MBニュース&トピック

 

2019年2月22日 

■プジョーの“ネオレトロスクーター”ジャンゴシリーズにニューモデル登場

1950年代の「プジョーS55」を現代に復刻させたネオレトロスクーターとして人気のジャンゴ。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の装備を採用し、新しい世代のライダーたちをも満足させるモデルだ。広く厚みがあり、座り心地の良い前後セパレートシートは、フランス車ならではの装備で、シート下には充分な収納力を備え、タンデムでの小旅行も楽々こなしてくれる。エンジンは空冷単気筒125ccエンジンを搭載し、心地よいエンジンフィーリングを演出している。

このジャンゴシリーズに魅力的なモデル登場のリリースが、日本総代理店のADIVAから相次いで届いているのでまとめてご紹介。まずは、クリームとビビッドなツートーンカラーで人気のエバージョンに特別仕様車「ジャンゴ125エバージョン ABS+」。ショートスクリーン、フロントキャリア、そしてバックレストを装備した30台限定のモデル。カラーは「ビタミンオレンジ」(10台)、「ドラゴンレッド」(10台)、「ディープオーシャンブルー」(10台)。メーカー希望小売価格は392,040円(消費税8%込み)。

ph.jpg
ジャンゴ125エバージョン ABS+。

つづいては、その本体のジャンゴシリーズの追加機種として登場した「ジャンゴ125 ABS」。自分らしさを大切にするフランスならではの国民性が生んだモデル。「オリジナリティあふれるスタイルとカラーリングに注目を集める一台」と紹介されている。「ディープピンク」のカラーは注目されること請け合い。メーカー希望小売価格375,840円。

ph.jpg
ジャンゴ125 ABS。

ジャンゴシリーズの中でも、「サテンブラウン&ブラック」によるツートーンボディが特長のシックでエレガントなモデルが「アリュール」。ブラックミラー、タン(淡い茶色)シート、シルバーホイールという専用装備による、大人の雰囲気が印象的だ。その「アリュール」に、ユーティリティと所有感を高める2つの装備を追加したモデルが、「ジャンゴ125アリュールABS DX」。クロームメッキのステーが光るショートスクリーンと34リットルの大容量トップケースを装備してさらに使い勝手をアップ。メーカー希望小売価格は424,440円。

ph.jpg
ジャンゴ125アリュールABS DX。

1898年、ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー初のモーターサイクルを第1回パリモーターショーで発表。その後、さまざまな市販モデルを開発しながらも、マン島TT、ボルドール耐久、ツール・ド・フランスなどモータースポーツでも活躍し、世界中にその名を広めたプジョー。120年を超える歴史を誇る、現存する世界最古のモーターサイクルブランド、プジョーのプロダクトは、古き良き伝統と現代フランス文化の融合による個性で、唯一無二の存在感を発している。そのプジョー120年の歴史を記念する100台の限定モデル「ジャンゴ125 ABS リミテッドエディション」を100台の限定販売。ブランドを象徴する専用カラーに「キャメルオレンジ」のシート、バックレスト、そしてハンドルグリップ。また、ショートスクリーンも標準装備。メーカー希望小売価格は448,200円。

ph.jpg
ジャンゴ125 ABS リミテッドエディション。

ラストは、ジャンゴの2019年モデル3機種のご紹介。「ディープピンク」のジャンゴ125 ABSは上で紹介しているが、カラーバリエーションとして「マッドグレー」を追加。またジャンゴ125 エバージョンABSも新色の「キャロットオレンジ」を追加。またプジョーのレーシングスピリットを表すモデルという、ホワイトのセンターストライプトレーシングゼッケン、さらにはブラックアウトされたシート&足周りがスポーティなイメージを演出する「ジャンゴ125 スポーツABS」(メーカー希望小売価格386,640円)も発売だ。

ph.jpg
ジャンゴ125 スポーツABS。

 
■PEUGEOT Django 125 Sports ABS 主要諸元
●エンジン:空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ、総排気量:124.6cc、内径×行程:52.4×57.8mm、最高出力:10.2PS(7.5kW)/8,500rpm、最大トルク:8.9Nm/7,000rpm、燃料供給方式:インジェクション、変速機型式:オート、始動方式:セルフ式●全長×全幅×全高:1,925×770×1,190mm、軸距:1,350mm、シート高:770mm、乾燥重量:129kg、燃料タンク容量:8.5リットル、タイヤ:前120/70-12、後120/70-12、ブレーキ形式:前シングルディスクABS、後シングルディスク。

■PEUGEOT MOTORCYCLES https://peugeotscooters.jp/

■ADIVA https://adiva.co.jp

2019年2月21日 

■新“隼”ラッピング列車、3月16日出発進行!

