MBニュース&トピック

 

2012年4月10日 

■ヤマハ・ジョグ、ビーノのリコール(平成24年4月10日届出)

 対象車両は型式JBH-SA39J (通称名:ジョグCE50D )の車台番号SA39J-773177~SA39J-773760 (製作期間:平成23年5月28日~平成23年6月13日 )の584台 、型式JBH-SA39J (通称名:ジョグCE50ZR )の車台番号SA39J-793993~SA39J-794488 (製作期間:平成23年5月30日~平成23年6月13日 )の496台 、型式JBH-SA37J (通称名:ビーノXC50 )の車台番号SA37J-460101~SA37J-460324 (製作期間:平成23年6月3日~平成23年6月20日 )の224台 、型式JBH-SA37J (通称名:ビーノXC50D )の車台番号SA37J-405770~SA37J-406093 (製作期間:平成23年5月28日~平成23年5月31日 )の324台 、車台番号SA37J-470151~SA37J-470450 (製作期間:平成23年6月13日~平成23年6月15日 )の300台 、型式JBH-SA37J (通称名:ビーノモルフェXC50H )の車台番号SA37J-490151~SA37J-490380 (製作期間:平成23年6月13日~平成23年6月20日 )の230台 、計2型式 (5車種)、計2,158台 。

 不具合の部位(部品名) は「制動装置(ブレーキシュー) 」

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 は「ドラム式の制動装置において、ブレーキシューの製造時の作業が不適切なため、ブレーキシューとライニングの接着が不十分なものがある。そのため、ブレーキ操作を繰り返すとライニングが剥がれ、制動時にドラムとシューの隙間に噛み込み、意図した以上の制動力が加わることがあるため、低速時に走行安定性を損なうおそれがある 」というもの。

 改善措置の内容 は「全車両、ブレーキシューの製造日を確認し、対象となるものは、ブレーキシュー一式を良品と交換する 」という。

問:ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口  TEL 0120-133-120
 

2012年4月9日 

■ヤマハのバイクが「復興支援・住宅エコポイント」と交換可能に

「被災地販売店利用 自動車・二輪車共通商品券」(見本)

 4月9日、ヤマハ発動機が「復興支援・住宅エコポイント」 交換商品の提供事業者となった。

 2011年度より国土交通省、環境省により実施されている「復興支援・住宅エコポイント」とは、住宅の省エネ化や住宅市場の活性化、被災地復興支援が目的。一定の要件を満たすエコ住宅の新築、またはエコリフォームに対してポイントを発行し、そのポイントを被災地の商品や、エコ商品などと交換できる制度だ。詳細はコチラhttp://fukko-jutaku.eco-points.jp/ へ。

 ヤマハが 交換商品の提供事業者となることで、復興支援・住宅エコポイント 事務局から送られてくる金券(商品券・購入券)を使い、販売店でヤマハ製品を購入することが可能となった。金券は2種類で、いずれかを選択可能 。

「エコカー 自動車・二輪車共通購入券」(見本)

 復興支援にあたる「被災地販売店利用 自動車・二輪車共通商品券」は、ポイントから全て交換可能。ヤマハ製品はバイク・スクーター全製品、電動アシスト自転車PAS全製品、電動スクーターEC-03が交換の対象となる 。ただし、この金券が使用できるのは、国が定める「特定被災区域」 にある販売店に限定される。

 「エコカー 自動車・二輪車共通購入券」は省エネ・環境配慮商品にあたり、ポイントの半分まで交換可能。ヤマハ製品は125cc以下のスクーター全製品、電動アシスト自転車PASの全製品、電動スクーターEC-03が交換の対象 に。日本全国の取扱販売店で使用できる。

 エコポイントを利用し、ヤマハ製品購入の詳細はコチラ または下記まで。

問:ヤマハ発動機販売『被災地復興支援:住宅エコポイント事業』お客様専用窓口 TEL 03-5713-3816

2012年4月9日 

■ヤマハがインドネシア向けFI・ATコミューター「SOUL GT (ソウル ジーティー)」を現地発売

「ヤマハは、低燃費で経済性に優れた115ccYMJET-FI(※1)エンジンを搭載したAT(オートマチック)コミューター“SOUL GT (ソウル ジーティー)”を2012年4月7日よりインドネシア市場に導入しました。当社は、中期成長戦略“アセアン二輪車事業における商品力・収益力向上”(※2)を担う製品として本年2月より同市場に“Mio J”を導入しましたが、今回の“SOUL GT”はこれに続く第2弾となります。また、現行“Mio SOUL”の後継モデルとなります」。

