MBニュース&トピック

 

2012年4月25日 

■北海道二輪車協会「2012バイクマイレージin北海道」他、参加者募集!

 今年も開催される「バイクマイレージin北海道」は、距離1km走行毎に1ポイントを加算。さらに「マイレージ対象14イベント」+「販売店2イベント」の参加ポイントによる合計ポイント数の上位者に豪華賞品を贈呈。協賛販売店でエントリーする仕組みで、受付開始は5月1日(火)から、開催期間は6月1日から9月30日までとなっている。

 「サマーツーリング2012 in洞爺湖」は6月9日(土)・10日(日)開催。販売店やクラブでのツーリングを楽しんだ後、会場となる洞爺サンパレスに集合し、ライダーズパーティで盛り上がろうというイベントだ。参加費は11,500円(小学生は9,500円。一泊二食付 定員300名)。会員販売店経由での参加申し込みとなる。申し込み期間は5月1日(火)から25日(金)まで。

 7月8日(日)の9時から11時開催「バイクにフレンドシップinさっぽろ」は、北海道警察の後援で赤レンガ前広場~道庁までを交通安全パレード。今年もパレードの隊長は、バイク月間親善大使の平忠彦氏を予定。募集参加人数は120名で、会員販売店、北海道二輪車協会にて5月1日(火)から6月20日(水)まで参加申し込み受付。

 以上、詳細は下記にて。

問: 北海道二輪車協会 TEL 011-768-4112
http://mpse.jp/nmca/c.p?52caza2gvL

2012年4月24日 

■女性は無料!! “ねるとん走行会”こと「あいドリ」の参加者を大募集中!

 中古パーツ&用品でお馴染みのアップガレージ主催「あいドリ」とは、ドリフトコースを舞台に男性が女性を前に自慢の愛車で華麗なテクニックをアピール。告白タイムを経て、上手くいけばカップル成立! という“ドリフト合コン”だ。

 そこで、富士スピードウェイのドリフトコースで6月2日(土)に開催される“史上初”のイベントの参加者を現在募集中。

 当日のスケジュール、男性は8時30分から受付開始、9時から練習走行。女性は8時30分に無料送迎バスで渋谷を出発。11時より、男女参加者が富士スピードウェイに合流したところでアピールタイム(走行)、ラブラブ定常円(プロフィール交換タイム)、フリータイム(昼食)&同乗走行タイム(通常運転)を経て、15時より告白タイム! 終了(予定)は17時(無料送迎バスは19時30分渋谷到着)となっている。

 参加費は男性12,000円(税・昼食・保険代込 入場料1,000円別)、女性無料(昼食・保険代・入場料は主催者負担。渋谷から無料送迎バスあり)。

 詳細、参加希望者(男女共)はコチラ またはコチラ へ。募集期間は5月20日まで。

あいドリ事務局
e-mail:aidori@upgarage.com

2012年4月24日 

■東北復興支援「フリーマーケットキャンプミーティングin吹上高原キャンプ場」

 6月16日(土)・17日(日)の2日間、宮城県鳴子温泉・吹上高原キャンプ場(宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字本宮原23-89)にて開催。小雨決行、台風・大雨の場合は中止。

 「キャンプ&フリーマーケット&旅仲間との親睦=ちょっぴり復興支援。そんな集いを開きます」というコンセプトのミーティングで、参加条件は①1人最低1個フリマに出展②キャンプで一泊。

 フリーマケットの収益は、全額震災の支援金として寄付される。参加にはキャンプ場の利用料が必要で、バイクで参加の場合1,000円(1人)、クルマで参加の場合は3,000円(4人)となっている。

 その他、詳細はウェブサイトにて。

問:オフィスタンクバッグ TEL 0198-23-0838
http://www.tabikaze.net/rinji/MT2012.html

2012年4月23日 

■スズキ、インドに二輪車新工場建設へ

 スズキは2004年、インドにおいて二輪車の製造・販売を行う「スズキ・モーターサイクル・インディア」(SMIPL)を設立。2006年よりハリアナ州グルガオン工場で生産を開始している。