 スズキ隼オーナーの聖地「隼駅」で知られる鳥取県の若桜鉄道がスズキの協力を得て、2016年3月より日本初となったラッピング列車を運行中だ(その出発式の模様はコチラ)。毎年8月に開催される「隼駅まつり」に全国から集まるライダー達の熱い想いに応えるため“メーカー・鉄道・地元の心意気の結晶”となったラッピング列車が再びスズキの協力のもとデザインを一新。3月16日(土)より運行が開始される。

 今回も前回同様に出発式、列車と並走してのパレード(白バイ先導、隼20台他)を実施。当日は各駅ならびに沿線で地元住民、団体によるおもてなしが催される。また、出発式および並走パレードの模様は同日、「第35回大阪モーターサイクルショー2019」のスズキブースにおいてライブ中継される予定だ。

 ちなみに現在のラッピング車両は3月3日までの運行。新ラッピングのイメージは左右非対称で、1999年の初期型とフルモデルチェンジした2008年型のイメージとなる(現在のラッピング車両は2013年にマイナーチェンジされた白をイメージ)。

出発式
●日時
平成31年3月16日(土) 10時15分~10時51分
●場所
若桜鉄道「隼駅」ホーム

新「隼ラッピング列車・並走パレード
●日時
平成31年3月16日(土) 10時51分~11時15分
●区間
隼駅~八東駅 
※ ラッピング列車は郡家駅から若桜駅まで走行しますが、隼バイクとの並走区間は、隼駅から八東駅までです。なお、若桜駅からの折り返し運転はありません。

新「隼ラッピング列車」記念撮影会
●日時
平成31年3月16日(土) 11時30分~13時00分まで
●会場
若桜駅構内(「道の駅若桜」裏)

若桜鉄道
http://www.infosakyu.ne.jp/~wakatetu/

2019年2月21日 

■ウイングフットがロイヤルエンフィールドの
コンチネンタルGT650およびINT650を発売開始

 ロイヤルエンフィールドの輸入元、ウイングフットは、「コンチネンタルGT650」の販売を2019年5月より、「INT650」の販売を2019年6月より行う予定とし、それに伴う予約を3月1日から開始すると発表した。

 発売を予定するロイヤルエンフィールドのコンチネンタルGT650と、INT650は、648ccの排気量を持つ空冷並列2気筒SOHC、270度クランクのエンジンをスチールパイプ製のダブルクレードルに搭載するモデル。最高出力は47bhp/7250rpm、最大トルクは52N・m/5250rpmとあくまで空冷ツインの“味”を楽しむモデルとしての性格を前面に打ち出したモデルだ。とはいえEURO4に対応すべくフューエルインジェクションの採用や6速ミッションを組み合わせるなど、要所はしっかりと抑えている。ブレーキもデュアルチャンネルABSを採用。φ41mmのフロントフォークは110mmのストローク、リアはガスショックアブソーバー採用し、88mmのストロークを持つ。

 販売されるモデルは、コンチネンタルGT650が伝統のカフェレーサースタイル、INT650はコンフォータブルなアップハンドルスタイルと2タイプが用意される。カラーはコンチネンタルGT650、INT650とも3種類で、コンチネンタルGT650は、クローム:ミスタークリーンが889,000円、スペシャル:アイスクイーンが859,000円、スタンダード:ブラックマジックが839,000円。INT650は、クローム:グリッターアンドダストが869,000円、スペシャル:ラヴィッシングレッドが839,000円、スタンダード:オレンジクラッシュが829,000円となっている。

ph.jpg ph<br />
.jpg
ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650。写真はオプションのシングルシート付。 ロイヤルエンフィールド INT650。

■Royal Enfield コンチネンタルGT650〈INT650〉 主要諸元

●エンジン:空冷4ストローク並列2気筒SOHC2バルブ270度クランク、総排気量:648cc、内径×行程:78×67.8mm、圧縮比:9.5、最高出力:47bhp/7,250rpm、最大トルク:52Nm/5,250rpm、変速機型式:6速リターン、始動方式:セルフ式●全長×全幅×全高:2,2119×745〈788〉×1,067〈1,120〉mm、軸距:1,398mm、シート高:829mm、装備重量:208〈213〉kg、燃料タンク容量:12.5リットル、タイヤ:前100/90-18 56H、後130/70-18 63H、ブレーキ形式:前φ320mmシングルディスクABS、後φ240mmシングルディスクABS。

