2017年5月12日

MBHCC-C2 ゆきゆきて道祖神 添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート

その27「ル・マン24時間 トリックスター応援ツアーの巻


すべてはこの記事から始まった(WEBミスター・バイク「第80回ボルドール24時間耐久レース・レポート」(※PC版に移動します))。
「プライベートチームが世界チャンピオンを夢見たっていいじゃないか!」という熱いキャッチ・コピーは、添乗員ヨッティの心を熱くさせた。この記事を読んですぐに、今年世界耐久戦(EWC)にフル参戦するトリックスター・レーシングの鶴田竜二監督に応援ツアーの企画をオファーし、さらに非常に多くの方々の協力を得て、このツアーは実現したのだった。

 今回は観戦ツアーですのでバイクには乗りません。パリに到着後、バスでル・マンに向かいます。パリからル・マンへは約3時間の道のり。「ル・マンまであと〇km」という道路標識に心が高ぶります。やがて到着しました、ル・マン、ブガッティ・サーキット。世界耐久レースに興味なくとも、ライダーなら「ル・マン」の地名は知っているはず。「憧れの地に来たのだ。」それだけでもなんだか嬉しい。

道祖神としては珍しいバスでの旅行です

道祖神としては珍しいバスでの旅行です。

ル・マンに続く道

ル・マンに続く道。

ル・マン旧市街はこんな感じ

ル・マン旧市街はこんな感じ。

ル・マン ブガッティ・サーキット到着

ル・マン ブガッティ・サーキット到着。

 到着したのは決勝レース前日。今回のツアー特典としてパドックパスも付けてもらっていたので、チームのパドックまで表敬訪問する。ちょうど予選が終了した後だったので、チームも和やかな雰囲気。明日の決勝に向けて、ライダーやチームクルーと握手したり、記念撮影したり。お互い貴重な時間を過ごす。テンション上がります。これこそ、応援ツアーの醍醐味。

今回のツアーはパドック・パス付き!決勝前日、ライダー・チームと交流タイムもありました

今回のツアーはパドック・パス付き!決勝前日、ライダー・チームと交流タイムもありました。

我らが「エヴァRT Webike TRICKSTAR」のライダーです。左から出口選手、ジュリアン選手、エルワン選手

我らが「エヴァRT Webike TRICKSTAR」のライダーです。左から出口選手、ジュリアン選手、エルワン選手。

野左根航汰選手もYART YAMAHAとして参戦

野左根航汰選手もYART YAMAHAとして参戦。

 そして、翌日の15時。8耐で見慣れた「ル・マン式スタート」でレースはスタートする。本家・本物「ル・マン式」だ。予選13位だった我らがトリックスターは6位まで順位を上げる。しかし、レース開始約3時間後、エルワン選手が周回遅れの予想できないライン変更にコースを阻まれ、接触・転倒。どうにか自力でピットに戻り、メカニックの手によってマシンを修復。22分のロスでレース復帰。しかし、この時点で順位は47位まで落としていた。

これが本場のル・マン式スタート。グリッドに並ぶバイクの感覚がバラバラです・・・

これが本場のル・マン式スタート。グリッドに並ぶバイクの間隔がバラバラです・・・。

夕闇が迫る頃、観客もそれぞれの寝床へ向かう

夕闇が迫る頃、観客もそれぞれの寝床へ向かう。

 しかし、ここで諦めないのがトリックスターだった。日が暮れる頃からトップ・グループと変わらないラップタイムを刻み、徐々に追い上げていく。深夜、ツアーのお客様は一旦ホテルに帰って仮眠を取るが、その間もトリックスターの追い上げは止まらない。夜中、ホテルのベッドに横になりながら、インターネット配信されるライブ情報を見るたびに順位が上がっていく。興奮して全然眠れない! 夜、22時に35位まで回復していた順位は、朝5時には11位になっていた。眠い~なんて言ってられない。まだ真っ暗な夜明け前の暗いうちから再びサーキットに向かう。

我々がベッドで寝ている間もレースは続いている

我々がベッドで寝ている間もレースは続いている。

ライダーだけでなく、ピットクルー全員で24時間戦っている

ライダーだけでなく、ピットクルー全員で24時間戦っている。

夜明け前、ガラガラのスタンド。トリックスター応援団だけがアツイぜ!

