WEBミスター・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - WEBミスター・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「info@mr-bike.jp」へ。

2012年3月26日 

その時、あのひとは

- aoyama @ 9:14 PM

ちょっと前の話でありますが、木村さんがスピード違反を2回しただけで新聞ネタになりました。木村さんでも、木村一郎さん(誰?)ならば少なくとも20回は繰り返さないと新聞に載らないのにね。

某町の看板

↑本題とは全く関係ありませんが、某町で見かけた看板です。「シンナー遊び」っていうのも最近はあまり聞かなくなりました。さらに「ボンド遊び」って……もちろん007ごっこのことではありません。

それはさておき、あの記事を読んだほぼ全員が思ったこと。それは、赤い逆三角形の旗がすぱんと目の前に出てきたのか、それとも背後で「ぴゅ〜」という音と共に赤いくるくるが光ったのか、どちらの餌食になったのかは新聞には載っていませんでしたが、その瞬間、木村さんが「マジかよ……」とつぶやいたのかどうか? 

いやいやいやいや、あの瞬間は思い出すだけでも冷や汗三斗、もって他山の石としましょう、ご同輩。

2012年3月14日 

燃料消費率のなぞなぞ

- aoyama @ 5:41 AM

MB8

↑本日発売のミスター・バイクBG4月号巻頭特集はなつかしの原付バイク。撮影のお手伝いをさせていただきました。「当時のコスプレしてね〜」とAJさんに言われたので学生服で。寒いのでドカじゃんと花粉症対策のマスクして、普通のメガネなのに偏光レンズだったので……結果怪しい人になってボツに。別の意味で怪しいAJさんは誌面で


100点と50点。高得点はどっち? 1000キロカロリーと500キロカロリー、高カロリーは? 果汁100%と50%、高果汁は? 圧縮比10:1と5:1、高圧縮は?
もちろん数字の大きい方だと誰でもすぐに解りますよね。
では、リッター100キロと50キロ。高燃費はどっち? 
前例どおりなら数字の大きい方、リッター100キロが高燃費ということになるのですが、燃料消費率が高いということでリッター50キロが高燃費という解釈です。なんかしっくりこないよな、ブルース。
1リッターで何キロ走るかという燃料目線のため、ややこしいことになるんです。これをキロあたりの燃料消費率に置き換えれば、リッター100キロはキロあたり10cc、リッター50キロはキロあたり20ccとなりますから、当然数字の高いほうが高燃費になって解りやすいと思うのは私だけ〜ですか? 

というように日本語は難しいですね。コンビニなど一生懸命働いている留学生(だと思う)の怪しげな日本語を聞く度、片言の英語も著しく怪しい私は「ものすごく苦労したんだろうね。がんばってね」と心の中で手を合わせます。
とはいえ「好燃費」という素晴らしい言い回しを生み出すのも日本語の素晴らしさなんですけど。

デジタルもいいけれど、日本語的はアナログのほうがしっくりくるんじゃないかという、曖昧なお話でした。

2012年3月7日 

スパイクタイヤ?にされた話

- aoyama @ 5:28 PM

はぐれ系社会派ジャーナリストNさんと一献かたむけました。昨今の内外社会情勢と二輪業界の動向を等々、深く鋭く時には噂も交え、あれやこれやと情報交換をしつつ?「最近めっきり弱くなりました」といいながら旨そうに酎ハイをグビグビ、煮込みをぱくぱく。
ほどよく回ったところでぽつり言いました。

しょんぼり温泉

と、世知辛い世の中ですが、ホッとするコミックに出逢いました。遅れるのが定刻のN氏を待つ間(この日はオンタイムに登場してびっくりぎょうてん)、マンガでも読もうとタイトルに惹かれ購入した小田 扉さんの「しょんぼり温泉」。山上たつひこ先生の名著「湯の花親子」からエロとグロを抜いたようなほんわかナンセンス系? で、帰りの電車で「にやっ」「くっくっくっ」そして「ほろり」。ハマりました。

