MBニュース&トピック

 

2012年8月24日 

■「福島支援ツーリング」にスズキブース出展、ABS体験試乗会も実施!

 昨年に続き、今年は9月29日(土)・30日(日)に開催される「第2回福島復興支援ツーリングin会津柳津温泉」は、福島県内にて風評被害の影響を受けている観光地へ行き、支援を行うと同時に、風評被害に対し安全のアピールを実施しようというもの。

 内容は福島県柳津町(柳津温泉)での1泊、及び「道の駅・会津柳津」でのイベントなど。会場ではライブ演奏といった地元の方々と一緒に参加できるイベントの他、スズキがブース出展。ニューモデル展示やABS体験試乗会などを予定している。

 参加費は1泊2食付12,000円(飲み物類は別途。モスバーガー系列、四季の旬菜料理「あえん」にて利用可能な3,000円分の食事券付帯)。

 今後の詳細、不明な点、問い合わせ、申し込みは下記にて。

問:福島復興支援ツーリング実行委員会 (ヤングオート内) TEL 042-375-1261
http://www.young-auto.co.jp/fukushima/

2012年8月23日 

■ドヴィツィオーゾ、来季はドゥカティ・ワークスへ!

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Andrea Dovizioso )

 昨年のホンダから今年はヤマハに乗り換え、現在MotoGPクラスでポイントランキング4位と奮闘中のアンドレア・ドヴィツィオーゾがドゥカティと2年契約を締結。2013年と2014年シーズン、彼の母国のモーターサイクル・ブランドの名が入るスーツを着ることになった。

ドゥカティ社長 ガブリエーレ・デル・トルキオのコメント
「アンドレア・ドヴィツィオーゾとの契約が合意に達したことは、ドゥカティのDNA と長い伝統の中で、積極的かつ戦略的な役割を担っているレースに対するドゥカティの真剣な取り組みを示すものです。私たちはMotoGP 世界選手権に立ち向かうために最善の努力を払っており、その戦いにアンドレアを迎えることは大きな喜びです。私達は、契約を更新したニッキー・ヘイデンと共に、私達の努力、私達のパートナー、スポンサーや、どのようなときでもドゥカティを常に応援してくれるファンの皆様の信頼に報いるために戦い、素晴らしい結果を残して、MotoGP 開発プログラムをさらに前進させることができると確信しています」

ドゥカティ・コルセ・ゼネラルマネージャー フィリッポ・プレジオーシのコメント
「アンドレアの技術的センスとテストライディングによるマシンの開発力は、彼の才能やレースに対する決意と同様に定評があります。アンドレアがチームに加わることによって得られる知識や、彼との共同作業は、私達のMotoGP プロジェクトの成長と開発のための、さらなる刺激となるでしょう。彼がドゥカティ・チームに加わるという結論を出してくれたことを嬉しく思っています。彼はやるべき仕事を認識しており、情熱と自信を持ってその仕事に臨むでしょう。これは、チャレンジングなMotoGP 世界選手権で戦って成功を収めるための基本的な条件なのです」

アンドレア・ドヴィツィオーゾのプロフィール
レースナンバー: 4
年齢:26(1986 年3 月23 日、イタリア・フォルリンポーポリ生まれ)
GP 参戦回数: 179(81 x MotoGP、49 x 250cc、49 x 125cc)
GP 初参戦: イタリアGP、2001(125cc)
GP 優勝回数: 10(1 x MotoGP、4 x 250cc、5 x 125cc)
GP 表彰台: 62(21 x MotoGP、26 x 250cc、15 x 125cc)
GP 初優勝: 南アフリカGP、2004(125cc)
GP ポールポジション: 14(1 x MotoGP、4 x 250cc、9 x 125cc)
GP 初ポール: フランスGP、2003(125cc)
GP 世界タイトル: 1(2004、125cc)

ドヴィツィオーゾ(♯4)は今季、ヤマハ・テック3へ移籍。サテライトチームながら現在、ワークス勢に次ぐランキング4位と奮闘中。来季はヘイデン(♯69)とチームメイトとなる。

2012年8月22日 

■綾瀬はるか主演「映画 ひみつのアッコちゃん」を見るとライディングギアが10%オフに!

