MBニュース&トピック

 

2017年5月16日 

■バイクと大学のコラボ第3弾、冷たい雨の中“熱い”若者ライダー結集!

参加者みんなで記念撮影! 生憎の天候の中、ケガもなく無事終了。 ※写真をクリックすると大きく、または違う写真を見ることができます。

 5月13日の土曜日、東京・八王子の中央大学 多摩キャンパス内にて開催された「モーターサイクルフェスティバルby中央大学二輪愛好会&Honda」は、昨年の東洋大学・板倉キャンパス(4月)、群馬大学・桐生キャンパス(9月)に続き“二輪大好き!”な大学生が主催、これからの世代にバイクの魅力を知ってもらうのはもちろん、二輪車の安全運転教育にも力を入れているホンダモーターサイクルジャパンが共催というカタチで実現したイベントの第3弾。中央大学の二輪愛好会の学生に加え、近隣大学(帝京大学、東京情報大学、神奈川大学)の学生他40名ほどが生憎の天候の中、自慢の愛車に跨り多摩丘陵にある広大なキャンパスに集結する。

 午前は前回の群馬大学の時と同様、本田技術研究所二輪R&Dセンターの将来技術探査担当・林シニアエキスパートによる「二輪車の開発に関する講和およびディスカッション」を実施。 ホンダ社内の仕組みや世界の二輪事情、地球環境問題、自動運転といった話に至るまで、巧妙な話術で興味深い貴重なハナシを聴くことができた。中でも自立走行する「Honda Riding Assist」の関心が高かったよう。質問も昼休みに食い込むまで続く。前回イベントが理工系の学生が中心だったのに対し、今回は文系学生が中心。興味対象が異なるのも当然と言えば当然ながらバイクに対する想いは共通だ。

 昼休み後は毎回お馴染みとなっているライディングスクールを実施。ベテランインストラクターの指導の下、これまた冗談も交えた巧妙な話術の中に“へぇ~!”“ほぉ~!”など、教習所とはまた違う実践テクニックを知ることができた。今回は参加人数が多かったこともあり、2グループに分けて行われた実走カリキュラムでは、難コースに当初は手こずるものの、走るにつれて克服する参加者も見られた。

 イベントのラストはホンダ最新モデルの体験試乗会。世界中で人気を博しているCRF1000Lアフリカツインをはじめ、2017年話題のX-ADV、レブル、そして発表・即完売となってしまったモンキー50周年記念モデルなどが用意された。

 ツーリング先などでは中々見かけることは稀だが若者ライダー、しかも“熱い奴ら”は確実に存在しており、そんな彼らを見ることができたのは嬉しい限り。次回はどの大学で開催されるのでしょう? お楽しみに!

今回のイベントは中央大学二輪愛好会の学生を中心に企画、近隣大学のバイク好き学生にも声がかけられた。本田技術研究所二輪R&Dセンターの林シニアエキスパートの講和では、現場の人ならではの世界のリアルな二輪事情を知ることができた。
午後はホンダ契約インストラクターによる安全運転とライディングスキル向上を目指したスクールを開催。実車を使ったセルフステアなど、濃密なレクチャーを受けることができる(参加費無料!)。 朝からの雨は止むことはなかったが、参加者は熱心に走り続けた。
参加者の愛車はカブ、スクーターや絶版車、輸入車と様々。イベントはホンダを代表するモデルの体験試乗会でお開き。“夢”のロードゴーイングモデル・RC213V-S に跨ったり、なんとブリッピングも体験できた。その後も学生達のバイク談義は場所を変え続いたようだ。

2017年5月12日 

■ショップオープン情報「クシタニ三鷹店」

 多くの来場がある多目的エリアに展開しているパフォーマンスストアのコンセプトとは異なり、地域に密着したプロショップとしてオープン。専門のスタッフが乗る人の用途に合わせてウェアや様々なアイテムを提案。オープン記念として、購入者には「70th記念手ぬぐい」(非売品。数に限りあり)をプレセント。

東京都三鷹市野崎4-8-33
TEL:0422-30-9431
営業時間:11時~20時
定休日:火曜日
mitaka@kushitani.co.jp

2017年5月11日 

■ホンダも出展、圧倒的なバラとガーデン空間の6日間「第19回 国際バラとガーデニングショウ」 5月17日まで開催!

