速報 第58回静岡ホビーショー 令和最初のホビーショーは?

もう聞き飽きているとは思いますが“令和最初の”静岡ホビーショーが、令和元年(2019年)5月8日から12日の5日間、毎度おなじみツインメッセ静岡で開催されました。毎年律儀にホビーショーの記事を読んでいただいている方は、「あれ?」と思ったことでしょう。そうなんです、今年のショーは例年より1日多いのです。さて、その真相はいかに?

 令和元年のホビーショーは、10連休明けの5月8日からの開催で、しかも例年よりも1日長いということで、関係者の皆様は例年以上に大変だったことでしょう。お疲れ様でした。
 5日間開催でも、いつものように業者招待日は木、金曜(9、10日)、一般公開日も例年通りの土曜、日曜(11、12日)の2日間です。では、初日の水曜(8日)はなにがあったのかといえば、「小中高校生招待日」だったのです。「模型の世界首都・静岡」を担う静岡の子供達に模型をもっともっと知って親しんでもらおうということで、招待日が設定されたのです(しかも県知事の肝いりのようです)。プラモデルが出来るまでの工程の展示やプラモデルの製作体験にラジコン操縦など、盛りだくさんのプラグラムが組まれました。平日なのに学校は? と思うでしょうが学校単位で事前申し込みをしての参加ですから、ご心配なく。課外授業の一環ということですね。8日は静岡県内の小中高校生5000人以上が来場したそうです。好評だったようで来年も開催するとのこと、これを機に作る喜びをぜひ知っていただけたらと思います。
 で、かんじんのバイクプラモは? 新作は? 今年のすでに、新作は発表済みですから……ね。

アオシマ・早くもKATANAが登場、さらに!

積極的に1/12完成品バイクシリーズを展開するアオシマは、昨年秋の全日本模型ホビーショーで予告したHonda スーパーカブ50に続いて、昨日発表された新型KATANA(アオシマの商品名はSUZUKI GSX-S1000S KATANA)が早くも登場。



SUZUKI GSX-S1000SKATANA


SUZUKI GSX-S1000SKATANA
1/12 SUZUKI GSX-S1000S KATANA メタリックミスティックシルバー、グラススパークルブラック。もちろん完全新規金型で組み立て済みで塗装済み。全長は約185mm。ホイール、リアサス可動で展示用の台座付。発売日未定。各2700円(税込)。


スーパーカブ50


スーパーカブ50
1/12 Hondaスーパーカブ50 ブルー、グリーン。平成を駆け抜けたスーパーカブといえば、このタイプを思い浮かべる人も多いはず。たぶん初の模型化。6月発売予定。各2700円(税込)。


Honda Gold Wing Tour


Honda Gold Wing Tour
予告なく展示されていたHonda Gold Wing Tour。1/12完成品バイクシリーズと同じLCD MODELS製で「ダイキャストミニカー」シリーズとして完成品を展開するようだ。スケールは1/6か1/8くらい。参考展示ということで詳細は不明。ま、これからのお楽しみということで。


スーパーカブコレクション


Hondaモトコンポコレクション
全長50mmの小さなカプセルトイシリーズ。新色は5色のバリエーション。1/32 ホンダスーパーカブコレクション 色替Ver.2は8月発売。1/24Hondaモトコンポコレクション 色替Ver.は9月発売予定。各300円(税込)。
ハセガワ・シリーズ展開に手抜きナシ!

サンパチ、ケッチと空冷3気筒シリーズでガッチリハートとサイフをつかまれてしまったみなさんも多いことでしょう。すでに発表済みですがKH400の1976年型(A3)と1977年型(A4)を限定で発売。しかも先に発売されたA7とは形状が異なるシートや、大文字KAWASAKIロゴのクランクケースカバーは新規金型で新たにパーツを追加し、立体エンブレムのサイドカバーロゴももちろん一新。湘爆マニアにはたまらない桜井信二の愛車「サクライのサンパチ」も限定発売される。



