MBニュース&トピック

 

2017年3月15日 

■SACにニューマシン「GSX-R150」を投入!

レースベース車両となるGSX-R150 はインドネシアにあるスズキの子会社、スズキ・インドモービル・モーター社で生産。同地ではすでに販売を開始、他アセアン地域では順次販売されるという。

GSX-R150スペック(市販車)●全長×全幅×全高:2,020×700×1,075mm●ホイールベース:1300mm●車両重量:131kg●最高出力:14.1kW●最大トルク:14.0N・m

 将来、MotoGPで活躍できるアジア太平洋地域のライダー育成を主眼においたスズキのライダー育成プログラムとして、FIMアジアロードレース選手権(ARRC) の新カテゴリーとしてスタートした「スズキ・アジアン・チャレンジ」(SAC)。150ccのロードモデルを使用し、イコールコンディションで各選手が競い合うワンメイクレースである。

 20年以上の長きに渡りスズキからロードレースに参戦・活躍してきた“ゆっき~”こと加賀山就臣(かがやま ゆきお)がプロデュース・監修するSACが3年目を迎える。

 マシンは2015年にFU150、2016年シーズン途中よりF.I.を採用した SATRIA(サトリア)F150が使用されてきたが、今シーズンより「GSX-R150」が投入されることになった。バックボーン式のフレームを採用するGSX-R150、エンジンはサトリアF150と基本的に共通の147.3cm3水冷4バルブ単気筒DOHCユニットを搭載。SACではレース仕様としてリファインされ、ギヤレシオや車両重量が異なることから、最高速度はサトリアF150を大きく上回ることになるという。

 尚、日本、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、インド、スリランカ、ネパール、オーストラリアのアジア9カ国から各国での予選会や選考を経て、計16名(5名が継続、1名が復帰参戦)のライダーが3月15日・16日の2日間、開幕戦でも使用されるマレーシアのジョホール・サーキットにて最終審査中だ。

2017年3月15日 

■ドゥカティジャパン「XDiavel Trade-in Campaign」実施中

 ドゥカティのDNAを受け継ぐデザイン、テクノロジー、パフォーマンスを備えた真のクルーザー・モデルであるXDiavelをより身近に感じることができるキャンペーンとして5月31日(水)まで実施。

 期間中にXDiavel、またはXDiavel(共に新車)を成約、登録を完了したユーザーに、それぞれ150,000円(XDiavel)、180,000円(Xdiavel S)が通常の下取り価格にプラスされるというもの。下取り車のモデルならびにメーカーの指定はない。

ドゥカティジャパン
http://www.ducati.co.jp/

2017年3月14日 

■2017年東西モーターサイクルショー間もなく開幕、各メーカー出展車両も明らかに!

 今週末の大阪、その翌週の東京と、2017年バイクシーズンの本格的な幕開けを告げる東西モーターサイクルショー。国内4メーカーは販売を控えた数々のニューモデルを出展。ショー会場ではサプライズ発表もあるのか!? 現時点で明らかとなっている出展車両は以下の通り。


●ホンダ(https://www.hondanews.info/news/ja/motor/2170314



CBR1000RR SP CBR250RR


X-ADV レブル500

<参考出品車・コンセプトモデル>
CB1100 RS カスタマイズコンセプト/レブル250 スタイルコンセプト

<参考出品車・市販予定車(日本国内仕様)>
CBR1000RR SP/CBR250RR/X-ADV/レブル500

<参考出品車・レースマシン>
RC213V/CRF450RW/COTA 4RT

<市販車>
CB1100 RS/CRF1000L Africa Twin/CRF250 RALLYなど、最新の2017年モデルを中心に、さまざまなカテゴリーのモデルを展示


●ヤマハ



SCR950 XMAX250(写真は2016年欧州モデル)

<国内初お披露目モデル>
MT-10 SP/TMAX530 DX/SCR950(市販予定)/XMAX250(市販予定)/AXIS Z

<参考出品モデル>
YZR-M1(ワイズギアブース)/XSR900“Faster Sons”コンセプト

<MTシリーズ>
MT-10/MT-09 TRACER/MT-09/MT-07/MT-03

<YZF-Rシリーズ>
YZF-R25(ワイズギアブース)