「ライターの次は、木ネジなんですよ」

は? 
「そろそろタイヤ替えようと思っていたんで、いいきっかけにはなりましたが……」
最初はシートに火を付けたような跡があり、横に100円ライターが置いてあって、今度はタイヤに木ねじがねじ込まれていたという、氏の愛車に対する悪質な嫌がらせだそうです。
警察に被害も出しましたが、この程度を本気で調べるわけもなし。

「バイク本体が燃やされて、アパートに延焼でもすれば捜査してくれるんでしょうね……」
小さな芽のうちに犯罪を抑止するのはテレビドラマか警察24時間の熱血警官だけの話なんです。

「火、鉄の次はなんだろうなぁ……紙がいいなあ。一万円札をぺたぺた貼ってくれないかなあ……千円札でもいいけど」
とろんとした目でNさんは言いました。

2012年2月29日 

なりゆきのなごりゆき

- aoyama @ 1:56 PM

今日は雪です。東京で見る雪はこれが(今年前半期は)最後ねと誰かが口ずさんでいるやもしれません。まさになごり雪。
なごり雪といえばイルカ。なんですが、元々はかぐや姫の曲だそうです。なごり雪はカバー曲だったんですね。へ〜えっ、さきほどウィキ先生に教えていただきました。

雪

撮影を予定していましたが雪で中止。たまにロケなんかしようとするとこのざまです。ええ、そうです、私の人生もそんなもんですよ。

「かぐや姫? イルカ?」平成キッズにはなんのことやらさっぱりでしょうが、そのうちきっとどこかの新進気鋭アーティストさんがカバーするんじゃないかと思いますので、ネットで落としてブルートゥースで飛ばして聞いてください。
カバーと言えば、バイクカバー。ただバイクにかけてあるだけなのに、いつのまにか穴が開くのはなぜでしょう? しかもバックミラーとかの頂上部分ではなくシートあたりに。私だけ?(だいたひかる風に。もうなつかしい感じです)
カバーを買い換えてもらうため一定時間が経過すると穴が開く高度な素材が使われていたりして。
そういえば、一定の期間が経過するとなにかしら不具合が出る(と噂された)某メーカーの製品には「○○○(某世界的メーカー名)タイマー」が仕込まれているという笑い話ありました。
ああ、越中日本海味噌。
外はしんしんと雪が降り続いています。

2012年2月22日 

タイトルはありません

- aoyama @ 7:02 PM

書くようなネタもないのですが、誰も更新しないので何か書きます。たまには、バイクのネタを書きましょうか(本末転倒)。

えらそうなとり

↑なんか偉そうなでっかい鳥がいました。ちょっと困ったような顔をしていました。彼は彼でいろいろ大変なんじゃないかと思ったりします。

春を迎える前のこのシーズンといえば、イヤーモデルの新車ラッシュの時期でした。毎週どこかで試乗会や発表会があったりと、世間様の不景気の代名詞「ニッパチ」なんてどこ吹く風の、とても素敵な時代もありました。ちなみに隣席のじろー(らも)さんは、元々四輪屋さんで、景気のいい頃は二輪よりもタイヤの数が多い分、そりゃ豪勢な思いをしたとか、しないとか。
もっとすごかったのはバブルの頃で、今書いたら「いいかげんにしろよ!」と怒られそうな、あれやこれやがありました。が、その頃はまだまだぺーぺー(今でもぺーぺーですけど)でしたから、私ら一兵卒にはまったく関係のない話でしたが。
と、結局バイクの話がないじゃない……じゃ困るので、さきほどじろー(らも)さんに聞いた「へーえ」な話を。ホンダのドリーム50の車内呼称的な何かはCB50Vだそうです。サービスマニュアルの表紙に書いてあるそうです。なぜCB50なんでしょう? ホンダのTさんに合う機会があったら聞いてみます。

2012年2月13日 

B Dayに関する注意事項(お父さん向け)