夜明け前、ガラガラのスタンド。トリックスター応援団だけがアツイぜ!。

ホームストレートです

ホームストレートです。

 夜明け前のサーキットはガラガラだ。ほとんど誰もいない。そんな中、トリックスター応戦席だけはスティック・ライトを振って応援しているアツイ集団がいた。それがピットからも見えたらしい。ピット・クルーやメカニックたちも観客席に向かって手を振ってくれる。トップを走るチームにもこんなにアツイ応援団はいない。ル・マンに来て、トリックスター応援ツアーが実現できてよかった! と一番感じた瞬間だった。

夜が明けてきました

夜が明けてきました。

ダンロップ・ブリッジの向こうから朝日が昇る

ダンロップ・ブリッジの向こうから朝日が昇る。

 やがて東の空が徐々に明るくなる。美しい朝焼けの中を、マシンたちは暁の彗星のように駆け抜けていく。トリックスターも10位まで順位を追い上げ、さらに上を目指していたときのこと、出口選手がトップ争いをしているライダーに後ろから接触されてしまい、再び転倒。しかし、それでも諦めない。すぐに起き上がり、ピットに戻ってマシンの修復。最後の最後まで諦めない。これこそ、耐久レース。結果、12位でゴールとなる。

サーキットの周囲はキャンプ・エリアが広がる

サーキットの周囲はキャンプ・エリアが広がる。

バックストレート付近です

バックストレート付近です。

15時、レース終了、表彰式の様子

15時、レース終了、表彰式の様子

 はっきり言って悔しかった。他車に巻き込まれていなかったら、間違いなく表彰台だったはずだ。しかし、これがレースだ。

 
 今回はこのような結果だったが、私、ヨッティはお客様以上に感動してしまったかもしれない。「絶対に諦めない」という姿を、これほどまでに見せつけられたことは今までにない。

 バイク・レースはMotoGPのようなスプリント・レースだけではない。本当の「強さ」というのは耐久レースに勝つことではないか? そして、耐久レースにはファクトリー・チームだけではなく、プライベートチームでも世界を狙える可能性が残されている。そこに夢があると思う。そして、もっともっと多くの人に、世界耐久レースを知ってもらいたいと思います。 

パリに戻って打ち上げです

パリに戻って打ち上げです。

遠くにサクレクール寺院が見えるレストランで打ち上げでした

遠くにサクレクール寺院が見えるレストランで打ち上げでした。

最終日はパリ1日観光をして終了です

最終日はパリ1日観光をして終了です。



***今が旬のおすすめツアー***

台湾 週末台湾一周 夜行列車の旅 3日間

今が旬のおすすめバイクツアー

鉄な道祖神スタッフがお届けする台鉄の旅第2弾! 昔懐かしい夜汽車の旅を台湾で味わう週末弾丸ツアーができました。日本では姿を消してしまった普通座席の夜行列車。台北駅から乗車し、7時間半の夜汽車の旅が始まります。台湾随一の田園地帯で夜明けを迎え、台東に到着。南国情緒たっぷりのローカル線で高雄に向かい、在来線特急・自強号で一気に台北へ。ホテルチェックイン後はフリータイムですので、台北市内の散策を各自お楽しみ下さい。オプションとして平渓線乗車を楽しむことも可能です。週末3日間で台湾を一周する鉄道の旅。

詳細はこちらから。
https://www.biketour.jp/tour/detail.php?id=15
お問い合わせは道祖神、バイクツアーデスクへお気軽にどうぞ。
E-mail: bike@dososhin.com
TEL:03-5444-8190

アフリカ、海外バイクツアーといえば

●東京本社
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
TEL 03-6431-8322
0120-184-922 (フリーダイヤル)

●バイクツアー専用ダイヤル
TEL 03-6431-8198
特にアフリカと海外バイクツアーに滅法強い、愛と誠意の旅行代理店。一般はもちろん、テレビロケや政府関係など業務方面の信頼もあつい。
高い人気と実績を誇るバイクツアーは、アメリカ大陸横断、アメリカ西部周遊、ヨーロッパ5カ国周遊などの定番コースを始めとして、ロシア、オーストラリア、中央アジア、アルゼンチン、アフリカ、タイ、台湾などオン、オフ共に多彩に設定されてる。一生に一度は行きたい海外ツーリングだが、一度行くと二度三度とリピート率はかなり高くなる道祖神バイクツアー副作用にも要注意!?
詳細はバイクツアー専用ホームページhttp://www.biketour.jp/tour/で。

[第39回(※PC版に移動します)][第40回][]
[ゆきゆきて道祖神バックナンバー目次へ(※PC版に移動します)]
[バックナンバー目次へ(※PC版に移動します)]