WEBミスター・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - WEBミスター・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「info@mr-bike.jp」へ。

2012年1月19日 

オヤジの海。

- aoyama @ 3:01 PM

コンニチわんわん。西伊豆へ行った。その日の明け方、割と暖かいはずの西伊豆でも雪が降ったよーだ。伊豆の山々をうっすら雪が覆っている。寒くってアッチもコッチも縮みこんじゃいました。

朝っぱらからちょいと撮影なんかしたもんだからお腹がすいて、ちょいと早めの昼ご飯にした。
海岸沿いの小さな町には「磯料理」の看板が並んでいる。意外に高いんだよな、と思いつつ他にあてもないし、店もなし。水槽に高足蟹が泳いでる……泳いんのか?……お店に入っちゃった。

おばーちゃんが、「おはよーございます」だって。いらっしゃい、じゃないんだ、と思って時計を見たら、まだ10時半だった。
お店ん中はひんやり。
「今、暖房付けますから」──、朝日の燦々と入る窓際の席に座った。
メニューにはトンカツ定食、なんてのもあったけれど、やっぱり海鮮丼にした。

待つこと20分──ん?──マツコと20分かぁ……てな妄想をしながら、でもマツコとだったら2時間くらいならお話してもいいっかなぁ。こー見えても昔はオカマさんにもてたものだ、エッヘン。

「ナマコ、食べます? 朝、獲れたんですよ」
おば-ちゃんがニコニコ顔で訊いた。
「は、はい」
マツコとの妄想から、醒めた。
おば-ちゃんはもっとニコニコ顔で、「サービスだから」と言った。

「お待たせしました」
店主と思しきオジサンが料理を運んできた。たぶん、おばーちゃんの息子だ。
「あわびも入れておいたから。オヤジが朝、獲ってきたヤツだから」
あんまり愛想のいいオジサンじゃないけれど、だからこそ信用できた。

「はい、なまこ。オヤジが朝、獲ってきたヤツだから旨いよ」
ここんチのおじーちゃんに会いたくなった。

あー満腹。
外に出たら、海の向こうに富士山のアタマが見えた。(中尾祥司)

2012年1月18日 

おでんNRT

- dokudock @ 10:17 AM

日曜夕方、世間ではサザエさんを見て、週末を忍ぶ大切な時間です(サザエさん未放送地域を除く)。そんな大切な時間に成田空港におりました。成田に来ると海外に行きたくなります。最後に行ったのはいつだったか……また行くことがあるんでしょうか?
用事を済ませてさっさと帰ればいいものの、エア旅気分(飛行機だけに)で飛行機見物でもと展望デッキに上がったらめちゃくちゃ寒い……あまりの寒さに館内に戻ると目の前に「開いてます、あなたのローソン」が。へえ、こんなところにもあるんだ、まさかおでんはないだろうなあ、と店内を覗くとおなじみのおでん鍋がレジの目にあるじゃないですか。もしやと思って棚を見ればワンカップも。
ひらめいてしまいました(ここで電球のマーク。あと何年か後にはLEDマーク=ダイオードの記号になるのか?)

UA747

奧にうっすら見えるのが彼女を乗せたUAの747(つもり)。

おでんとワンカップを展望デッキに持ち込みおでんやNRTの開店です。禁煙の表示はありましたが禁酒とは書いてないの大丈夫でしょう。甘い雰囲気で肩を寄せ合う恋人たちは、哀れみとさげすんだ目で遠巻きにし、子供連れの家族は子供に見せてはいけないものを見せないように、明らかに避けて行きます。
そんな視線を浴びつつ、あさひが丘駅前の屋台でメートルを上げる浪平さん状態になったころ、目の前にユナイテッド航空の747が。
「私、ミュージカルスターになる」飛び出して行った恋人が乗っているニューヨーク便です。ワンカップを置いて小さく手を振りました。
もちろん妄想です。しかも先ほど調べたらニューヨークではなく台北行きでした。ミュージカルスターではなく小籠包屋ですか……。
ワンカップ3本を開けたところで、あまりの寒さで妄想ごっこに飽きて、お開きにしました。あっ、もちろん京成電車で行きましたのでご心配なく。次回は花見シーズンに開店の予定です。

2012年1月10日 

あけました

- dokudock @ 3:49 PM

信州の山道

成人の日、雪深い信州の山道をよたよた歩いていたら、ぽこぽこと排気漏れのような音のバイクに抜かれました。今年最初の驚きでした。

年が明けてすでに10日も経過してしまいました。
今更ではありますが、
あけましておめでとうございます。
今年もWEB Mr.bikeをどうぞよろしくお願いいたします。

昨日は成人の日。
今年も成人式でお酒を飲んで暴れる新成人いました。
あの大震災の後ですから、例年ほどではなかったようですが。
あの方たち、ほんとは晴れの成人式で本当はそんな恥ずかしいことをやりたくないんじゃないかと思います。
しかし、成人式の風物詩「新成人暴れる」のニュースがないと年が明けた気がしない方々のため、毎年選び抜かれた新成人によって密かに受け継がれている伝統芸能じゃないのかと……

なにはともあれ、私達が払った分くらいの年金はもらえるように、新成人の皆さん、いっしょうけんめいがんばってください!