 「映画 ひみつのアッコちゃん」 (c)赤塚不二夫/2012「映画 ひみつのアッコちゃん」製作委員会 9月1日(土)全国ロードショー

 アレンネス、ベリックの取り扱いでお馴染み、ボスコ・モトが9月1日(土)より開催するのは「『映画 ひみつのアッコちゃん』公開記念、特別協賛キャンペーン」。ボスコ・モト全店の店頭で映画の半券を見せると定価・アウトレット商品、ハードギア・カジュアル・小物を問わず、販売価格より全品10%オフとなるというキャンペーンだ。

 で、対象となる映画はというと赤塚不二夫原作「ひみつのアッコちゃん」。1960年代に少女漫画誌に連載されて大ヒット、アニメ化されてからは当時の男の子まで夢中になった名作だ。
 
 魔法のコンパクトで何にでも変身できる主役のアッコちゃんを演じるのは綾瀬はるか。作品の中には、彼女のために作られたスペシャル仕様のベリック・レーシングスーツも登場する。

 映画を観て、さらにお得なキャンペーンを見逃すな!

ボスコ・モト
http://www.bosco-moto.com/

2012年8月21日 

■すべてのブランド・オーナーが楽しめる「KTM ORANGE FESTIVAL」

 9月29日(土)・30日(日)の2日間、いなべモータースポーツランド(三重県いなべ市員弁町市之原東谷160)にて、すべてのモーターサイクルファンを対象に開催。昨年12月の名阪スポーツランドに続くイベントだ。

 専用オフロード&エンデューロコースを使用してのKTM最新モデル試乗会や、同コースを使用しての愛車持ち込み走行会、周辺一般道でのフルライン・オンロード試乗会をはじめ、プロライダーによるオフロード・ライディングレッスン、ミステリーツーリング企画など、オンとオフのマシンを楽しめる様々なコンテンツを用意。またKTMのイベントではすっかりお馴染み、エクストリーム・デモ・ライドショーも行われる。
 
 参加費は無料。KTM以外の車両持ち込みの場合、コース走行など一部有料コンテンツあり。申し込みはお近くのKTM正規ディーラーにて。

問:KTM JAPAN TEL 03-3527-8885
http://www.ktm-japan.co.jp/

 

2012年8月20日 

■クルマ、バイクにまったく興味がない人こそ遊びにきてほしい「お台場学園祭2012」

 10月6日(土)から14日(日)までの土日祝を中心に、臨海副都心地域の各所(お台場エリア)にて実施予定。

 目指したのは「大人から子どもまで誰もがワイワイ盛り上げれる“学園祭”」。

 普段はライバルであるメーカーの壁を越え、乗用車メーカー8社と二輪車メーカー3社、臨海副都心まちづくり協議会が一緒に知恵を集め、イベントを企画。東京モーターショーの前年にあたる今年の秋、ひとりでも多くの人にクルマファン、バイクファンになってもらえるよう、来場者が一日楽しめる様々な仕掛けを用意するという。

 尚「お台場学園祭2012」の詳細については9月下旬に発表予定とのこと。

日本自動車工業会
http://www.jama.or.jp/

2012年8月17日 

■スズキ「GSR250 乗ってクレジットキャンペーン」

 今、話題沸騰中のグローバル・スポーツ、スズキGSR250が気になる人にお知らせ。今が購入チャンスのキャンペーンを実施中だ。

 2013年1月31日までの期間、GSR250の新車を成約すると、1.9%の特別金利(48回支払いまで)スズキクレジットが利用できるというもの。実質年率1.9%だと、月々5000円(※)からのラクラク支払いが可能となる。

 詳細は販売店にて。

※2回目以降の支払い額

GSR250 乗ってクレジットキャンペーン
http://www1.suzuki.co.jp/motor/campaign/gsr250/

2012年8月16日 

■アメリカの歴史あるイベントでドゥカティ3連覇達成!