 しかしインドの二輪車市場は2011年度に1,300万台を超え、今後も拡大する見通しだという。現在スクーター2機種、モーターサイクル2機種を生産しており、2011年度の生産実績は前年比122%の35万台というSMIPLは、スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」が四輪車のR&D施設を建設するために保有するハリアナ州ロータックの敷地の一部約40万㎡を使用。二輪車および二輪車部品製造工場を新たに建設することで、州政府の認可を取得した。

 SMIPLがマルチ・スズキ社からこの土地を借りて建設する新工場は2014年中に完成予定。生産能力は50万台で、その後の市場の拡大に合わせ順次補強していく計画とのこと。

スズキ・モーターサイクル・インディア社の概要
社名:Suzuki Motorcycle India Private Ltd.
所在地:ハリアナ州グルガオン
設立:2004年7月(生産開始:2006年2月)
資本金:7,815百万ルピー
出資比率:スズキ100%
会長兼総責任者 :橋本淳
生産・販売モデル :Access(UZ125)、Swish(UP125)、Sling Shot Plus(GT125)、GS150R
http://www.suzukimotorcycle.co.in/

2012年4月23日 

■新装レーシングコースも満喫!「カワサキコーヒーブレイクミーティングinオートポリス」

 4月15日(日)、九州・大分のオートポリスで今年第1回のカワサキコーヒーブレイクミーティング(KCBM)が開催された。春を感じさせる晴天の下、945名以上のライダーが集まる。

 コーヒー片手にバイク仲間と集うという、すっかりお馴染みとなったKCBMだが、今回はリニューアルとなった国際レーシングコースを無料でパレードラン出来るという目玉企画を用意! 約500台のバイクがあまり走る機会のない真新しい路面のサーキットを楽しんだようだ。

 もちろん、毎回お楽しみのステージイベントも開催。参加者の中から最年少のルーキー賞、最年長のシルバー賞が選ばれた他、誕生日を迎えた人にはグッズも贈られる。そして豪華賞品が当たるジャンケン大会でも大盛り上がり! 最後は集合写真を撮影し、無事、全過程終了となった。

 尚、次回以降のKCBM開催地はKAZEのホームページ にて近日発表予定。今度は東日本のライダーの参加を待っている!

カワサキライダーズクラブ・KAZE
http://www.kawasaki-motors.com/kaze/

2012年4月20日 

■昨年に続き、東日本大震災復興支援イベントとして開催「14th National R.A.T.“HEART”Rally in Japan」

 トライアンフ ジャパンが年に一度のナショナルオーナーズイベントとして5月27日(日)、車山高原スキー場 第4駐車場 特設会場 (長野県茅野市北山3413グラウンド)にて開催。時間は13時から14時30分(受付時間11時~)。

 「ライダーの皆さまと一緒に、ささやかでもできることを形にして被災地の方々に届けたい」という思いから、昨年に続き今年も東日本大震災復興支援イベントとして開催される。イベントの主旨に賛同する人ならばトライアンフオーナーのみならず、誰でも参加OKだ。

 会場では集合記念撮影、チャリティオークション、車両展示会の他、八ヶ岳泉龍太鼓 の特別公演が予定されている。参加費は1,500円(参加記念品としてオリジナルサイドスタンドプレート付)。

トライアンフ ジャパン
http://www.triumphmotorcycles.jp/

2012年4月19日 

■若き“カワサキ使い”、晴天の下160名超が集う

 昨年より始まった「カワサキオーナーズU29ミーティング」は20歳代までのカワサキ車オーナーが対象のイベント。今年第一回目となるミーティングが4月8日(日)、東京のお台場エリアで開催された。

 会場には2012年国内モデルや、カワサキのフラッグシップたるNinja ZX-14R、さらには全日本の最高峰クラス・JSB1000に参戦するZX-10Rなどを展示。お気に入りモデルの傍らでバイク談義に花を咲かせるライダーで賑わう。

 ステージでは来場者の愛車自慢を実施、それぞれが熱い思いを存分に語る。またKAZEギャルとの記念撮影やカワサキ○×クイズ、ジャンケン大会などで大いに盛り上がった。尚、今回のミーティングには160名を超える若きカワサキ使いが集まった。

 次回「カワサキオーナーズU29ミーティング」は近日中にアナウンスされる予定なので、KAZEのホームページを要チェックだ!

