MBニュース&トピック

 

2018年2月21日 

■ホンダ新販売網「Honda Dream」「Honda Commuter」間もなくスタート

今回、店舗取材会として公開された「Honda Dream 川崎宮前」。店舗外観はシックな黒とし、来店者が一目でわかる統一したCI、ロゴを新たに採用。※以下、写真をクリックすると大きく、または別の写真を見ることができます。

 ホンダの国内二輪販売会社であるホンダモーターサイクルジャパンは、昨年2月に発表した新たな販売体制を4月1日よりスタート。これまでの5チャンネル(「Honda DREAM」「PRO’S WING」「PRO’S」「Honda WING」「Honda」)から、スポーツモデルを中心としたホンダの二輪車すべてを取り扱う「Honda Dream」と、250cc以下の車種を取り扱う「Honda Commuter」の2チャンネル体制となる。正式スタートを前に、報道関係者に対し「Honda Dream」の店舗が公開された。

 ホンダが定めた基準以上の店舗面積やサービス条件を満たした「Honda Dream」はこれまでのHonda DREAM店の流れを汲むが、店舗内外のデザインやロゴ、スタッフのユニフォームを一新、販売からアフターまで高品位なサービスの更なる向上を目指すというもの。ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明 代表取締役社長は「いたずらに販売台数を求めず、二輪市場“真”の活性化が狙い」と語る。

 店内は●Authentic(CBシリーズ)●Adventure(CRFシリーズ)●Cross Over(800X/750X)●Touring(Gold Wing)●Sports(CB-Rシリーズ)というホンダ5つのFUNモデルの魅力がアピールされる他、ライディングギアを豊富に取り揃えたブースが確保されるなど、来店者に対する“バイクライフの提案”がより明確になったと言える。

 また、従来からの新車3年保証(メーカー保証2年+延長保証1年)などに加え、距離無制限ロードサービスや24時間緊急サポートなどが付帯するオーナーズカードが新車購入から3年間無料(従来は1年間)になるなど、購入後のサポート強化も図られた。

 「Honda Dream」は145拠点でスタート、2020年に200拠点の全国ネットワークを目指すという。「Honda Dream」以外でホンダ二輪車(250cc以下)を扱う店舗はホンダ専売店、ホンダと他社製品併売店共に「Honda Commuter」となり、二輪市場裾野の拡大を担うことになる。

 尚、上記ホンダ二輪車の新販売網の模擬店舗を展示する「Honda Dream&Honda Commuter 青山ショールーム」が3月27日(火)から4月15日(日)までHomdaウェルカムプラザ青山にて開催。さらに期間中の4月1日(日)には開発責任者を招き「Gold Wingトークショー」も行われる予定だ。

ショールーム。大型モニターで様々な情報を一元管理、すっきりとした店内とし、バイクライフが想像できるようライディングギアと共に5つのFUNモデルの魅力をより明確にアピール。
中古車の展示スペースも確保。ライディングギアも豊富に取り揃えられる。
「Honda Dream 川崎宮前」ではオイル交換や点検スペースの他に、車検や重整備に対応する排ガスやブレーキテスターなどを備えたサービススペースも確保。


ゆったりと寛ぐことができるラウンジや商談スペースなど、ホスピタリティも充実。

4月1日からスタートする2つの販売チャンネル。黒をイメージカラーとするフルラインナップの「Honda Dream」は立体CIを採用。赤をイメージカラーとする「Honda Commuter」は250cc以下を取り扱う。

2018年2月19日 

■特典満載のブリヂストン・サーキットイベント、今年は全3回開催



 4月14日(土)、鈴鹿ツインサーキットで開催される「BATTLAX FUN&RIDE MEETING in鈴鹿ツインサーキット」は、免許取りたての人からサーキット走行中級者までを対象としたイベントだ。ツナギでなくても参加OKな初心者(メンズ・レディース)クラスや、スキルに合わせたライディングテクニックのレクチャーなどを実施。楽しく充実したサーキット走行が楽しめるようになっている。