優勝したカーリン・ダン。遂にバイクで10分の壁を破った。

 8月12日、アメリカのコロラド州で開催された「2012パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」。初開催は1916年という大変歴史あるモータースポーツ・イベントは、標高2,862mのスタートラインから同4,301mのゴールまでのタイムを競うものだ。

 そんな“雲に向かうレース”で、カーリン・ダンがドゥカティ・ムルティストラーダ1200Sを駆り、コースレコードを更新。圧勝的な勝利を飾り、ドゥカティは3連覇を達成した。

 今年から路面がオールターマック(全舗装)となったことで、ダンのタイムは90年以上の歴史を誇るパイクスピーク史上初めて、モーターサイクルで10分の壁を破る9分52秒819を記録。ヘアピンや複合など計156のコーナーをクリアし、上りのストレートでは最高速が230km/hに達したという。6度の優勝経験を誇るチームメイトのグレッグ・トレーシーは6秒差の9分58秒262だった。

「非常に感慨深い1 日になりました。スパイダーグリップス・ドゥカティ・チームは、パイクスピークに向けて1 年もの間、ハードワークを続けてきました。その成果が10 分を切る新記録に繋がったのです。この偉業を誇りに感じています。私達が勝者であり、しかも再び新記録を樹立したと聞いた瞬間は、思わず言葉を失いました。1-2 フィニッシュという結果は、ドゥカティ・ムルティストラーダ1200S がパイクスピークにふさわしい究極のマシンであることを証明しています」と、勝者のダンは語る。

 一方、ドゥカティ・ノースアメリカ・ゼネラルマネージャーのドミニク・チェラキはレース後、以下のコメントを残した。

6秒差の2位となったグレッグ・トレーシー。ムルティストラーダ1200Sの1-2フィニッシュとなった。

「世界中のドゥカティスタが、カーリン・ダンとスパイダーグリップス・ドゥカティ・チームの勝利を祝ってくれています。今回の勝利は私達にとっても非常に誇らしいことです。オンロード/オフロード双方のポテンシャル、クラストップレベルのエルゴノミクス、優れたハンドリングとパフォーマンスを示すため、私達は3 年前に、パイクスピークのマシンにムルティストラーダ1200S を選択しました。2012 年からコースがフルターマックになると聞かされていましたが、ムルティストラーダ1200S が適切な選択肢であることにまったく疑いを持ちませんでした。今日、驚異的な新記録によって、その判断の正しさが証明されました」

2012年8月15日 

■旧き良き時代を肌で感じる「2012@グッドオールデイズ」

 ツインリンクもてぎ毎年秋の恒例イベント「グッドオールデイズ」が9月23日(日)に開催される。旧き良き時代に活躍したバイクに焦点をあてた走行イベント(スポーツ走行)、パーツやグッズを中心としたフリーマーケットなど、ヒストリックファンはもちろん、誰もが楽しめる年に一度のお祭りだ。

 今回の走行イベントはグッドオールデイズにとって初めてフルコースを使用。西コースではHonda Collection Hall所蔵車両によるレーシングマシンのデモンストレーション走行も行われる。

 また、第1パドックのピット内では1962年(50年前)に生産されたCR110、93、77、72を中心とした「Honda CRオーナーズミーティング」も開催される。

問:ツインリンクもてぎ グッドオールデイズ事務局 TEL 0285-64-0200
http://www.twinring.jp/

2012年8月13日 

■秋のツーリング、高速道路各社“乗り放題”キャンペーンはいかが!?