※以下、写真をクリックすると大きく、または違う写真を見ることができます

 5月12日(金)から17日(水)までの6日間、メットライフドーム(旧西武プリンスドーム。埼玉県所沢市)にて「第19回 国際バラとガーデニングショウ」が開催される。

 1999年5月に初開催以降、これまで400万人以上が来場、日本や世界各国を代表するバラ育種会社が一堂に会する“世界有数のバラの祭典”で、ドーム内は100万輪のバラとその香りに包まれる空間となる。

 このイベントに毎年出展しているホンダ、今年は「調和(harmony)〜素晴らしき人生をHondaと共に〜」がブースコンセプト。アメリカに続き欧州でも販売を開始、日本への導入も予定されているロボット芝刈機が参考出品される他、夏に発売予定のハンディタイプ蓄電機、さらには耕運機や発電機といったガーデンライフを彩る汎用製品が、毎年お馴染みとなっているチョークペイントを使用してデザインされた家屋で展示されている。加えて軽乗用車・N-BOX SLASH と二輪車・リトルカブの演出も見どころ。



ロボット芝刈機「ミーモ(Miimo)」は、庭の外縁に埋め込んだエリアワイヤー内を、あらかじめ設定した日時に自動で刈り取り作業を行ってくれるというもの。バッテリー残量が少ないことを検知すると自動で充電ステーションに戻り充電する。アメリカ、欧州に続き日本でも発売予定。 ショウモデルとして各部にバラのイラストが散りばめられたリトルカブ(ボディカラーはプコブルー×ココナッツホワイト)。ほんわかとした雰囲気がガーデンライフのモビリティとして最適。現行モデルを手に入れるのは今がチャンス!?


チョークペイントでカラーリングされたガスパワー発電機「エネポ EU9iGB」。 待望のハンディタイプ蓄電機「リベイドE500」は夏に発売予定。場所を選ばず最大500Wの電気を使うことができる。
今回の「国際バラとガーデニングショウ」の見どころは、英国のガーデンデザイナーであるマーク・チャップマンによる会場入り口のバラの色彩と香りに包まれたローズファウンテン「ウェルカムガーデン」、モダンロース150年の歴史をバラに包まれながら通り抜けできる「バラのタイムトンネル」、勅使河原茜による「世界最大のバラのいけばな」などなど満載。会場:メットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)  会期:2017年5月12日(金)~17日(水) 9時30分~17時30分(入場は終了の30分前まで。最終日は17時終了) 入場料:大人2,200円(当日券 中学生以上。小学生以下は無料)

国際バラとガーデニングショウ
http://www.bara21.jp/

2017年5月10日 

■モニターキャンペーンもあり! トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「オールクラシックフェアー」

 トライアンフモーターサイクルの Icon(象徴)のひとつであるクラシックシリーズは、搭載される水冷バーチカルツインエンジンが革新的な進化を遂げても哲学は変わることなく継承され、クラシックビンテージの装いを身にまといデビュー。STREET TWIN、BONNEVILLE T120/BLACK、THRUXTON/R、STREET CUP、BONNEVILLE T100/BLACK、BONNEVILLE BOBBER、そしてSTREET SCRAMBLER と ニュークラシックシリーズも勢ぞろいし、そのすべてを「見て、 感じて、体験」できるフェアーが全国のトライアンフ正規販売店にて5月13日(土)より6月25日(日)までの期間実施される。

 フェアー期間中に来店、アンケートに回答すると「オールクラシック トライアンフトランプ」(絵柄はすべてクラシックシリーズ)をプレゼント(数に限りあり)。また、新車のクラシックシリーズ成約者には、バイクのシートに装着できるシートバッグ、日常使いのリュックサック、ボストンバッグと3通りの使い方ができる「ACE CAFÉ LONDON オリジナルのシートバッグ」をプレゼント。