 インドネシアの二輪車市場は年間約800万台(2011年/ヤマハ調べ)で、そのうちATモデルは約50%を超えている。そんな中、ヤマハが2007年8月から導入した“Mio SOUL”は、低く構えたスタイリッシュな一眼タイプのヘッドライトなどを特色とした男性的フォルムで、特に若い男性ユーザーから人気を博し、累計130万台を販売しているとか。
 今回のこの“SOUL GT”は、新たにスポーティで先鋭的デザインを待ち望む20代男性をターゲットに企画、開発したモデルで、現行車の特色である一眼ヘッドライトを継承しながらもボディデザインを進化させ、鋭い眼差しのヘッドライト部、パワフルさを表現するエアインテーク風のサイドカバー、ダイナミックで個性的なテールライト廻りなど、より力強く、スタイリッシュに仕上げたモデルだ。
 製造・販売は、グループ会社のYIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行い、発売日は4月7日、現地価格は13,900,000ルピア(ジャカルタ、税込み)、日本円にすると約12万5千円(4月9日現在)。販売計画は年間40万台(インドネシア国内)。

※1 YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFIシステム。
※2 中期経営計画:ヤマハの2010年から2012年までの3ヵ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の一つとして「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」並びに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向上」の両立により、更なる商品競争力強化を目指している。

2012年4月6日 

■“超初心者枠”が新たに設定された「青木レッスン+走行会2012」は、業界初のレインプロテクションを採用

 海外での豊富なレース経験に加え、GPマシンの開発も務めるレーシングライダー、青木宣篤が講師を務める「青木ライディングレッスン+走行会」が5月31日(木)、本庄サーキット(埼玉県本庄市児玉町高柳883)にて開催。

 ロードレースの最高峰を戦っている青木選手だけに敷居の高そうなレッスンと思われがちだが、対象は初級・中級者。さらに今回、超初心者枠も新設された。このスクールは「ただ速くなるだけじゃない。巧くなってほしい」という思いから始まり、安全に楽に速く走ることを目標としている。

 レッスンクラスの内容は、ブレーキの使い方の固定概念を取り払うことからはじまり、走り、教わり、イメージを繰り返すことで、バイクの操り方を把握するというもの。分からないことがあればトコトン説明してくれる。参加者両がスズキ車の場合、青木選手の実走診断もあり(台数限定)。その他の車種も「手押しセッティング」でアドバイスしてくれる。

 走行会クラスは15分×5本または6本の走行時間に加え、お昼休みにはライディング講座という内容となっている。

 参加費はレッスンクラス(超初心者10名・中級上級者10名)が25,000円(計測器+ランチ付)、走行会クラスA(151cc以上・20名)/B(150cc未満・20名)が10,000円/9,500円(計測器+ランチ付)。

 尚、当日の天候が雨の場合、次回レッスンに参加費を持ち越せる業界初の「レインプロテクション」を採用。半日雨の場合は半額が持ち越しされる。

問:本庄サーキット TEL 0495-72-9611
http://nobuaoki.jp/lesson/index2.htm(青木ライディングレッスン+走行会)

2012年4月5日 

■今年も開催、夏のスズカで“二輪車安全運転”を競え!

 全国47都道府県の代表・二輪ライダーが集い、各種競技種目を競う「二輪車安全運転全国大会」。昭和43年から毎年開催され、今年で第45回を迎える大会が8月4日(土)・5日(日)の2日間、鈴鹿サーキットで開催される。雨天決行。

 女性クラス(50cc)、高校生等クラス(50cc)、一般Aクラス(400cc)、一般Bクラス(1100cc)の4クラスを設定。全国大会に出場するには、まず都道府県で開催される大会に出場することが条件となる。

 大会の詳細、都道府県大会の開催スケジュールなどはコチラ を参照のこと。

問:財団法人 全日本交通安全協会 TEL 03-3264-2641

2012年4月4日 

■ライダーズギアも用意、ネット予約もOK、もっと気軽にバイクをレンタル!