KH400


KH400
1/12カワサキ KH400-A3/A4。シートとクランクケースカバー、サイドカバーのロゴにデカールは新規。デカールはA3とA4用がセットになっているので好みで作り分けられるけれど、もちろん2台買うでしょ? 5月下旬発売。3400円(税別)。


GT380B


たまごガールズコレクション
1/12 スズキGT380B”湘南爆走族” は新規イラストパッケージで6月16日頃発売。3400円(税抜)。1/12たまごガールズコレクションの第2弾「エイミーマクドネル(ライダー)」(5月31日頃発売)と第3弾「クレアフロスト(レースクイーン)」(7月12日頃発売)は各4600円(税別)。
タミヤ・さすがのクオリティ

東京モーターサイクルショーで発表されたHonda モンキー125。エッジの効いたエンジンフィンやホイール、フェンダー、マフラーカバーなどのメッキ仕上げなど、横に展示された実車と見比べてもまったく遜色ない、安心安定のタミヤクオリティ。価格もお手頃。



Hondaモンキー125


Hondaモンキー125


Hondaモンキー125


Hondaモンキー125
1/12 オートバイシリーズNo.134 Hondaモンキー125。全長は143mmと手のひらよりも大きいが、展示場所に困らないお手頃サイズ。エンジン、スイングアーム、フロントフォーク、リアフェンダーはビス留め。2,500円(税別)。6月1日ころ発売。

まだまだあります、発表済みも、バイク以外も。


 ツェンダップ KS750サイドカー


Hondaモンキー
マニアックなモデルを展開するプラッツからは1/9スケールのWWⅡ ドイツ軍 ツェンダップ KS750サイドカー。全長は22.2cmのビッグサイズ。価格未定。6月発売予定。 エフトイズ・コンフェクトの1/24ヴィンテージバイクキットVol.6はHondaモンキー12V、HondaモンキーFIタイプを各4種類。ガム付の食玩で半完成の組み立てキット。各570円(税別)。5月27日発売。


ワルツ ランページ


カワサキNinja H2R
KYOSHOが扱うKISS TRUE SCALEの1/6ワルツ ランページは全金属製の精巧な完成品。全長411mm、重さは約3kg。予価100000円(税別)。専用ケースは20000円(税別)。 中国のモンモデル製1/9カワサキNinja H2Rは、多色成形の一部塗装済みで接着剤が不要な組み立てキット。19000円(税別)。


CRF1000L


BMW R900台湾警察の白バイ
各スケールのミニカーなどを扱うSpark Modelに展示されていた1/12 CRF1000Lアフリカツインらしきモデル。参考出品とのことで詳細は未定。 ミニカーショップのガリバーブースに展示されていたBMW R900台湾警察仕様の白バイも参考出品。白バイマニアは気になるところ。


XLR


ダイナオガレージファクトリー
エアガンの東京マルイブースには自衛隊仕様のXLRが。レプリカのようだが走行動画も上映されて本格的。自衛隊の89式折曲銃床型の発売プロモーション。 本物のガレージを作ってくれるダイナオガレージファクトリー。サイズもタイプも様々。もちろんバイク用もあり55万円から。夢のガレージが現実するか。


ヤンマーコンバイン


4号戦車
ちょっとしたブームになっているのか、前回のヤンマー トラクター YT5113Aに続き、またまた農機の新作がハセガワから発表された。1/35ヤンマーコンバイン YH6115はリアルなおじさんフィギア付。3000円(税別)。8月2日頃発売。 前回のショーでM16スカイークリーナーとシュビムワーゲンが展示されたのに続いて今回はなんと本物の戦車が! ガルパンでもおなじみのドイツ軍の4号戦車のH型が展示された。タイガーばかりが戦車じゃない、4号戦車は軍馬とよばれた信頼の一台。


令和


令和
もっとあるかと思ったら意外と少なかった令和もの。とはいえ新元号の発表が4月1日でしたから、製作期間は1ヶ月にも満たなかったことでしょう。おつかれさまでした!令和もプラモで遊びましょう!

[第57回 全日本模型ホビーショー(2018年)へ]