 走行時間は20分×3本、参加車両は125cc以上のミッション付オートバイ(スクーター、アメリカンは不可)。必要装備は初級・中級クラスで革製レーシングスーツ・グローブ・ブーツ・フルフェイスヘルメット、初心者クラスは初級・中級クラス同様、又はパッド入りライディングウエア等でも参加可能。参加料金( 走行料金・昼食代・保険料・消費税を含む)は15,000円(初心者クラス、前後BSタイヤ)~19,500円(初級・中級クラス、前後他社タイヤ)。

 豪華講師陣のトークショーやタンデムライド体験、ブリヂストングッズや走行画像のプレゼントといった特典もあり! 申込み、詳細は下記WEBサイトにて。

 鈴鹿ツインサーキットの他、6月9日(土)に筑波サーキット(コース1000)、9月22日(土)に富士スピードウェイ(ショートコース)でも開催予定。

BATTLAX FUN&RIDE MEETING
http://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/event/track_meeting/

2018年2月16日 

■二輪業界“春の風物詩”、東のモーターサイクルショーも続いて開催!

昨年の国内二輪4メーカー・ブース

 大阪モーターサイクルショーの5日後となる3月23日(金)から25日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1 )西1・3・4ホール+アトリウム+西屋上展示場にて「第45回 東京モーターサイクルショー」が開催。国内最大級のモーターサイクルイベントとして今年も新型車や関連用品の新製品発表などが期待される(※昨年の模様はコチラ)。

 毎年恒例となっているバイク専門番組「大人のバイク時間 MOTORISE」のライブショーではゲストに壇蜜が登場(24日)する他、女性ライダー応援ステージ(25日)を開催。仮面ライダー特別展やRGツーリングクラブのブース出展などもあり。また、模型メーカー・タミヤによるKidsコーナー や、全国ご当地&ワールドグルメフードコートなど、ファミリーで楽しめる催しも用意。さらにデザイナー、開発者、レーサー、指導員、メカニックなど、将来二輪車業界で仕事をしたいと考えている学生のために二輪車関連の学校を紹介する進学相談コーナー も。

 会場の都合により残念ながら今回も試乗会は実施されないが、屋上会場では警視庁女性白バイ隊・クイーンスターズによる模範走行のデモンストレーション(23・24日)や警視庁 白バイ隊によるワンポイントレッスン(25日)、全日本トップライダーによるMFJトライアルデモンストレーション (24・25日)、MFJ親子バイク祭りを実施。

 入場料は大人1,600円(前売1,300円)、 高校生500円 、男女ペア券2,600円。高校生限定で入場無料となる早割キャンペーンはLINEで2月28日まで応募受付中だ。また、ハッシュタグ「♯はじめようバイク」「♯TMCS2018」をつけてInstagram、Twitterに投稿すると 東京モーターサイクルショー・オリジナルステッカーがもらえるキャンペーンも実施中だ。

第45回 東京モーターサイクルショー
http://www.motorcycleshow.org/

2018年2月15日 

■今年のテーマは“LOVE BIKE”、関西最大級のバイクイベント間もなく開催!

 春のバイクシーズン到来を告げる第1弾のイベント「第34回 大阪モーターサイクルショー2018」が3月16日(金)から18日(日)の3日間、インテックス大阪1・2・3号館、屋外特設会場(大阪市住之江区南港北1-5-102 )にて開催される。“男の子も、女の子も、ビギナーも、ベテランも。みんなで遊べる関西最大級のバイクイベント!”として今年も趣向を凝らした様々な催しを用意。

 会場では国内外メーカー、パーツ&アクセサリー関連企業によるブース展開をはじめ、2018ニューモデル体感試乗会(16・17日)、参加費無料のレディース グッドライダーミーティング(18日。事前申込制の体験型実技講習会)、親子バイク体験教室(18日。事前申込制で参加費500円)、全日本トップライダーによるトライアルデモンストレーション(18日)といった屋外イベントを実施。

