WEBミスター・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - WEBミスター・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「info@mr-bike.jp」へ。

2018年8月22日 

Honda PCX HYBRID “4秒間”の未体験ゾーンヘ

- komiyama @ 11:06 AM

『今春に一新されたホンダのグローバル・コミューター「PCX」シリーズにハイブリッド・システム搭載モデル「PCX HYBRID」が追加された。9月14日の発売を前に、早くも国内の年間販売計画台数2000台のおよそ半分の受注があるというから大きな反響を呼んでいると言える。EVモデル「PCX ELECTRIC」の年内発売を控え、その橋渡し的存在とも言えるハイブリッド・モデルの走りや如何に?』
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月21日 

CB1000R──新たな名車伝説なるか:第1回『ホンダの流儀』

- komiyama @ 12:53 PM

『急速に形成されてきたスポーツネイキッド、もしくはハイパーネイキッド/ストリートファイターなどと呼ばれるカテゴリーだが、いずれもスーパースポーツをベースに公道向けに仕立てた、というバックボーンを持つ。しかしホンダの新型CB1000Rはもう一歩踏み込んでいると感じた連載第一回め。「公道でのスポーツ」に真剣に向き合った作り込みを見た』(ノア セレン)
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月20日 

青春のQ4(Quarter4気筒)カタログ その1 創生編

- komiyama @ 11:58 AM

『750や400でも2気筒モデルが当たり前となった昨今とは異なり、1980年代中頃から2000年代の初頭は、スポーツモデルといえば4気筒が当たり前というか、4気筒にあらずんばスポーツモデルにあらずというような風潮さえあった。そんな4気筒黄金時代の象徴的な存在といえるのが250クラスの4気筒モデル』
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月17日 

カワサキ、魅せた! --鈴鹿8時間耐久レース--

- komiyama @ 10:54 AM

『今年の鈴鹿8耐のトピックの一つが、ジョナサン・レイ(カワサキ・チーム・グリーン)のエントリーだった。カワサキは「レイが勝ちに来る」と発表したのだった。レイは、スーパーバイク世界選手権(SBK)で2015~2017年、史上初の3連覇を飾ったスーパースターである。レイと共に世界を戦うレオン・ハスラム、そして渡辺一馬のカワサキ・チーム・グリーンが、スズカで魅せた』
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月16日 

2000台、2500名が集結! 第10回 隼駅まつり

- komiyama @ 10:59 AM

隼ライダーが聖地を目指す真夏の恒例イベント『隼駅まつり』が記念すべき第10回を迎えて8月5日、鳥取県八頭町の若桜鉄道・隼駅にほど近い船岡竹林公園で開催された。参加台数は昨年の1600台からさらに激増してとうとう2000台に到達。「隼・愛」にあふれた灼熱のビッグイベントだ。
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月16日 

ホンダコレクションホール20周年記念イベント開催(その2)

- komiyama @ 10:47 AM

『2018年7月16日(月曜日・海の日)に、栃木県にあるツインリンクもてぎの南コースで「ホンダコレクションホール開館20周年記念 市販製品特別走行」が開催された。もてぎの敷地内にあるホンダコレクションホールには、数多くのレーシングマシンや2輪&4輪の市販車、さらには汎用機器などがコレクションされている。今回は、その開館20周年を記念して、ホンダ創業期から2010年代までの70年間の歩みを代表する所蔵車両60台を、実際に動いている姿で一般に公開した』
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月13日 

軽さ、取り回しの良さ、優れたパフォーマンスに 上質感も備わる新世代・通勤快速 「SWISH」

- komiyama @ 5:18 PM

『東京モーターショーや東西モーターサイクルショーの参考出品を経て正式にリリースされたSWISH(スウィッシュ)は、”通勤快速”ブームの先駆者・スズキが放つアドレス110、アドレス125と共に原付二種(原二)スクーターのラインナップ彩るニューモデル』
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月10日 

DUCATI Scrambler1100試乗 『ドゥカティの へたくそめ(笑)』

- komiyama @ 12:43 PM

『800cc、400ccときて、
3番目の排気量のスクランブラーが
このニューカマー、1100ccだ。
排気量でカテゴライズするのではなく
装備でラインアップを増やしてきたこのモデルたちは
とうとう、空冷エンジンのまま
1100ccにまで排気量アップした。
街を、旅を、のんびり楽しめる……ではない
3番目のスクランブラー。
愛すべき悪口を言おう。
ドゥカティの……へたくそめ(笑)』(中村浩史)
……続きはこちらのリンクから。

2018年8月7日 

同期生と祝う60周年 「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展

- komiyama @ 11:56 PM

『初代スーパーカブの発売開始時期は、1958年の夏から秋にかけての間といわれているが、正確な発売日は不明。確証はないものの、世間一般的には8月頃と認識されている。ということで、すでにMBニュース&トピックスでお伝えしたとおり、生誕60周年を記念して2018年8月1日から「スーパーカブと素晴らしき仲間たち展」がホンダウエルカムプラザ青山で開催された』
……続きはこちらのリンクから。

2018年7月30日 

「今までとは違う」という主張を 乗る前から感じたニュー・フォルツァ

- komiyama @ 7:44 PM

『ホンダのFORZAといえば、2000年に初期型が発売されてからずっと、つり上がったアーモンドアイがトレードマークだったが、この5代目はそれを継続しなかった』
……続きはこちらのリンクから。