編集部ブログ 勝島部屋から

編集部ブログ 勝島部屋から

※編集部宛のメールはこちら「bg@mr-bike.jp」へ。

2017年12月5日 

ちょっとネタばれですが

- Noah Sellen @ 6:06 AM

D1!

カッコ良くない?

 

Z系はどれもそれぞれカッコ良いのだけれど、この緑に金のラインのD1は独特の美しさがあるように思います。

巻頭特集の撮影で乗ったのですが、最初はちょっとカブってて「撮影できないか!?」なんて肝を冷やしたけど、プラグを焼いたら難なく始動、しかも調子が良い。ナナハンだからそんなにパワーもないし、気軽に乗れる感じが良いですよね。とても気持ちの良い撮影ができました。チョー寒かったけど。

 

取材させてくださった方が、僕と同じぐらいの身長でさらに僕プラス30kgという体格の持ち主。軽トラで現れた僕を歓迎してくれた彼はダイハツの、キャビンが大きい軽トラを持ってたんですよ!ジャンボってやつ。いいなーいいなー! と乗らせてもらいました。広いねぇ! これだな、荷台はちょっと短くなるけどバイク一台だったらナナメに積める。そしてこの快適性。たまらん。これなら運転に疲れ時もちょっと仮眠がとれる。

 

最近仮眠について見直されてるらしくて、大企業でも短時間のお昼寝を推奨している所が増えてきたらしいですよ。良いことです。僕も昼食後はなるべく昼寝してます。だいたい25分ぐらい。寝る前にコーヒーを飲むんですよ、起きた後じゃなくて。カフェインが効いてくるのに30分ぐらいかかるから、コーヒーを飲んでタイマーを25分かけてスコンと寝る。25分で起きれば深い眠りに落ちてないし、ちょうどカフェインが効いてくるから目覚めもバッチリ。すごくリフレッシュできるんです。

 

海外では「パワーナップ」なる言葉がずいぶん前から存在します。ナップとは仮眠のことだから、補強するための仮眠ってことですね。イギリスだと高速道路の電光掲示板とかに「パワーナップを取れ」と出てたりするんです。運転に疲れたら短い仮眠をとってリフレッシュしろ、という事ですね。これは本当に有効! 運転中眠くなったらいくら頑張っても無理だもの。寝ちゃったら意識がないんだから携帯イジリ運転や飲酒運転以上に危ないでしょう。しかも罰則がないんだからタチが悪い。眠くなってきたな、と思ったら止まって25分寝る。とても効果あります。軽トラだと狭くて難しいけど。

 

 

ところが日本ではこういったアプローチが少ないんだよなぁ。このポスターを見ても、休憩を促してはいるけれど仮眠についてはノータッチ。むしろ休憩中に体操して体を動かすように書いてあるもんね。基本、「眠気に負けないように頑張れ」というスタンス。他のポスターではガムを噛めとか、冷たいアイスクリームを食べろとか、とにかく眠気と戦うことを指示するポスターや標語が目につきます。

そうじゃないんだよなぁ、ちょっと寝るだけですごく復活するのに。眠気相手に頑張っちゃダメよ。一度勇退して、30分後に反撃。これです。

 

うん、そのためにもダイハツのハイゼットジャンボを買おう!

 

次号発売は14日ですよ!

素敵な4輪&2輪に加え、秋のテイストの報告もあるんじゃないかな?

 

よろしくお願いします。

 

(ノア)