 絶好のツーリング・シーズンとなる秋、高速道路各社が展開中のお得なキャンペーンを利用してみてはいかがだろうか? 各プラン、ETC車限定。事前にWEBサイトからアクセス、利用日を指定し、画面案内に従って申し込み手続きをする必要がある。


●NEXCO東日本エリア

「東北復興観光支援パス」
周遊エリア内(東北各県の指定された高速道路)が乗り放題に。
期間:8月18日(土)から10月28日(日)までの土・日・祝日のうち連続する最大2日間
料金:東北周遊プラン 普通車3,500円 軽自動車・二輪車2,800円
   首都圏発着プラン 普通車7,500円 軽自動車・二輪車6,000円
http://www.driveplaza.com/travel/2012_tohoku_cam/

「夕張・むかわ・占冠立寄りパス」
途中、立寄りIC(夕張、むかわ穂別、占冠、トマムのいずれかのICのうち指定する1ヶ所)で一度降りて乗り直しても、直通料金で利用可能。IC周辺の優待施設での割引、抽選会、アンケートプレゼント(抽選)など4つの「おトク」が受けられる。
期間:10月28日(日)までの土・日・祝日のうち1日間
http://www.driveplaza.com/travel/2012_tachiyori/

「北海道ETC夏トクふりーぱす」
北海道の高速道路(道央、深川留萌、札幌、日高、道東自動車道)が乗り放題に。
期間:10月29日(月)までの金・土・日・月・祝日などのうち連続する最大3日間
料金:普通車4,950円 軽自動車・二輪車3,950円
http://www.driveplaza.com/travel/2012_natsutoku/

問:NEXCO東日本 お客さまセンター TEL 0570-024-024(ナビダイヤル。PHS・IP電話からは03-5338-7524) 
http://www.e-nexco.co.jp/




●NEXCO中日本エリア

「まるごと静岡ドライブプラン」
新東名を含む静岡県エリアの高速道路が乗り放題に。
期間:9月30日(日)までの最大2~3日間(8月10日から19日は除く)
料金:東京エリア発着コース 普通車6,200円 軽自動車・二輪車4,700円(最大3日間)
   名古屋エリア発着コース 普通車6,400円 軽自動車・二輪車4,800円(最大3日間)
   静岡エリア内乗り降り自由コース 普通車3,500円 軽自動車・二輪車2,600円(最大2日間)
http://www.c-nexco.co.jp/drive/kikaku/shizuoka1201.html

「清流の国『ぎふ』ドライブプラン」
東京発着エリア~周遊エリアまでの往復+周遊エリア内が乗り降り自由に。周遊エリア内乗り放題のみのコースもあり。
期間:10月31日(水)までの連続する最大2~3日間(8月10日から19日は除く)
料金:東京発着エリアコース 普通車10,300円 軽自動車・二輪車8,200円(連続する最大3日間)
   周遊エリア内乗り放題コース 普通車3,800円 軽自動車・二輪車3,000円(連続する最大2日間)
http://www.c-nexco.co.jp/drive/kikaku/seiryu_gifu.html

問:NEXCO中日本 お客さまセンター TEL 0120-922-229(フリーダイヤル。PHS、IP電話からは052-223-0333)
http://www.c-nexco.co.jp/




●NEXCO西日本エリア

「ぶらり『ひろしま・しまね・とっとり』3DAYSフリーパス」
各発着エリア~周遊エリアの1往復+周遊エリア内が乗り降り自由に。
期間:11月30日(金)までの連続する最大3日間有効(8月10日から19日は除く)
料金:阪神エリア発着プラン 普通車8,500円 軽自動車・二輪車7,000円
   高松エリア発着プラン(瀬戸中央道料金含まず) 普通車6,000円 軽自動車・二輪車4,500円
   北九州エリア発着プラン 普通車9,000円 軽自動車・二輪車7,500円
   福岡エリア発着プラン 普通車10,000円 軽自動車・二輪車8,000円
http://www.michitabi.com/roundtour/chugoku1206/

「あっわぁ! 発見伝 徳島周遊フリーパス」
各発着エリア~徳島周遊エリアの1往復+徳島周遊エリア内が乗り降り自由に。
期間:8月31日(金)~12月17日(月)の金・土・日・月・祝日のうち連続する最大3日間有効
料金:関西エリア発着プラン 普通車3,600円 軽自動車・二輪車2,900円
   岡山エリア発着プラン 普通車3,600円 軽自動車・二輪車2,900円
   広島エリア発着プラン 普通車5,900円 軽自動車・二輪車4,700円
   愛媛エリア発着プラン 普通車4,400円 軽自動車・二輪車3,500円
   高知エリア発着プラン 普通車3,900円 軽自動車・二輪車3,100円
※割引プラン料金の他に、本四高速料金が別途必要
http://www.michitabi.com/roundtour/tokushima1208/