「オールクラシック トライアンフトランプ」 「ACE CAFÉ LONDON オリジナルのシートバッグ」


 一方、5 月13 日(土)から6月18 日(日) までの期間、クラシックシリーズが1か月無料でモニター仕様ができるキャンペーンを実施 。モニター車種 はSTREET TWIN、STREET CUP、STREET SCRAMBLER、 BONNEVILLE T100、BONNEVILLE T120 Black、BONNEVILLE BOBBER、THRUXTON Rの計7車種。応募方法は トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンのHP、SNSにある募集要項専⽤サイトより申込み。抽選で計7名にそれぞれ 1 車種をモニター貸与される。モニター貸出期間は2017 年7月8日(土)~8月6日(日)となっている。

http://www.triumphmotorcycles.jp/

2017年5月9日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン横浜戸塚」

 ハーレーダビッドソン(H-D)のグローバル基準に適合した最新ストアデザインプログラムを横浜エリアで初採用、次世代型店舗として5月13日(土)オープン。船をイメージした建物は、アメリカのH-D本社のように外壁にレンガのイメージを取り入れ重厚感ある仕上がりに。横浜新道・戸塚料金所より小田原方面へ約2kmの国道一号線沿いという交通量の多い環境ながら周辺には緑も多く、休憩スペースとウッドデッキを併設。気軽に立ち寄りやすい環境も整えられ、メンテナンスやカスタマイズなどの作業の待ち時間に活用される。6月25日(日)まではオープン記念の限定特典として●福袋発売(数量限定)●期間中の成約者に「GoPro」プレゼント(数量限定)●パーツやウェア3 万円以上の購入で「BLUE SKY HEAVEN」チケットプレゼント(5/19 まで) 、などを用意。また、二輪免許を持っていなくてもハーレー乗車体験ができる「ジャンプスタート」の設置、フリードリンクサービスなどもあり。

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3153-53
TEL:045-443-8019
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日
http://harleydavidson-yokohamatotsuka.com/

2017年5月8日 

■TRICK STAR「イカヅチ作戦」が進行中

 昨年9月の開幕戦・ボルドール24時間では3位を獲得、先日行われたル・マン24時間では不運のアクシデントにより12位と、2016-17シーズンの世界耐久選手権(EWC)にフル参戦中、鶴田竜二監督率いる「TRICK STAR(トリックスター)」。現在、世界耐久チャンピオンになるという目標を応援してくれるサポーター1万人を集う企画「イカヅチ作戦」が進行中だ(募集期間は2017年11月30日まで)。

 この企画、「小さなプライベートチームでも沢山の人の力が集まれば、常識をひっくり返す事が出来る! それをチームとファンが一体になり証明しようとする作戦」で、チームとサポーターが一体になり、力を合わせ夢に向かって走らせる、 というもの。

 鶴田監督曰く「正直、プライベートチームにとって、世界戦にフル参戦するということは、とてもハードルが高い挑戦です。資金難であることから、多くの方の支援を頂きたいと願っています。 そして、ひとりでも多くの人に、こんな無謀な挑戦をしている人間がいることを知ってほしい。それは、モータースポーツの魅力を、多くの人に伝えることにつながることだと信じるからです。だから、前を向いて『助けてほしい、ひとりでも多くの人と感動を共有したい』と、この作戦 を実行します。こんな作戦があるということをお伝え願えればと思います。活動報告もさせて 頂きますので、この作戦を見守って頂きたくお願いします」

 企画に賛同したサポーターは1,000円でメンバーズカードを購入、カードに記載されているQRコードからイカヅチ作戦特設サイト内にある登録サイトから自身で会員登録。 その際に任意でサポーター名(ハンドルネーム・本名)を掲示、これでオフィシャルサポーターとして登録完了となる。

 さらに、イカヅチ作戦オフィシャルサポートグッズ等を購入、特設サイトやチームの Facebook などSNSサイトで応援メッセージを送り、サポーター同士チームを盛り上げていくことが作戦遂行となる。詳細は下記サイトへ。

イカヅチ作戦
http://ikazuchi.world/

2017年5月8日 

■JAF「名車図鑑」で懐かしいバイクのエンジン音や排気音を公開中

 大型バイクから原付までを対象とするロードサービスも行っているJAF(一般社団法人 日本自動車連盟)。ウェブサイトでは“楽しくバイクに乗ろう”をコンセプト としたライダー向けコンテンツ「Happy Bike!!」も展開中だ。

 新たに公開が始まった「名車図鑑」はバイクの音を楽しむコンテンツで、40~50代にとって懐かしいバイクの紹介と、そのエンジン音や排気音を楽しむことができるというもの。現在、公開されている車両は以下の8台。

