WEBミスター・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - WEBミスター・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「info@mr-bike.jp」へ。

2017年1月11日 

年末年始恒例特別企画 『行った年来た年MotoGP 技術者たちの2016年回顧と2017年への抱負』 Honda編・後編

- komiyama @ 10:42 AM

明けましておめでとうございます。2017年最初の「行った年来た年MotoGP」Honda篇後編は、HRC主席研究員中本修平氏にご登場を願う。今年の4月でHRCを引退する中本氏は、じつはすでに昨年のうちに副社長の座を退き、現在は上記の役職に就いている。HondaのMotoGPを牽引してきた中本氏には、2016年のMotoGP回顧と技術者としての半生を振り返っていただいた。では早速、本邦初公開の各エピソードも含む、かなり濃い目のインタビューをお届けいたしましょう、どうぞ。
……続きはこちらのリンクから。

2017年1月10日 

DUCATI MULTISTRADA 950 新世代ムルティストラーダに加わった、 ミドルレンジのプレイヤーを試す。

- komiyama @ 1:43 PM

『中にはこれぞ真打ち、と評価する人もいた。2016年11月。ミラノで開催されたEICMAで発表し、ひと月あまりでプレス試乗テストが行われるあたりにも、2017年シーズンに向けた自信がうかがえる。ミドルサイズのムルティストラーダを追ってカナリア諸島、フェルテベントゥーラに飛んだ。』
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月28日 

EICMA2016 ミラノショー雑感レポート ドゥカティ/トライアンフ編 『イタリアの熱血 イギリスの伝統。』

- komiyama @ 9:41 PM

現場から3回にわたって速報をお届けしたイタリアのモーターサイクルショー「EICMA2016」。その速報ではお伝えできなかった車両やブースの雰囲気をお届けするためにスタートした『雑感レポート』。今回はドゥカティ&トライアンフです。
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月28日 

行く年来る年MotoGP 技術者たちの2016年回顧と2017年への抱負 Honda編・前編

- komiyama @ 9:59 PM

『はい皆様お待たせをばいたしました。各陣営の技術陣トップにシーズン回顧と来年への展望を語ってもらう、毎年恒例の「行く年来る年MotoGP」。今年は、MotoGPのライダーズタイトルとコンストラクターズタイトルを獲得したHondaからスタート。Honda篇前編は、技術面を統括するHRC開発室長の国分信一氏。例によって、難しい技術でもわかりやすい比喩を用いながら噛み砕いて平易に説明してもらいました。では、早速参りましょうかGO!』
本誌コラムでのおなじみモータージャーナリストの西村 章さんによる年末年始恒例特別企画です。
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月27日 

KTM 1290 SUPER DUKE R 『新型? バージョンアップ?』

- komiyama @ 12:17 PM

『2014年の登場以来、事実上KTMのストリートバイクの頂点に君臨している1290 SUPER DUKE R。その新型が2016年、11月にミラノで行われたEICMAでアンベールされた。それから一月足らず。面構えが印象的な新型は、カタールに姿を現した。その走りをテストしたのである。』
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月27日 

Honda MONTESA COTA 4RT/RTL300R トライアルワークスマシン試乗

- komiyama @ 10:59 AM

2016年のFIMトライアル世界選手権は、Honda MONTESAのCOTA 4RTに乗るトニー・ボウ選手がV10の偉業を達成してシーズンを締めくくった。まさにそのチャンピオンマシンを「試乗してみませんか」というお誘いをホンダからいただいた。果たして世界最高峰のトライアルマシンとは、いったいどのような乗り物なのか?
……続きはこちらのリンクから

2016年12月19日 

EICMA2016 ミラノショー雑感レポート ヤマハ/カワサキ編 『刺客はゾクゾクやってくる。』

- komiyama @ 11:12 AM

『「The Dark Side Of Japan:ザ・ダークサイド・オブ・ジャパン」というコピーやプロモーションビデオを駆使し、ヤマハの新スタンダード・ファミリーである“MTシリーズ”を発表したり、「Yard Built:ヤード・ビルド」と銘打って世界中のカスタムビルダーと組みヤマハのスポーツヘリテイジ・ファミリーの車両をカスタムしたりして、バイクというプロダクトが持つプレミアムやライフスタイルにおける可能性を広げ、さらにそこから「Faster Sons:ファスター・サンズ」という、MTシリーズのプラットフォームを使い普遍的なスタイルや素材を組み合わせたプロダクト“XSRシリーズ”を造り上げたりと、とにかく刺激的でパワフルな製品のリリースとプロモーションを展開してきたヤマハ。』
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月13日 

FIMアジアロードレース選手権 (ARRC)参戦記  ナイトロ・ノリの「アジアはあぢ~でかんわ」第13回 2016-Rd.6 タイ

- komiyama @ 12:25 PM

『赤道周辺にあるアジア各国をまわるFIMアジアロードレース選手権もシリーズ最終戦となった。最終戦となる第6戦は、第2戦も開催したタイのブリラム。真冬の日本とは違い、まだ半そで半ズボンでも過ごせる暖かな気候の中、ナイトロ・ノリは2016年最後の戦いに臨む。』
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月12日 

METZELER ROADTEC01 TEST 『スポーツツーリングタイヤで アドベンチャーはどう変わる?』

- komiyama @ 3:56 PM

『2016年春、メッツラーはスポーツツーリング用タイヤのニューモデル、ロードテック01をリリースした。
あらゆる状況で安全で楽しめるタイヤをと、高い目標を掲げたこのタイヤは、
ドライ、ウェットを問わず楽しめるハンドリング性能と、
安心感、そして現代のスポーツツアラーに相応しい走りの質感を持っていた。
この秋、このタイヤに今人気のアドベンチャークラス向けサイズが用意された。
BMW R1200GS ADVENTUREにそれを履きテストした。』
……続きはこちらのリンクから。

2016年12月9日 

EICMA2016 ミラノショー雑感レポート ホンダ/スズキ編 『2017年は、春から愉しくなりそうだ。』

- komiyama @ 1:04 PM

『現場から3回にわたって速報をお届けした、イタリア・ミラノで開催されたEICMA2016。不思議なことに、ここ数年、EICMAはオフィシャルに来場者数などを発表していません。「来場者数は2014年から増え、参加したメーカーも順調な伸びを見せた。その45%は海外メーカーであり……」と言う具合。確か2014年時には会期中の来場者数62万人と発表していてたので、来場者60万人はキープしているのでは、と思います。とはいえ、金曜日まで居たEICAは、木曜日からの一般公開日以降、人、ヒト、ひと……今回から数回に分け、速報ではお伝えできなかった各メーカーの車両やブースの雰囲気をお伝えしていきたいと思います。まずはホンダとスズキから!』(河野正士)

……続きはこちらのリンクから。