 また、宮城光氏をゲストに招き2017年全日本シリーズ戦とモーターサイクルスポーツの魅力について熱く語り合うMFJモーターサイクルスポーツステージ、ロードレース、モトクロス、トライアルの第一線で活躍する女性レーシングライダーによるガールズライダーLOVE BIKEトーク(16日)、最強の地下アイドルグループ「仮面女子」 によるミニライブ&トーク(17日)など、様々なステージイベントも行われる。

 入場料は大人1,600円(前売1,300円)、ペア2,600円(前売2,200円)、高校生以下無料。満18歳~22歳限定の特別割引当日券「若割U22」は新料金となり1名1,100円、2名2,000円、3名2,700円、4名3,200円と、仲間と一緒に来場するとお得となるチケット。他、ドリンク付前売券、JAF会員割引、MFJライセンス割引などもあり。

第34回 大阪モーターサイクルショー2018
http://www.motorcycleshow.jp/

2018年2月14日 

■ヤマハ、5年連続の快挙

MT-10 SP



TMAX530 DX XMAX 300

 「iF デザインアワード」はドイツ・ハノーバーを拠点とする世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体「iF International Forum Design」が1953 年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されている。

 そんな国際的権威のあるデザイン賞「iF デザインアワード2018」で、ヤマハ発動機のモーターサイクル「MT-10 SP」とスポーツコミューター「TMAX530 DX」、スクーター「XMAX 300」がプロダクト部門で受賞。ヤマハにとって2014年(MT-09)、2015年(MT-07、車いす用電動アシストユニット・JWX-2)、2016年(YZF-R1 、スマートフォンアプリ・Rev Translator)、2017年(XSR900、電動アシスト車いすのコンセプトモデル・&Y01) に続き、5年連続の快挙となった。

ヤマハ発動機デザインアワードサイト
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/awards/

2018年2月13日 

■ホンダ、今年も全日本トップカテゴリー全制覇目指す!

撮影:楠堂亜希

 昨シーズン、ホンダは全日本選手権シリーズの最高峰クラス(ロードレース・JSB1000クラス、モトクロス・IA1クラス、トライアル・IAスーパークラス)を全制覇。31年ぶりの快挙であったというホンダが「2018年 二輪全日本選手権 取材会」を開催。各カテゴリーのライダー、監督らが豊富、意気込みを語った。

 中でも注目は、全日本ロードレース・JSB1000クラスにTeam HRCとして10年振りのワークス参戦を開始すること。チーム監督は元世界GPライダーである宇川 徹が務めることが正式にアナウンスされた。ワークスライダーとしてワークスマシンを駆る高橋 巧、今シーズンは自分の納得できるカタチでチャンピオンを獲得したいと語った。

全日本ロードレース・JSB1000クラスをホンダで戦うライダー達。(左から)水野 涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)、高橋 巧(Team HRC)、(山本雅史モータースポーツ部長をはさんで)高橋裕紀、清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)。

 尚、鈴鹿8耐にも参戦表明しているHRCはハルクプロ、モリワキレーシング、TSRと共に是が非でもヤマハの連覇を阻止したいところ。新型CBR1000RR2年目の今シーズン、ホンダ勢がどのような戦いを展開するかに注目だ。

 全日本モトクロスには引き続きTeam HRCとしてワークス参戦。IA1(450cc)クラスは山本 鯨、成田 亮と顔ぶれに変更ないが、IA2(250cc)クラスは2年ぶりにワークスとして参戦。ライダーも2016年IA2(250cc)クラス・チャンピオンの能塚智寛を起用する。

 全日本トライアルはHRC CLUB MITANIから小川友幸がIAスーパークラスに参戦。前人未踏の6連覇を目指す。



IA1&IA2両クラス制覇を目指す全日本モトクロスのTeam HRCメンバー。(左より)成田 亮、山本 鯨、(山本部長をはさんで)能塚智寛。 全日本トライアル・IAスーパークラスで前人未踏の6連覇を目指す小川友幸。

2018年2月13日 

■「2018モータースポーツファン感謝デー」で鈴鹿8耐の感動を再現

2017年の鈴鹿8耐で活躍したトップチームによる本番さながらの「夕闇」走行や花火も!