カワサキライダーズクラブ・KAZE
http://www.kawasaki-motors.com/kaze/

2012年4月19日 

■ドゥカティ、アウディの傘下に

 4月18日、フォルクスワーゲン・グループの自動車メーカーであるアウディがドゥカティを買収。アウディはランボルギーニなどに次いで、イタリアのプレミアム・ブランドを傘下に収めたことになる。

 ドゥカティのCEO、ガブリエーレ・デル・トルキオは以下のコメントを発表。

「本日、ドゥカティ・モーター・ホールディング社(以下、ドゥカティ社)の所有者移転に関し、アウディ・グループならびにインベストインダストリアル・グループよりアナウンスがなされました事をお伝えいたします。両社のプレスリリースに記述されている所有者移転手続きは、欧州連合競争に関する当局の承認が下りしだい実施され、今後数ヶ月の間に手続きを完了する予定です。私は、アウディ・グループが世界中のマーケットにおけるドゥカティのポジションを、引き続き強化するものと確信しています。また、ドゥカティ社はインベストインダストリアルの傘下に置かれた 2006年以降、大きな成功を収め、優良かつ最も収益の高いモーターサイクルブランドの一つへと転換を遂げましたことがリリース内でも記述されておりますことを申し上げます」

 ドゥカティはメルセデス・ベンツの傘下にあるAMGとパートナーシップを結んでいるが、その後の関係も気になるところ。

2012年4月19日 

■絆も深まる「Jubilo YAMAHA 親子バイク教室」の開催スケジュール決定、特典もあり!

 「Jubilo YAMAHA 親子バイク教室」はバイクを操る喜びや達成感の醸成、親子の絆作りとともに、チャレンジする勇気や努力、ルールやマナーを守る大切さの学習機会とするなど、子どもたちの健全な育成と交通安全教育を目的に開催。

 参加条件は①補助輪無しで自転車に乗る事ができる小学生 ②バイクに跨った状態で両足がつくこと(身長目安115cm以上) ③バイクを支えられること ④参加小学生1名に対し、保護者1名が必ず付き添うこと ⑤親権者の承諾が得られること(事前に誓約書への署名・捺印が必要) 。子どもたちのスキルに合わせて3コースが設定され、専門インストラクターが指導・アドバイスを行う。

 また、子どもたちのバイクに対する興味・関心を高め、スキルアップや深い知識が獲得できるよう「エンジン分解組立教室」とも連動して実施される。

  Jubilo YAMAHA 親子バイク教室の開催日にJリーグ・ジュビロ磐田のホームゲームが行われる場合、チケットを特別価格で購入できる参加者特典も用意。

 現在、決定している開催スケジュールは以下の通り(※はジュビロ磐田ホームゲーム開催)。

●ヤマハ発動機本社グランド:※4月21日(日)、5月19日(土)、※6月16日(土)、9月8日(土)、11月17日(土)

●ヤマハテクニカルセンター:5月27日(日)、6月17日(日)、9月9日(日)、11月4日(日)

●スポーツランドSUGO:4月29日(日)、5月26日(土)、6月17日(日)、7月7日(土)、22日(日)、8月11日(土)、9月29日(土)、10月14日(日)、27日(土)

 申し込み方法、コース内容などの詳細は「親子バイク教室」のウェブサイトhttp://www.yamaha-motor.jp/mc/kids-bike/ へ。

問:ヤマハ発動機 親子バイク教室事務局 TEL 0538-37-4479
 
 

2012年4月17日 

■ヤマハ、“ドリームチーム”で早くも鈴鹿8耐参戦表明

昨年「MONSTER Energy YAMAHA-YART」から鈴鹿8耐を戦った中須賀克行。予選4位を得た。

 7月29日(日)に決勝が行われる、2012 QTEL FIM 世界選手権シリーズ第3戦「“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第35回大会」にエントリーする「MONSTER Energy YAMAHA-YART」(ヤマハ・オーストリア・レーシングチーム)の参戦体制が決定。中須賀克行、芳賀紀行、トミー・ヒルという“YZF-R1使い達”による最強の布陣で戦う。