■ロイヤルエンフィールド http://www.royalenfield.co.jp
■ウイングフット http://www.wingfoot.co.jp

2019年2月15日 

■スズキ・バーグマン400、GSX-S750、SV650のリコール(平成31年2月14日届出)

 対象車両は型式2BL-DU11A(通称名:バーグマン)の車台番号DU11A-100559~DU11A-100620(製作期間:平成30年10月29日~平成30年11月21日)の24台、型式2BL-C533F(通称名:GSX-S750)の車台番号C533F-100662~C533F-100683(製作期間:平成30年10月24日~平成30年11月10日)の20台、型式2BL-VP55B(通称名:SV650)の車台番号VP55B-102247~VP55B-102267(製作期間:平成30年11月12日)の8台、計3型式、計3車種、計52台。

 不具合の部位(部品名)は「制動装置(ハイドロリックユニット)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「ABS(アンチロックブレーキシステム)のハイドロリックABSユニットにおいて、構成部品の組付け治具形状が不適切なため、組付け時にアルミ片が発生することがあります。そのため、ABS作動時に当該アルミ片が逆止弁へ噛み込むと、前輪または後輪がロックするおそれがあります」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ハイドロリックABSユニットの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換します」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:スズキ お客様相談室
TEL:0120-402-253

2019年2月14日 

■トライアンフが2019年モデル、新型「SPEED TWIN」のローンチパーティーを開催

「2019年、トライアンフモーターサイクルズジャパンは毎月新車を出す」(野田一夫社長)の言葉通り新車ラッシュが想定される今年のトライアンフだが、このほど新型SPEED TWINのローンチパーティーを渋谷の道玄坂にあるイベントスペースで開催した。

 当日は、世界で活躍し、企業、ブランドとのコラボも多数行っている美術家、フランキー・スィーヒ氏によるSPEED TWINの実車へのライブペインティングが行われるなど、華やかな新車発表の場となった。

ph.jpg ph.jpg
TRIUMPH SPEED TWINのローンチパーティー。新車発表にふさわしい華々しい雰囲気の中で行われた。

 1200ccエンジンを搭載する新型SPEED TWINは、伝説的なTRIUMPHの名を再び世に轟かせることが宿命づけられたモデルといっていいだろう。1938年の初代SPEED TWINの登場以来多くのメーカーのストリートスポーツに影響を与え、TRIUMPHのブランドイメージを決定づけたマイルストーンともいえるモデルなのだ。

 そのSPEED TWINの最新モデルは、クラス最高峰のハンドリングを目指して専用の新型シャーシーの採用やサスセットアップ、THRUXTONと比較して10㎏の軽量化、高性能Brembo製ブレーキシステム、ABSと切り替え式のトラクションコントロールなどを採用。エンジンはThruxtonに準じたチューニングが行われ、最高出力97PS/6,750rpm、最大トルク112N・m/4,950rpmを発生するBonnevilleツインエンジンを搭載。

 何よりもネオレトロ・ブームのど真ん中に位置するスタイリングは、「ネオレトロ・スタイル」などと呼ばれる“イメージ”としてのレトロではなく、歴史そのものに裏付けられた「伝統のレトロ・スタイル」を継承しているといえる。

 今回、国内に導入されるSPEED TWINは、「シルバーアイス×ストームグレイ」、「コロッシレッド×ストームグレイ」(メーカー希望小売価格:各1,638,880円)、そして「ジェットブラック」(同:1,600,000円)の3色。発売は2月13日。

ph.jpg ph.jpg
3月10日までデビューフェアを開催。期間中に試乗をするとオリジナルトートバッグがプレゼントされる。

■TRIUMPH SPEED TWIN 主要諸元
●エンジン:水冷4ストローク並列2気筒SOHC8バルブ270度クランク、総排気量:1200cc、内径×行程:97.6×80mm、圧縮比:11、最高出力:97PS(72kW)/6,750rpm、最大トルク:112Nm/4,950rpm、変速機型式:6速リターン、始動方式:セルフ式●全長×全幅×全高:-×760×1,110mm、軸距:1,430mm、シート高:807mm、乾燥重量:196kg、燃料タンク容量:14リットル、タイヤ:前120/70ZR17、後160/60ZR17、ブレーキ形式:前φ305mmシングルディスク+ABS、後φ220mmシングルディスク+ABS。

■トライアンフモーターサイクルズジャパン トライアンフコール03-6809-5233 http://www.triumphmotorcycles.jp/

2019年2月13日 

■3月、東西モーターサイクルショーショー開催で二輪シーズン春の訪れ!