 モータースポーツシーズン幕開けを飾る鈴鹿サーキット恒例のイベントとして3月10日(土)・11日(日)の2日間開催。スペシャルゲストの登場やレーシングマシンのデモンストレーションランなどが行われる。また、今年、鈴鹿サーキットでのF1開催30回、新たに始まる「鈴鹿10時間耐久レース(Suzuka 10 Hours)」の開催にちなんだ催しも予定。

 二輪関連では「鈴鹿8耐トワイライトデモラン」の実施が決定! 国際レーシングコース 東コース を舞台に、2017年に40回の記念大会を迎えた“コカ・コーラ”鈴鹿8耐で活躍したトップチームによる本番さながらの「夕闇」の走行や、走行後に打ちあがる花火を楽しむことができる。渡辺一馬選手( Kawasaki Team GREEN )、 加賀山就臣選手、浦本修充選手(TEAM KAGAYAMA ) 津田拓也選手(ヨシムラスズキMOTUL RACING) らが登場予定だ。

“日本一速い男”星野一義氏、日本人初のレギュラーF1ドライバー・中嶋悟氏によるバトルも今回で見納め!

 他、毎年恒例となっている永遠のライバル対決、レーシングドライバー星野一義、中嶋悟両氏による対決がとうとう最後に! どちらが有終の美を飾るかにも注目が集まる。

 尚、鈴鹿サーキットのホームページにて「2018モータースポーツファン感謝デー」に無料で入場できる特別招待券が下記URLよりダウンロード可能だ。

2018モータースポーツファン感謝デー
http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/

2018年2月13日 

■個性をより際立たせた特別な一台を提供



 BMW Japanが提供を開始した「BMW Motorrad Spezial(ビーエムダブリュ ー・モトラッド・スペチアル)」は、R nineTシリーズ/R 1200 RT/K 1600GT/K 1600 GTL を対象とした高品質でデザイン性に優れたカスタマイズ・プログラム。

 特徴あるデザインを採用した専用装備を組合せることで、各モデルの個性をより際立たせた特別な一台を提供するというもので、各装備品は素材から表面仕上げまで細部にこだわり、熟練の職人技によって製作されたもの。

 R nineTの場合、フューエル・タンクに特別色を施した 「スペシャル・タンク・ペイント」 (税込121,250 円)を用意。ブラック・ストーム・メタリック/ヴィンテージ 又は、ブルー・プラネット・メタリック/アルミニウムの2色から選択が可能だ。

 また、専用にデザインされたシート・ホルダーやシリンダー・ヘッド・カバーなどの専用装備を組合せたカスタマイズ・パッケージ「Option 719」(R 1200 RT / K 1600GT / K 1600 GTL 専用は226,000 円、R nineT シリーズ専用は332,000 円)を設定。Billet Pack Classic /Billet Pack Storm/Billet Pack Club Sport の3種類から好みに合わせたスタイルを選ぶことが可能となっている。

「BMW Motorrad Spezial」「Option 719」は車両購入時に合わせて選択することが可能で、ファクトリーオプション(工場で全ての装備品が装着された状態)として購入者に届けられというもので、車両購入後に専用部品だけを購入することは不可。

http://www.bmw-motorrad.jp/

2018年2月9日 

■2018年ヨシムラ、強力な布陣で全日本JSB1000へ!

 ヨシムラスズキMOTULレーシングが2018年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスへの参戦体制を発表(以下、リリースより)。

 今シーズンは悲願のチャンピオン獲得に意欲を燃やす参戦6年目となるヨシムラのエース津田 拓也選手を軸に、強力なライダーとしてJSB1000やWSSの経験を持つ渡辺一樹選手を新たに起用します。