①スズキGSX750Sカタナ3型(空冷4ストローク直列4気筒)
②ビューエルXB12R(空冷4ストロークⅤ型2気筒)
③ホンダNSR250R(水冷2ストローク90°V型2気筒)
④カワサキZ400FX(空冷4ストローク直列4気筒)
⑤ヤマハRZ350(水冷2ストローク並列2気筒)
⑥ホンダCBX1000(空冷4ストローク直列6気筒)
⑦ドゥカティ900MHR(空冷4ストローク90°L型2気筒)
⑧BMW R80(空冷4ストローク水平対向2気筒)

名車図鑑
http://www.jaf.or.jp/happybike/zukan/

2017年5月6日 

■「エアフリーコンセプト」が新たなサイクルライフを提案、技術は様々なカテゴリーのタイヤへ発展も

 「エアフリーコンセプト」とは、タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることでタイヤへの空気充填を不要とする、ブリヂストンが環境と安全を高次元で達成させることを追求した技術。材料にリサイクル可能な樹脂やゴムを使用することで、資源の効率的な活用にもつながるという利点ももち、2013年の東京モーターショーに出展され話題となった。

 そんなエアフリーコンセプトがさらに進化。ブリヂストンサイクルと共に次世代の自転車用タイヤを開発、市場性評価などを進め、2019年の実用化を目指すという。

 今回開発されたパンクの心配のない自転車用タイヤは、スポークに使用する樹脂ならではのデザイン自由度を最大限に活かして、従来にない次世代型自転車の提案が可能に。今後、エアフリーコンセプトを用いたタイヤを装着した自転車の試乗会などが予定され、 エンドユーザーの意見も取り入れながら実用化に向けた検討が進められる。



2017年5月3日 

■創業以来の多くの製品と現在のクルマづくりの様子を展示する“聖地”、充実した学びの場へ

 2009年4月1日に静岡県浜松市にあるスズキ本社前にオープンして以来、「スズキ歴史館」(オープン当時の取材の模様はコチラ)が2017年4月23日に開館から8年で累計来場者数が50万人に達成。同日、50万人目となった来場家族に、スズキの鈴木俊宏社長より記念品が贈呈された。

 「スズキ歴史館」は1909年に創業、1920年に織機メーカーとして設立以来のスズキの歴史や多くの製品、そして二輪車、四輪車、船外機など様々な製品を世界各国で生産・販売する“ものづくり”にかける情熱を紹介。今後もさらに多くの人々が来館できるよう、展示内容やイベントの充実を図っていくという。尚、「スズキ歴史館」の見学は予約制となっている。


鈴木俊宏社長のコメント
「50 万人目の記念すべき来場者をお迎えすることができました。スズキ歴史館は、スズキの歴史やものづくりを紹介するだけでなく浜松・遠州地方の紹介にも取り組んできました。また、小学校の社会科見学で毎年約 12,000 人の小学生の皆様に来館頂いています。これからも子供たちにものづくりに興味を持っていただけるような歴史館にしていきたいと思います。また、学びの場としても充実させていきたいと思っています。これからも応援をよろしくお願い致します」


「スズキ歴史館/SUZUKI PLAZA」概要
所在地:静岡県浜松市南区増楽町 1301
TEL:053-440-2020
開館時間:9時~16時30分(予約制)
休館日:月曜日・年末年始・夏季休暇等
入館料:無料
http://www.suzuki-rekishikan.jp/

2017年5月2日 

■続々登場するニューモデル情報満載、5月のMOTORISE!

 4月より毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。5月は、またまた過去最高となる来場者数を記録した「東京モーターサイクルショー」の特集だ。



 会場からは番組ナビゲーターの中野真矢、アシスタントの下川原利紗がレポート。Part1ではホンダ・ブースを中心に話題のバイクを紹介する。最新スーパースポーツ・CBR1000RR SP試乗の他、セクションコーディネーターの成田 匠氏によるトライアル世界選手権の見どころ解説などもあり。



 Part2ではヤマハ・ブースを巡る他、MT-10 SPやTMAX530試乗の模様もお届け。東京モーターサイクルショーのステージでは山口智充が「ぐっさんのバイク旅」エンディングテーマを熱唱、さらに元SKE48の梅本まどかも登場し、バイク女子会“biko”の話でトークは大盛り上がり!

 放送スケジュールは「Vol-153 東京モーターサイクルショー2017 Part1」が5月5日(5月19日再放送)、「Vol-154 東京モーターサイクルショー2017 Part2」は5月12日(5月26日再放送)となっている。

 5月も情報満載のMOTORISEをお見逃しなく!

MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/917