<MAXシリーズ>
TMAX530/NMAX155/XMAX250

<LMWシリーズ>
TRICITY155/TRICITY125

<FASTER SONS>
VMAX/XSR900/SCR950

<125ccスクーターワールド>
AXIS Z/シグナスX SR など


●スズキ(http://www1.suzuki.co.jp/motor/mcs2017/index.html



GSX-R1000R GSX-S750 ABS

<参考出品車(日本初公開)>
GSX-S750 ABS/GSX-S125/V-Strom1000 XT ABS/V-Strom650 ABS/V-Strom650 XT ABS/V-Strom250/BURGMAN(バーグマン)400 ABS

<参考出品車(その他)>
GSX-R1000R
GSX-RR(MotoGP参戦車両)/RM-Z450WS(全日本モトクロス選手権参戦車両)

<国内向け市販車>
ジクサー/GSX250R(4月17日発売)/隼/GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABS/SV650 ABS/GSR250/バーグマン200/アドレス110


●カワサキ



Ninja 1000 ABS Ninja 650 ABS


Z1000 ABS Z650 ABS

<体感コーナー>
Z125 PRO Special Edition/Ninja 250 ABS KRT Edition/VERSYS-X 250 ABS/VERSYS-X 250 ABS TOURER/Z250 ABS (参考出品)/Ninja 400 ABS (参考出品)/Ninja 650 ABS (参考出品)/Z650 ABS (参考出品)/Ninja 1000 ABS (参考出品)/Z1000 ABS (参考出品)

<展示>
Ninja 1000 ABS (参考出品)/Z650 ABS (参考出品)/Ninja H2 (参考出品)


●ドゥカティ



SuperSport S Scrambler Café Racer

<ドゥカティ エリア>
SuperSport S (EU 仕様車 参考出品 東京)/SuperSport (EU 仕様車 参考出品)/Monster 797 (EU 仕様車 参考出品)/Monster 1200 R/Monster 821(東京)/Multistrada 950 (EU 仕様車 参考出品)/Multistrada 1200 S/Multistrada 1200 Enduro(東京)/XDiavel S/Diavel(東京)/Hypermotard 939/1299 Panigale S/959 Panigale(東京)

<ドゥカティ スクランブラー エリア>
Scrambler Café Racer (EU 仕様車 参考出品)/Scrambler Desert Sled (EU 仕様車 参考出品)/Scrambler Icon(東京)/Scrambler Full Throttle(東京)/Scrambler Sixty2


●トライアンフ

ACE CAFE LONDON THRUXTON Cafe Racer

NEW ストリートトリプルRS /ストリート スクランブラー/ ボンネビル ボバー/エースカフェ スラクストン/ ストリートカップ/ ボンネビルT100/タイガーエクスプローラーXRx/ ボンネビルT120(東京)/ストリートツイン(東京)/タイガー800XCx(東京)/ビンテージオフロードレーサー(東京)








●ハーレーダビッドソン



STREET ROD ROAD KING SPECIAL

STREET ROD(東京)/ROAD KING SPECIAL(東京)/ROADSTER CAFE CUSTOM他、ミルウォーキーエイト・エンジンを搭載したツーリングモデル など2017年ニューモデル

2017年3月14日 

■スズキSV650のリコール(平成29 年3月13日届出)

 対象車両は型式2BL-VP55B(通称名:SV650)の車台番号VP55B -100009~VP55B -100988(製作期間:平成 28 年 7 月 21 日~平成 29 年 1 月 6 日)の980台、計1型式、計1車種、計980台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(エンジン制御コンピュータ)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「原動機において、制御コンピュータの車載式故障診断装置のプログラムが不適切なため、吸気温度センサが故障した際に、故障検知することができない場合がある。そのため、故障時に原動機の警告灯が点灯せず、保安基準に適合しない」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、原動機の制御コンピュータを対策品と交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:スズキ お客様相談室
TEL:0120-402-253