- aoyama @ 3:02 PM

モンキーリミテッドが発売が発表されました。3月10日までの受注期間限定、シブイ銀色でちょっとカッコイイじゃないのと思ったのですが……リリースを読み進んでいくと
“車体色にモンツァレッドを、フューエルタンクのカラーにシルバーを採用することで、1962年に発売した市販ロードレースマシン「CR110 カブレーシング」をイメージした〜”
え? そっ、そうだったんですか、気がつきませんで……と、ほんの気持ちだけめまいを覚えたというのはウソですが、昨晩は激しいめまいに襲われました。

東京ゲートブリッジ

↑開通したての東京ゲートブリッジ経由に通勤路を変えました。渋滞もなく通行無料ですが、白バイがひんぱんに見物、じゃなくてパトロールしています。バカ高い赤や青い通行券もらわないように気をつけてください。

手作りチョコキット(1050円)でチョコ作りしていた娘ちゃんに「1050円も出すなら結構いいチョコ買えるんじゃないの?」と余計な事を言いますと、ちらっと顔を見てから超クールにおっしゃいました。
「……お母さんもイヤになるわけだ……」。
180km/hのド・ストレートが下っ腹を直撃しました。
気をつけましょう、ご同輩。

2012年2月2日 

寒寒寒

- aoyama @ 3:20 PM

 今日が寒さのピークだそうですがみなさまいかが過ごされたでしょうか?
 記録的な豪雪の日本海側のみなさま、仮設住宅で寒さに耐えていらっしゃるみなさま、原発事故で避難生活を強いられているみなさまに比べれば、なんの不自由もない当編集部です。文句など言えるはずもありません。
 が、元々が大きな倉庫を区切った事務所なので結構冷えます。お隣さんや階下の営業中はまだいいのですが、夕方をすぎ夜も更けると電気が点いているのはうちだけ。温度差が生じるためか、お隣との隙間からは、杉さまが歌いながら出てくるかと思えるすきま風が背筋を直撃してゾクゾクします。

編集部

編集部はこの棟の2階の真ん中です。


 床下からは耳を澄ませば「しんしんと」音が聞こえてくるような、雪ちゃんが越中日本海味噌を持ってくるのではないかと思うほどの底冷えです。
 かと思えば、暖房ダクトの真下にいるBGのAJさんは「あついよ〜あついよ〜」とタンクトップ、その隣のHはほどよい加減なのか気持ちよさそうに夢の中。この寒暖の差はいかんともしがたいのでしょうか。
ちなみに私の席は数少ない窓からもろに西日が照射するという、まれにみる好物件です。ひょっとしてこれは、「たんとん、たんとん、たんとんとん」系だったりするんでしょうか……あああ、心も凍てつく……春はまだまだ先のようです

2012年1月25日 

スノーモンキーの謎

- dokudock @ 11:31 AM

月曜日の夜、東京にも雪が降りました。

スノーモンキー

どうなんですか、お猿さん?

記録的な豪雪の日本海沿岸や北海道の方からみれば「雪だぁ? あれでか??」と言われるようなわずかな積雪ではありましたが、朝からつるんつるんすてんすてんな老弱男女に車をあちこち見受けました。
今年はかなり寒いです。暖冬という言葉が懐かしいです。

寒いときは温泉がいいなあと思っていたら、察しのいいおなじみ、お隣のじろー(らも)さんが、猿を見るような目で言いました。

「温泉に入る猿は、湯冷めしないんですかね?」

言われてみればそのとおり。目の付け所がじろー(らも)。
温泉に入る猿は結構知られていますが、出てからバスタオルで身体を拭いている猿は見たことがありません。

湯冷めしない→冷えない→ならば、なぜ温泉に入るんでしょうねえ? 