 二輪業界“春の風物詩”こと、東西で開催されるモーターサイクルショーの季節が間もなくやってくる。

 その第1弾、「第35回 大阪モーターサイクルショー2019」は 3月15日(金)から17日(日)までの3日間、インテックス大阪1・2号館/屋外特設会場(大阪市住之江区南港北1-5-102 ) にて開催。“最新&人気モデルが大集結! 見て、触れて、乗って、ワクワク!! 関西最大級のバイクイベント!”をキャッチフレーズに、今年も趣向を凝らした様々な催しを用意。

 会場では国内外メーカー、パーツ&アクセサリー関連企業によるブース展開をはじめ、Like a wind 2019ニューモデル体感試乗会(15・16日)、大阪府警察本部交通機動隊白バイ隊員によるデモンストレーション走行(17日)、国内トップクラス のライダーによるトライアルデモンストレーション(17日)といった屋外イベントを実施。 また、仲間とのバイク談義や食事、休憩に利用できるカフェ&飲食コーナー「CLUBモーターサイクル・カフェ」も開設。

 また、国内を代表するトップライダーが集結、モーターサイクルスポーツの魅力について熱く語り合うMFJモーターサイクルスポーツステージや、第一線で活躍する女性レーシングライダーの岡崎静夏(ロードレース)と小玉絵里加(トライアル)がモーターサイクルスポーツの魅力と大好きなバイクについて女性目線で語るガールズライダー トークステージ(15日)、大阪モーターサイクルショーの名物MC 多聞恵美の司会進行による恒例のプレゼントステージといった様々なステージイベントも行われる。

 入場料は大人1,600円(前売1,300円)、ペア2,600円(前売2,200円)、高校生以下無料。満18歳~22歳限定の特別割引当日券「若割U22」は1名1,100円、2名2,000円、3名2,700円、4名3,200円と、仲間と一緒に来場するとお得となるチケット。他、ドリンク付前売券、JAF会員割引、MFJライセンス割引などもあり。

第35回 大阪モーターサイクルショー2019
http://www.motorcycleshow.jp/


写真は昨年の模様

 大阪の翌週となる「第46回 東京モーターサイクルショー」は3月22日(金)から24日(日)までの3日間、東京ビッグサイト 西1・2・3ホール+アトリウム+西屋上展示場(東京都江東区有明3-11-1 )にて“はじめようバイク”をテーマに開催。

 国内最大級のモーターサイクルイベントとして今年も新型車や関連用品の新製品発表などが行われる他、毎年恒例となっているバイク専門番組「大人のバイク時間 MOTORISE」のライブショーではメイプル超合金の安藤なつをはじめレディースライダーが大集結、バイク女子会“biko”のメンバーと女性ライダー“あるある”トークを展開。 他、毎年好評のMFJ親子バイク祭り や警視庁 女性白バイ隊「クイーンスターズ」によるドリル走行のデモンストレーション、約10台のキッチンカーによるご当地・ワールドグルメが揃うフードコートなど屋外の催しも充実。

 入場料は大人1,600円(前売1,300円)、 高校生500円 、男女ペア券2,600円。

第46回 東京モーターサイクルショー
http://www.motorcycleshow.org/

2019年2月13日 

■ラップタイムや実力によるクラス分けが特徴「BATTLAX PRO SHOP走行会」

 ブリヂストンの後援、BATTLAX PRO SHOPのサポートによる人気のサーキット走行会が今年も全6回開催予定。その第1回目が3月28日(木)、筑波サーキット(コース2000)にて行われる。

 ラップタイムや実力によるクラス分けを重視することで、初級者から上級者まで同じようなスキルのライダーと安全に楽しく走行できるのが特徴で、走行後はタイヤの正しい使い方やライディングのコツまで、クラス毎に青木宣篤ら豪華講師陣によるライディング講習もあり。

 走行時間は20分×3本(一般クラス)、30分×2本(レーサークラス)。参加車両は250cc以上のオンロードタイヤ装着車で、参加者は革製レーシングスーツ(レンタルあり)、グローブ、ブーツ、フルフェイスヘルメットが必要。参加料金などの詳細、申し込みはBATTRAX PRO SHOPにて。

 今後の開催日程は●5月15日(水):鈴鹿サーキット(国際レーシングコース)●5月23日(木):筑波サーキット(コース2000)●8月7日(水):富士スピードウェイ(国際レーシングコース)●10月3日(木):筑波サーキット(コース2000)●11月19日(火):鈴鹿サーキット(国際レーシングコース)となっている。

BATTLAX PRO SHOP走行会
https://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/event/track_meeting/pro_shop.html

2019年2月12日 

■カワサキZ900他、3車種のリコール(平成31年2月12日届出)