2017年3月13日 

■世界チャンピオンのテクニックを学べ! 2017年度「スズキ北川圭一 ライディングスクール IN 竜洋」開催


 スズキのレーシングアドバイザーとしてお馴染み、元・世界耐久選手権チャンピオンの北川圭一氏のライディングスクールが、数々の名車が生み出された竜洋コース(静岡県磐田市)を舞台に今年も開催される。安全でスムーズなライディングテクニックを習得するための技術と講義を交えた実践教習で、毎年ビギナーからベテランライダーまで幅広く、楽しくライディングテクニックを学んでいるスクールだ。

 250cc以上のスズキ車ミッション車両(スクーターは除く)のユーザーが対象で、オフロードモデル、アメリカンモデルも可。事情により、参加当日にスズキ車の都合がつなない場合はレンタル車両もあり(別途税込 3,900円~4,900円。台数限定)。装具は革ツナギもしくは革製の上下、ブーツ、フルフェイスのヘルメット必須。無料で貸し出しレンタルツナギ、ブーツを用意(数限定、申込順)。

●開催日程
第1回 2017年 4月 16日(日) 受付中
第2回 2017年 6月 25日(日) 受付開始 4月18日
第3回 2017年 10月 8日(日) 受付開始 8月8日予定
第4回 2017年 11月 11日(土) 受付開始 8月11日予定
(※土曜日開催 夜10周年記念パーティ有)
第5回 2018年 3月 4日(日) 受付開始 2018年1月4日予定

●開催場所
スズキ 竜洋コース
静岡県磐田市駒場4935

●開催時間
9時~16時30分

●参加費用
18,500円(税込) ※保険代、お弁当、飲み物フリードリンク付
見学者は1,500円(税込。お弁当、フリードリンクを含む)、小学生以下の見学は無料(お弁当なし)

●参加人数
20名~45名まで

●申し込み方法
北川圭一オフィシャルWEBサイト(コチラ)より申込み。WEBが利用できない人はメール等にて相談を。

問:スズキ北川ライディングスクール事務局(主催:有限会社ケイズワン)
TEL:090-3928-6816
E-mail:info@k1-kitagawa.com
http://www.k1-kitagawa.com

2017年3月10日 

■2017年は芳賀“兄弟”でアジア選手権に参戦!

 「アジアはあぢ~でかんわ」でお馴染み、世界選手権43勝を誇る日本を代表するライダー“ナイトロ・ノリ”こと芳賀紀行。アジアロードレース選手権SS600 クラス3年目となる2017年は「K-max Racing」より参戦することとなった。チーム代表兼監督は元レーシングライダーであり、ノリの実兄・芳賀健輔が務める。

 マシンはYZF-R6で、ノリにとって久々のヤマハ。タイヤはダンロップ、ゼッケンはお馴染み#41。チームはオール日本人で構成、参戦1年目から上位を目指す。

 3月15日~16日にマレーシアで開催される公式テストに参加、同じマレーシアで3月31日~4月2日に開催される開幕戦がデビュー戦となる。


芳賀紀行のコメント
「いい体制で走れれば、まだまだやれる自信はありますが、年齢を考えてもそう長くはベストでレースはできないと思い、兄とやることを決めました。兄も自分もファクトリーにいたヤマハを乗りますし、アジアも3年目となるので、優勝そしてタイトルを目指し頑張ります」


芳賀健輔チーム代表兼監督のコメント
「以前から紀行と一緒にやりたいと話しはしていましたが、彼の年齢を考えても、今しかないとチームを作ることにしました。ヤマハをはじめ、多くの方からの支援もあり、決断することができました。2年前からアジア選手権に出向き、シリーズを見て来ましたが、レベルも高く、やりがいがあるシリーズです。1年目から上位を狙って行きます!」

2017年3月9日 

■チームノリックの2017年、戦いぶりが楽しみな3ライダー!