2012年1月19日 

オヤジの海。

- aoyama @ 3:01 PM

コンニチわんわん。西伊豆へ行った。その日の明け方、割と暖かいはずの西伊豆でも雪が降ったよーだ。伊豆の山々をうっすら雪が覆っている。寒くってアッチもコッチも縮みこんじゃいました。

朝っぱらからちょいと撮影なんかしたもんだからお腹がすいて、ちょいと早めの昼ご飯にした。
海岸沿いの小さな町には「磯料理」の看板が並んでいる。意外に高いんだよな、と思いつつ他にあてもないし、店もなし。水槽に高足蟹が泳いでる……泳いんのか?……お店に入っちゃった。

おばーちゃんが、「おはよーございます」だって。いらっしゃい、じゃないんだ、と思って時計を見たら、まだ10時半だった。
お店ん中はひんやり。
「今、暖房付けますから」──、朝日の燦々と入る窓際の席に座った。
メニューにはトンカツ定食、なんてのもあったけれど、やっぱり海鮮丼にした。

待つこと20分──ん?──マツコと20分かぁ……てな妄想をしながら、でもマツコとだったら2時間くらいならお話してもいいっかなぁ。こー見えても昔はオカマさんにもてたものだ、エッヘン。

「ナマコ、食べます? 朝、獲れたんですよ」
おば-ちゃんがニコニコ顔で訊いた。
「は、はい」
マツコとの妄想から、醒めた。
おば-ちゃんはもっとニコニコ顔で、「サービスだから」と言った。

「お待たせしました」
店主と思しきオジサンが料理を運んできた。たぶん、おばーちゃんの息子だ。
「あわびも入れておいたから。オヤジが朝、獲ってきたヤツだから」
あんまり愛想のいいオジサンじゃないけれど、だからこそ信用できた。

「はい、なまこ。オヤジが朝、獲ってきたヤツだから旨いよ」
ここんチのおじーちゃんに会いたくなった。

あー満腹。
外に出たら、海の向こうに富士山のアタマが見えた。(中尾祥司)

2012年1月18日 

おでんNRT

- dokudock @ 10:17 AM

日曜夕方、世間ではサザエさんを見て、週末を忍ぶ大切な時間です(サザエさん未放送地域を除く)。そんな大切な時間に成田空港におりました。成田に来ると海外に行きたくなります。最後に行ったのはいつだったか……また行くことがあるんでしょうか?
用事を済ませてさっさと帰ればいいものの、エア旅気分(飛行機だけに)で飛行機見物でもと展望デッキに上がったらめちゃくちゃ寒い……あまりの寒さに館内に戻ると目の前に「開いてます、あなたのローソン」が。へえ、こんなところにもあるんだ、まさかおでんはないだろうなあ、と店内を覗くとおなじみのおでん鍋がレジの目にあるじゃないですか。もしやと思って棚を見ればワンカップも。
ひらめいてしまいました(ここで電球のマーク。あと何年か後にはLEDマーク=ダイオードの記号になるのか?)

UA747

奧にうっすら見えるのが彼女を乗せたUAの747(つもり)。

おでんとワンカップを展望デッキに持ち込みおでんやNRTの開店です。禁煙の表示はありましたが禁酒とは書いてないの大丈夫でしょう。甘い雰囲気で肩を寄せ合う恋人たちは、哀れみとさげすんだ目で遠巻きにし、子供連れの家族は子供に見せてはいけないものを見せないように、明らかに避けて行きます。
そんな視線を浴びつつ、あさひが丘駅前の屋台でメートルを上げる浪平さん状態になったころ、目の前にユナイテッド航空の747が。
「私、ミュージカルスターになる」飛び出して行った恋人が乗っているニューヨーク便です。ワンカップを置いて小さく手を振りました。
もちろん妄想です。しかも先ほど調べたらニューヨークではなく台北行きでした。ミュージカルスターではなく小籠包屋ですか……。
ワンカップ3本を開けたところで、あまりの寒さで妄想ごっこに飽きて、お開きにしました。あっ、もちろん京成電車で行きましたのでご心配なく。次回は花見シーズンに開店の予定です。