 全日本ロードレース選手権の最高峰クラス、JSB1000を戦う中須賀は今年の参戦について「個人的には昨年がリタイアに終わっているだけに、YARTのためにも上位で完走することが目標です。今年は芳賀選手とヒル選手という豪華メンバーでの参戦。それぞれ実力が高く、個性も強いライダー達ですが、自分がYZF-R1ライダー最速という自覚を持ち、先頭に立ってチームを引っ張っていきたいと思います。また、8耐はチームで戦うものですから、ライダー間のコンビネーションが大切です。経験豊富な芳賀選手、そして若いヒル選手と互いにバランスをとりながらチームとして高いパフォーマンスを生み出していきたいと思います。ぜひ期待してください」とコメント。

 今年から英国スーパーバイク選手権に戦いの場を移した芳賀にとっては今回で10回目の8耐参戦に。「8耐参戦は、2006年以来となりますが、2006年はマシントラブルで決勝を1度も走ることができず、多くのファンの方々に落胆を与えてしまいました。今回はそのリベンジを果たしたいと思っています。ライダーのラインナップを見ると、十分に上位を狙える体制ですので多くのファンの皆さまに夢と希望を伝えたいと思っています。後は、幸運を祈るだけです」とコメントを残した。

 昨年の英国スーパーバイク選手権チャンピオンであるトミー・ヒルは、今回のライダーの中で最年少。初参戦となる鈴鹿8耐について以下の抱負を語った。「鈴鹿8耐に出場できるのは僕にとって最高のニュース。英国スーパーバイク選手権と同様、ヤマハブランドを担うレースとなりますからね。初めて走る鈴鹿でのレースを、本当に楽しみにしています。自分自身、そしてヤマハのために、上位入賞を目指して頑張りたいと思います」

  MONSTER Energy YAMAHA-YARTを率いるマンディ・カインツ監督は今回の参戦について「ベストYZF-R1ライダーによる“ドリームチーム”とも呼べる体制で、鈴鹿8耐に出場することが決まり大変誇らしく、うれしく思います。レースに賭ける私たちの期待はもちろん非常に高いですが、YARTとしてはヤマハファミリーが一丸となって参戦することに特別な意味があると思います。克行選手が、紀行選手、トミー選手とともに1台のYZF-R1を走らせるわけで、まさにエキサイティングで歴史に残る鈴鹿8耐となるでしょう。もう決勝スタートが待ちきれません」とコメントしている。

中須賀克行


●中須賀 克行 (なかすが かつゆき)
出 身 地: 福岡県
生年月日 :1981年8月9日
所属チーム :YAMAHA YSP Racing Team (ヤマハ・YSP・レーシング・チーム)

鈴鹿8耐成績
2006年: DNF (ペア:中冨伸一)
2007年: DNF (ペア:大崎誠之)
2008年: 5位 (ペア:佐藤裕児)
2011年: DNF (ペア:イゴール・ジャーマン、グウエン・ジャバニ)

芳賀紀行


●芳賀 紀行 (はが のりゆき)
出身地: 愛知県
生年月日 :1975年3月2日
所属チーム :Swan Yamaha team(スワン・ヤマハ・チーム)

鈴鹿8耐成績
1993年: DNF (ペア:松下順一)
1994年: DNF (ペア:平山雅也)
1995年: 22位 (ペア:近藤靖典)
1996年: 優勝 (ペア:コーリン・エドワーズ)
1997年: 17位 (ペア:芳賀健輔)
1998年: 6位 (ペア:サイモン・クラファー)
1999年: 4位 (ペア:レジス・ラコーニ)
2000年: 18位 (ペア:吉川和多留)
2001年: DNF (ペア:アンソニー・ゴバート)
2006年: DNF (ペア:コーリン・エドワーズ)

トミー・ヒル


●トミー・ヒル (Tommy Hill)
国籍 :イギリス
生年月日 :1985年2月9日
所属チーム: Swan Yamaha team(スワン・ヤマハ・チーム)

略歴
2004年から英国スーパーバイク選手権に参戦
2011年英国スーパーバイク選手権 チャンピオン