 対象車両は型式2BL-ZR900B(通称名:Z900)の車台番号ZR900B-028124 ~ ZR900B-030132(製作期間:平成30年10月12日~平成31年1月9日)の70台、型式2BL-ZR900C(通称名:Z900RS)の車台番号ZR900C-025441 ~ ZR900C-027583(製作期間:平成30年10月12日~平成30年12月6日)の748台(類別:0001)、型式2BL-ZR900C(通称名:Z900RS CAFE)の車台番号ZR900C-025674 ~ ZR900C-027573(製作期間:平成30年10月17日~平成30年12月6日)の245台(類別:0011)、計2型式、計3車種、計1,063台。

 不具合の部位(部品名)は「制動装置(ハイドロリックユニット)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「ABS(アンチロックブレーキシステム)のハイドロリックユニットにおいて、構成部品の組付け治具形状が不適切なため、組付け時にアルミ片が発生することがある。そのため、ABS作動時に当該アルミ片が逆止弁へ噛み込むと前輪または、後輪がロックするおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ハイドロリックユニットの製造番号を確認し、該当するものはハイドロリックユニットを良品と交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:カワサキモータースジャパン お客様相談室 
TEL:0120-400-819

2019年2月8日 

■92週間でロッシの愛車が完成!

 デアゴスティーニ・ジャパンより、全92号となるパーツ付きクラフトマガジン「週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル」が 3月19日(火)に創刊される。シリーズすべて集めると、その分野の知識の集大成が完成するという“パートワーク”(分冊百科)だ。

 モデルは2016年のMotoGP世界選手権でバレンティーノ・ロッシが乗ったヤマハYZR-M1で、実車を超精密3Dスキャン技術により細部まで完全再現したもの。グリップやブレーキ、クラッチなどは可動式で、ブレーキペダルとクラッチはクリック音まで再現、車体内部に埋め込まれたリアショックは、実車の構造と機能を正確にトレースしているという。マフラーはフォトエッチングで細部の構造まで再現。1/4スケールによって完成後は全長54.0cm、全幅18.0cm、全高29.6cmの大迫力サイズに。

 パーツの他にもロッシの偉業の紹介、YZR-M1徹底解剖、組み立てガイドなど付属。創刊号では表面に完成モデルの原寸サイズ、裏面にすべてのパーツを網羅した分解組み立て図が描かれたポスターをプレゼント。創刊号は499円(税込)、第2号以降は通常価格の1,657円(税別)となる。



週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル
https://deagostini.jp/yzr/

2019年2月7日 

■ホンダ・スーパーカブ110MD他、6車種の改善対策(平成31年2月7日届出)

 対象車両は型式2BJ-JA43(通称名:スーパーカブ110MD)の車台番号JA43-1000017~JA43-1015290(製作期間:平成29年8月30日~平成30年10月26日)の15,274台(郵政専用車両)、型式2BJ-JA42(通称名:スーパーカブ110プロ)の車台番号JA42-1000011~JA42-1002316(製作期間:平成29年8月30日~平成30年12月3日)の2,285台、型式2BJ-JA45(通称名:クロスカブ110)の車台番号JA45-1000011~JA45-1008310(製作期間:平成30年1月17日~平成30年11月15日)の8,300台、型式2BH-AA08(通称名:スーパーカブ50MD)の車台番号AA08-1000009~AA08-1005813(製作期間:平成29年9月18日~平成30年11月5日)の5,805台(郵政専用車両)、型式2BH-AA07(通称名:スーパーカブ50プロ)の車台番号AA07-1000008~AA07-1005711(製作期間:平成29年9月21日~平成30年11月29日)の5,702台、型式2BH-AA06(通称名:クロスカブ50)の車台番号AA06-1000007~AA06-1002006(製作期間:平成30年1月17日~平成30年5月22日)の2,000台、計6型式、計6車種、計39,366台。

 不具合の部位(部品名)は「かじ取装置(ハンドルウエイト)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「左側ハンドルグリップをハンドルパイプに組付ける工程及びハンドルバーインナーウエイトのねじ部加工が不適切なため、ハンドルバーインナーウエイトとハンドルエンドスペーサー間に付着した接着剤が押し潰されてハンドルウエイトを締結しているスクリューの締付けトルクが低下し、走行振動により緩むものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中にハンドルウエイトが脱落するおそれがあります」というもの。

 改善対策の内容は「左側ハンドルバーインナーウエイト端面に付着している接着剤を取り除き、スクリューのねじ部に緩み防止剤を塗布し、規定トルクで締め付けます」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:本田技研工業 お客様相談センター
TEL:0120-086819