「ETC丹後若狭路 周遊フリーパス」
関西発着エリア~丹後若狭路周遊エリアの1往復+丹後若狭路周遊エリア内が乗り降り自由に。
期間:9月1日(土)~12月21日(金)のうち連続する最大3日間有効
料金:普通車6,000円、軽自動車・二輪車5,000円
http://www.michitabi.com/roundtour/kyoto1208/

「高速乗ったら、ひゅ~んなんよ! ETC愛媛周遊フリーパス」
各発着エリア~愛媛周遊エリアの1往復+愛媛周遊エリア内が乗り降り自由に。
期間:9月7日(金)~11月5日(月)の金・土・日・月・祝日のうち連続する最大3日間有効
料金:関西エリア発着プラン 普通車7,800円 軽自動車・二輪車6,200円
   中国エリア発着プラン 普通車5,300円 軽自動車・二輪車4,200円
   四国エリア発着プラン 普通車5,300円 軽自動車・二輪車4,200円
※割引プラン料金の他に、本四高速料金が別途必要
http://www.michitabi.com/roundtour/shikoku1206/

問:NEXCO西日本 お客さまセンター TEL 0120-924863(フリーダイヤル。IP電話などからは06-6876-9031) 
http://www.w-nexco.co.jp/

2012年8月10日 

■遂に結論! ロッシ、ヤマハに復帰!!

2009年4月、日本GP前のイベント会場にて

 長いこと世界中でウワサとなっていたMotoGPのスーパースター、バレンティーノ・ロッシ来季の去就だが、今まで4度チャンピオンを獲得しているヤマハで戦うことが本日、正式に発表された。

 以下、ヤマハ発動機からのプレスリリースを紹介。




バレンティーノ・ロッシ選手との契約について

 ヤマハ発動機株式会社は、バレンティーノ・ロッシ選手と2年契約を締結しました。ロッシ選手は2013年、2014年とMotoGPヤマハファクトリーチームのライダーとしてMotoGPに参戦します。

 ロッシ選手は2004年に初めてヤマハに加入し、2004~2005年と2008~2009年の4シーズンにわたり、YZR-M1で世界チャンピオンに輝いています。また2010年末に一旦ピリオドを打つまで、ヤマハでの7年間で通算46回の勝利を積み重ねました。今シーズン、全18戦中の10戦を終えた時点で、ロッシ選手のランキングは8位。そして、そのロッシ選手のパートナーとなるのは、今シーズン5勝を飾り、2位と23点差で現在ランキング首位につけているホルヘ・ロレンソ選手です。

リン・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)談

 「6月にホルヘとの2013年から2014年までの2年間の契約更改をアナウンスしたばかりですが、再びこのような素晴らしいニュースを発表できることをとても喜んでいます。これで来シーズンから2年間、バレンティーノが加わることで、さらにヤマハ・ブランドを高め、チャンピオンシップの獲得をめざす強力なチームとなります。

 私たちは2008年から2010年の3年間、ホルヘ、バレンティーノを擁する“スーパーチーム”のもとで三冠(ライダー、チーム、コンストラクター)を獲得しました。次なる目標は明白、自分たちのゴールに向かって最善を尽くしていきます。この2人の偉大なチャンピオンライダーの経験、知識、スキル、速さがあれば、間違いなくMotoGPでの更なる勝利、そして2013年、2014年のチャンピオンシップ獲得に向かって挑戦していけるでしょう。

 バレンティーノとの契約締結により、MotoGPヤマハファクトリーチームの今後のレースプランが確定しましたので、あとは今シーズン残りのレースにおいて、ホルヘとベンの勝利、そしてホルヘのタイトル獲得へ向け、100%注力していきます」

2010年バレンシアGP、YZR-M1での最後のレース