 GPライダーのノリック(故・阿部典史)が結成、現在は父・阿部光雄がチーム監督として率いる「チームノリック」は「世界で通用する日本人ライダーを育てる」ことを目的に 2006年結成。ヤマハ・ファクトリー入りした野左根航汰らを輩出した同チームが12年目を迎える2017年シーズンの体制を発表した。

 体制は昨シーズン同様2チーム。「Webike Team Norick YAMAHA」は上和田拓海と阿部恵斗を、「Thailand YAMAHA team Norick」はケミン・クボ、計3名のライダーを起用する。

 チーム4年目となる上和田は全日本ロードレース選手権の最高峰・JSB1000クラスにステップアップ。チーム5年目の阿部はS80、スーパーモトを経て、2017年は筑波ロードレース選手権のJ-GP3クラスに参戦することに。

 「YAMAHA RACING TEAM」からアジアロードレース選手権・SS600に参戦するクボは、今シーズンは全日本選手権にもフルエントリー。J-GP2クラスを戦うこととなった。



上和田拓海:1996年7月3日生まれ。東京都出身。2014年にウェビック チームノリック ヤマハ入り、3つのロードレース選手権(筑波、もてぎ、SUGO)ST600シリーズ・チャンピオン。2015年より全日本ロードレース選手権J-GP2クラスに参戦。年間ランキング12位(2015年)、6位(2016年)。 阿部恵斗:2003年9月13日生まれ。東京都出身。2013年にチームノリックJr.入り。筑波ロードレース選手権をメインに参戦。ダートトラック、モトクロスでのトレーニングも実施。2016年は筑波ロードレース選手権S80ランキング9位、スーパーモト東日本選手権S3クラスチャンピオン。


ケミン・クボ:1999年5月21日生まれ。タイ出身。2016年にタイランドヤマハ チームノリックに加入、3つのロードレース選手権(筑波、もてぎ、SUGO)ST600クラスに参戦。もてぎでシリーズチャンピオン(SUGO2位、筑波5位)獲得。2017年はアジアロードレース選手権と掛け持ち。 阿部光雄監督:1967年からプロのオートレース選手として活躍。日本チャンピオン(賞金王)3回獲得。2015年に惜しまれながら引退。MotoGPチャンピオンを育てることを目的に設立されたチームノリックでは監督兼トレーニングコーチを務める。

●チーム名:
「ウェビック チームノリック ヤマハ」(Webike Team Norick YAMAHA)
●ライダー・参戦レース:
上和田拓海(かみわだ たくみ 20歳)・全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス
阿部恵斗(あべ けいと 13歳)・筑波ロードレース選手権 J-GP3クラス
●マシン:
YZF-R1(全日本選手権 JSB1000クラス)
TZ250F(筑波ロードレース選手権 J-GP3 クラス)

●チーム名:
「タイランドヤマハ チームノリック」(Thailand YAMAHA team Norick)
●ライダー・参戦レース:
ケミン・クボ(Keminth Kubo 17歳)・ 全日本ロードレース選手権 J-GP2クラス
●マシン:
YN6

2017年3月9日 

■ハーレーダビッドソンがニューモデルのSTREET RODを販売開始

 ハーレーダビッドソン ジャパンは、STREETのプラットフォームをベースに、街頭のストリートをより爽快に駆け抜けられるよう設計されたアーバンスタイルのニューモデル「STREET ROD」を、3月9日より全国の正規ディーラーにて店頭予約販売を開始した。

 STREET RODは、都市部の環境でも楽に乗りこなせるサイズと操作性、求めやすい価格で好評のSTREET 750の流れをくむグローバル戦略モデルで、街乗りに適した取り回しやすさはそのままに、ミッドレンジのトルクを増大させながら、幅広い回転域で最高出力と最大トルクを発揮する新型ハイアウトプット“Revolution X”エンジンを搭載し、パフォーマンス、俊敏なハンドリング、よりアグレッシブなライディングポジションなどを融合したモデルだ。

 車両本体価格は1,070,000円(消費税込)からで、「従来のハーレーダビッドソンオーナーだけでなく、リターンライダーや初めてハーレーダビッドソンを購入するユーザーにも満足してもらえるよう、国内のユーザーとの間にさらに強い絆を生みだす新モデル」と説明されている。

 エンジン面以外でも、サスペンションやブレーキ、ホイールが強化された。新しくなったシャーシジオメトリと17インチのフロント&リアホイールが、俊敏でレスポンスの高いステアリングを実現し、フロントにはφ300mmディスクをダブルで装備。ABSも標準装備としている。また同モデルのDark Customスタイルの魅力を最大限に引き出す「ビビッドブラック」、「チャコールデニム」、「オリーブゴールド」の3色のカラー展開としている。

