の空気に変わっていく。野生動物の世界もいいけど、人間の営みの中に戻っていくのもやっぱりワクワクする。やがて、目の前に青いインド洋が見えてくる。ビーチにバイクを並べ、全員ゴール達成。アフリカ大陸全体から見るとほんのわずかだけど、ケニアという国を横断してきたんだ!という達成感はハンパない。大きなトラブルもなく、無事にツアー終了。

 実は添乗員が酔っ払ってロッジの階段から落ちて肋骨を折っていたのは秘密です。最後はちゃんとインド洋で泳ぎました。ケニアのバイクツアー、2019年も予定しています!


12ビールを飲んでると向こうに象の群れが。

13ガソリンスタンドは人間ウォッチングの場
ビールを飲んでると向こうに象の群れが。 ガソリンスタンドは人間ウォッチングの場。

16旅の後半、道が赤く染まってくる
旅の後半、道が赤く染まってくる。

14お酒もよく飲みました

15ご飯はこんな感じ
お酒もよく飲みました。 ご飯はこんな感じ。

16旅の後半、道が赤く染まってくる
旅の後半、道が赤く染まってくる。

17町は近づいてきたらしい

17頼りになるケニア人スタッフたち
町は近づいてきたらしい。 頼りになるケニア人スタッフたち。

19インド洋に到達!達成感ハンパないって!?
インド洋に到達!達成感ハンパないって!?。






***今が旬のおすすめツアー***



ニュージーランド 目指せ!最南端 インバーカーギルとマウントクック 8日間

今が旬のおすすめバイクツア
豊かな自然の中に伸びる快適ツーリングルートと数々の景勝地を訪れる至上のツーリング。今年のニュージーランドツーリングは『世界最速のインディアン』の舞台となったニュージーランド最南端インバーカーギルを目指します。映画でバート・マンローが最高速トライアルに利用した実車も見ることができます!ミルキーブルーに輝く湖を眺めつつ万年雪がまぶしいマウントクックに向かう道はまさにパラダイスロード!特に11月はルピナスが満開の季節ですのでお勧めです!詳細は道祖神までお問合せください!

11/17発 388,000円  12/29発 499,000円
2/10発  418,000円   3/6発 428,000円

詳細はこちら/で。

■バイクスタッフ社員募集!
旅行が好きで、海外ツーリングに関心のある方!一緒に働きませんか?
詳細はこちらから!
https://www.biketour.jp/recruit/

■2018年度 新パンフレットが完成しました!
今年も新コース満載!道祖神設立40周年企画「西アフリカ横断アドベンチャー40日間」は
今回限りの特別企画!もちろん定番のBMWヨーロッパやUSAツーリングも充実。「地球を走る
バイクツアー」が盛りだくさん。ページをめくるだけでワクワクしてくること間違いなし!
道祖神パンフレットをお気軽にご請求ください!
電話:0120-184-922
E-mail:bike@dososhin.com

お問い合わせは道祖神、バイクツアーデスクへお気軽にどうぞ。
E-mail: bike@dososhin.com
TEL:03-6431-8198

アフリカ、海外バイクツアーといえば
●東京本社
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
TEL 03-6431-8322
0120-184-922 (フリーダイヤル)

●バイクツアー専用ダイヤル
TEL 03-6431-8198
特にアフリカと海外バイクツアーに滅法強い、愛と誠意の旅行代理店。一般はもちろん、テレビロケや政府関係など業務方面の信頼もあつい。
高い人気と実績を誇るバイクツアーは、アメリカ大陸横断、アメリカ西部周遊、ヨーロッパ5カ国周遊などの定番コースを始めとして、ロシア、オーストラリア、中央アジア、アルゼンチン、アフリカ、タイ、台湾などオン、オフ共に多彩に設定されてる。一生に一度は行きたい海外ツーリングだが、一度行くと二度三度とリピート率はかなり高くなる道祖神バイクツアー副作用にも要注意!?
詳細はバイクツアー専用ホームページhttp://www.biketour.jp/tour/で。

[第48回][第49回][]
[ゆきゆきて道祖神バックナンバー目次へ]
[バックナンバー目次へ]