 チーム一丸となり、スズキGSX-R1000のポテンシャルを存分に発揮させ、シリーズチャンピオン獲得に向けて邁進します。

 2018年 ヨシムラスズキMOTULレーシングを応援ください。


加藤陽平 監督のコメント
「2018年は『ヨシムラスズキMOTULレーシング』として、またモデルチェンジを果たしたGSX-R1000での2年目の参戦となります。全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)に於いては、レース数が大幅に増加しチームにとってもライダーにとってもチャンスが増えるシーズンになると思っております。ライダーはチームから参戦6年目となる津田選手と、全日本JSB1000に1年振りに復帰する渡辺選手を起用することになりました。かつてのライバル同士であった二人ですが、チーム内で切磋琢磨して強くなってくれることを期待します。フルモデルチェンジしたマシンも2年目となるので、更なる熟成と開発を押し進め、パフォーマンスをアップした車両と共に、昨年獲り逃したシリーズタイトルを目指して参ります。

—あくなき挑戦—

2018年もヨシムラスズキMOTULレーシングへ
ご声援よろしくお願いします」


津田拓也(#12 )のコメント
「早いものでヨシムラスズキからの参戦が6年目となりました。昨年はモデルチェンジとなったGSX-R1000が投入となり、自分自身もチームの皆も期待に胸を膨らましシーズンインを迎えましたが、新型ならではの難しさもあり想像以上の苦戦を強いられてしまいました。2年目となる今年は、マシンのポテンシャルを引き出し自分の理解度も上げていくことで、まずは1勝し、そして勝利を積み重ねていきたいです。ファンの皆さんに楽しんでもらえる様に今年はさらに上を目指して頑張りますので、引き続きヨシムラスズキMOTULレーシングの応援をよろしくお願いいたします」


渡辺一樹(#26 )のコメント
「2018年シーズンは、ヨシムラスズキMOTULレーシングより全日本ロードレースJSB1000クラスを走る事が決まり、新たな挑戦にとてもワクワクしています。まずはこのチャンスをいただいた、ヨシムラ、そしてスズキの皆様に感謝しています。ヨシムラスズキMOTULレーシングという日本屈指のレーシングチームから国内最高峰の舞台に再び挑む事ができ、とにかく今から開幕戦が楽しみです。自分らしい走りで最大限のパフォーマンスを出し、ファンやスポンサー、応援してくださる全ての方々に喜びと感動を与えられるように、チーム一丸となり戦って行きます。皆様の応援よろしくお願いします! 」

2018年2月8日 

■J-AMBLE、2018-2019秋冬のトピックはダウンジャケット

「Rosso StyleLab」VELOCITAダウンジャケット(左)と「urbanism」アルティメットアーバンダウンジャケット(右)。

 ジャケットやパンツ、グローブ、アパレル小物など、使用する素材や機能的部分にこだわる自信作を揃えたジェーアンブルの各種ライディングウェア・ブランド2018-2019秋冬新作が発表された。

 “和”のテイストをモーターサイクルウェアに融合させたブランド「弐黒堂」は、これまでのイメージを受け継ぎながら新たにミルスペックジャケットをリリース。収納力抜群の胸部多機能ポケットを採用、肩・肘・脊椎プロテクターの標準装備、胸部プロテクター用ベルクロ&スナップボタン搭載など機能的に仕上がる。

 都会的センスでライダースウェアの新境地を開拓する「urbanism」 はダウンジャケットやソフトシェルジャケットを新たに投入。機能アップを果たしたパンツやグローブもラインナップされる。アメリカのローカルカルチャーをコンセプトとするブランド「RUMBLE」には引き続き、アニメキャラクター「FELIX THE CAT」の 生誕100周年コラボレーションモデルを用意。

 女性向けラインとしてシンプルかつ大人をイメージした「Rosso StyleLab」の最新秋冬コレクションには新たにダウンジャケットがリリースされる他、ミリタリーウインタージャケット、防寒・防水グローブ各種がラインナップされる。



「弐黒堂」からはナイトライドウインターミドルジャケット、ミッドナイトライドレザーグローブ・天翔をニューリリース。 「urbanism」よりアルティメット3レイヤーストレッチジャケット(右)、ミニマルウインタージャケット(左)。


「RUMBLE」より FELIX THE CATコラボモデル各種。 「Rosso StyleLab」のグローブ他各種。

問:ジェーアンブル 
TEL:03-5790-5190
http://www.j-amble.com/