XG750A_AF.jpg Whiteback_17_XG750A.jpg
STREET ROD。全長×全幅×全高:2,130x870x1,145mm、ホイールベース:1,510mm、最低地上高:205mm、シート高(*無負荷状態):765mm、車両重量:238kg、レーク・トレール:27°・99mm、フューエルタンク容量:13.2L、フロントタイヤ:120/70R17 V、リアタイヤ:160/60R17 V。 STREET ROD。リキッドクールド ハイアウトプット「Revolution Xエンジン」(排気量:749cc)、φ43mm Showa製倒立フロントフォーク、リザーバタンク別体型リアクション、ABS、新型フロントダブルディスクブレーキ。

 ちなみにこのSTREET RODは、3月18日(土)~20日(月)で開催の「大阪モーターサイクルショー」、3月24日(金)~26日(日)に開催の「東京モーターサイクルショー」でも展示される。

■ハーレーダビッドソン カスタマーサービス TEL0800-080-8080 http://www.harley-davidson.co.jp/

2017年3月9日 

■ホンダ・スーパーカブ110 プロ、スーパーカブ110 MDの改善対策(平成29年3月9日届出)

 対象車両は型式EBJ-JA10(通称名:スーパーカブ110 プロ)の車台番号JA10-3000201~JA10-3200792(製作期間:平成24 年6 月7 日~平成28 年5 月12 日)の8,773台、型式EBJ-JA10(通称名:スーパーカブ110 MD)の車台番号JA10-3080201~JA10-3118205(製作期間:平成24 年6 月8 日~平成27 年12 月28 日)の31,792台(郵政専用車両)、計1型式、計2車種、計40,565台。

 不具合の部位(部品名)は「動力伝達装置(カウンタシャフト)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「カウンタシャフトにおいて、熱処理後の歪み矯正処理が不適切なため、微細な亀裂が発生しているものがある。そのため、高い速度で急激なシフトダウンを繰り返すと当該シャフトの亀裂が進展し、折損して走行不能となり、最悪の場合、後輪がロックするおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「全車両、良品のカウンタシャフトに交換する。または、良品のカウンタシャフトを組付けたエンジンアッセンブリに交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:本田技研工業 お客様相談センター
TEL:0120-086819

2017年3月8日 

■初のJSB10002台体制へ! Team KAGAYAMA参戦体制を発表

 スズキのマシン一筋で戦う“ゆっき~”こと加賀山就臣率いる「Team KAGAYAMA」は2017年シーズンも引き続き全日本ロードレース選手権に参戦。

 加賀山はチームオーナー兼ライダーとして7年目を迎える最高峰・JSB1000クラスに出場。勝利だけではなく、自身初のチャンピオン獲得を目指す。昨年、J-GP2クラスでチャンピオンを獲得、チーム2年目となる浦本修充はJSB1000クラスへステップアップ。加賀山と共に新型「GSX-R1000」で挑む。また、今年18歳となる三原壮紫がチームに新加入、熟成されたオリジナルマシン「GSX-Proto71」でJ-GP2クラスに挑む。


加賀山就臣(カガヤマユキオ:JSB1000 クラス #71)のコメント
「今シーズンもレース活動を続けさせて頂ける事を関係者・スポンサーの方々に感謝いたします。
コース上では現役ライダーとして勝利を目指して全力で挑みます。
チーム代表としても昨年以上に価値あるチーム作りをして、
皆様に『応援して良かった』と言ってもらえるよう、
スタッフ・ライダー全員で力合わせて挑戦させて頂きます」


浦本修充(ウラモトナオミチ:JSB1000クラス #94)のコメント
「今年から再びJSB1000を戦うことになります。
挑戦の年となりますが、最初のレースから良い成績を残せる様に
精一杯準備して行きたいと思っています。今年も応援宜しくお願い致します」




三原壮紫(ミハラソウシ: J-GP2クラス #13)のコメント
「今年からTeamKAGAYAMAへ移籍し、気持ちを新たに初優勝を! 
更にはその先を目指し挑みます。今年も応援よろしくお願い致します」


Team KAGAYAMA
http://team-kagayama.com/