2017年11月10日

MBHCC A7 柳原三佳 ジャーナリストEye

第22回「あまり想像したくないコト」

MBHCC A-7

第22回「あまり想像したくないコト」

●【青酸連続殺人】なぜ被害は拡大したのか? (ヤフーニュース)
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20171108-00077908/

 青酸化合物を使った連続殺人事件で殺人罪等に問われていた筧千沙子被告に、ついに死刑判決が下されました。
 みなさんは被害者の中に、「バイク乗車中」の事故で亡くなった方がいたのをご存じでしょうか?
 毒殺でも、交通事故に見せかけるとそのまま「単独事故」として扱われてしまうことがあります。
 なぜそのようなことが起こるのか? あまり想像したくないコトではありますが、京都府立医大の法医学教授にお話を伺ってまとめてみました。

●東名「逆ギレ」男の恐怖 理不尽な場面で注意もできない… (週刊朝日・アエ
ラ) 
https://dot.asahi.com/wa/2017101700049.html?page=1

 東名高速でのあおり走行による死亡事故は大きな話題となりました。
 この記事では、実際にあおり運転をされた弁護士さんが、相手の行為をビデオで撮影した上で、裁判に訴え、勝訴された体験を伺いました。10月に『週刊朝日』に執筆した記事が、「AERA.com」 で全文読んでいただけますので、ぜひご覧くださいね。


柳原三佳
(やなぎはらみか)

1963年京都市生まれ。交通事故、司法問題等を中心に執筆。「週刊朝日」「ミスター・バイク」などに連載した告発ルポは自賠責制度改定の大きな契機に。また、2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じた。主な著書に『遺品〜あなたを失った代わりに』(晶文社)、『これでいいのか自動車保険』(朝日新聞社)、『死因究明〜葬られた真実』(講談社)、『焼かれる前に語れ』(WAVE出版)、『交通事故被害者は二度泣かされる』(リベルタ出版)、『自動車保険の落とし穴』(朝日新聞出版)、『交通事故鑑定人』(角川書店)、「裁判官を信じるな」(宝島社)、東日本大震災での歯科医師の活躍をルポした『家族のもとへ、あなたを帰す』(WAVE出版)など多数。『巻子の言霊〜愛と命を紡いだある夫婦の物語』(講談社)は、NHKBSプレミアムでドキュメンタリードラマ化されている。


[第21回|第22回|]
[バックナンバー目次へ](※PC版に移動します)