 駐車スペースが無かったり家庭の事情で、バイクを所有することができない人は多いはず。でも、バイクには乗りたい! クルマやバイクのオークションでお馴染み、オークネットが展開中のバイクレンタルサービス「ビー・レンタ」 はそんな悩みを解決してくれるはずだ。

 ビー・レンタは、バイクショップや用品ショップで取り扱う原付から401cc以上の大型バイク、さらにはトライクまで、用途に合ったレンタルバイクをインターネットで地域別に検索・予約が可能。

 全国ネットワークの利点を活かし、例えば旅先の名所をレンタルしたバイクでツーリング、といった利用方法もある。ヘルメットやグローブ、レインウェアも同時に借りることができるのもポイントだ。もし、レンタルしたバイクが気に入った場合は、取扱店との相談によって購入が可能というのも、ビー・レンタの特徴と言えよう。

 基本料金(8時間)は125ccクラス4800円(A-2グレード)から、250~400ccクラスが10,400円(B-1グレード)から、401cc以上が15,600円(C-1グレード)から。気軽な足代わりから、ちょっとリッチな輸入車まで、豊富な車両が取り揃えられる。もちろん、全ての車両に任意保険加入済み。ビー・レンタ加盟店は正規レンタル事業に登録済みなので安心だ。

 現在、インターネットサイトでのクレジット決済、そして全国乗り捨て可能といった便利なサービスも構築中とのこと。

 様々な事情でバイクに乗れなかった人はもちろん、いつもとは違ったモデルに乗りたい人も、新たな楽しみ方を提供してくれるレンタルバイクで春の絶好のシーズンを存分に走り抜けてみてはいかが?

問:バイクレンタルサービス「ビー・レンタ」 TEL 0120-819-122
http://www.b-renta.jp/

2012年4月3日 

■復刻して欲しいバイク№1は「カタナ」

 オートバイライフの楽しさや、オートバイ市場の動向を広く社会に発信することを目的に、昨年8月に発足したバイク王「バイクライフ研究所」 が全国で調査を実施(3月14~16日)。排気量51cc以上のバイク免許を保有している20~50代の男性500名、20~30代の女性100名の計600名を対象とした結果は以下の通り。

 復刻して欲しいモデルの№1となったのは正に旬、現在公開中「キリン POINT OF NO-RETURN」の主人公も操る1100Sカタナに。確かにあのスタイルは今見ても衝撃的で、多くのライダーの脳裏に焼きついているようだ。またトップ10中、5割を占めるというカワサキ車の人気の高さも改めて認識させられる。

●復刻して欲しいバイクモデルを教えて下さい
1位 スズキGSX1100Sカタナ
2位 ホンダNSR250R
3位 カワサキZ1/Z2
4位 カワサキ500SS
    ホンダCBR400RR
6位 ヤマハRZ250/350
7位 ホンダ・クラブマン(GB250)
8位 カワサキ・ゼファー1100
  カワサキGPZ900R
10位 カワサキ・ゼファー400/400χ

●バイクに乗っていてよかったと思った瞬間(思うこと)を、教えてください
1位 渋滞が回避できた時
2位 風の気持ちよさを感じた時
3位 スピード感が気持ちいい
4位 ツーリングしている時
5位 ストレス解消になる
6位 (車と比べて)コストが少ない
7位 行動範囲が広がった時
8位 バイクとの一体感を感じた時
9位 景色を楽しめる
10位 (移動の場面で)自由度が高いと感じた時

●バイクに乗っている人のイメージを教えてください
1位 かっこいい
2位 自由人
3位 アクティブ
4位 革ジャン
5位 こだわり派
6位 ワイルド
7位 硬派
8位 クール
9位 お洒落
10位 アウトロー

●バイクに乗りたいと思ったきっかけを教えてください
1位 行動範囲を広げるため
2位 乗りたいバイクがあったから
3位 かっこいいと思ったから
4位 (車と比較して)利便性を考えて
5位 (車と比較して)金銭的な面で
6位 かっこいいバイク乗りを見たから
7位 一番低年齢で乗れる乗り物だから
8位 機械に興味があったから
9位 趣味がほしかったから
10位 友人に影響されて
(バイク王 バイクライフ研究所調べ)

バイク王 バイクライフ研究所ホームページ
http://www.ikco.co.jp/lab/
バイク王 バイクライフ研究所Facebookページ
http://www.facebook.com/bikelifelab

2012年4月3日 

■「二輪車ライダー排気量募金」の募金総額が1400万円以上に! ご協力ありがとうございました

 1年以上経った今も多くの爪あとが残る、決して忘れることのできない昨年3月11日の東日本大震災。未曾有の大災害について、二輪専門誌が合同で呼びかけてきた「二輪車ライダー排気量募金」は、二輪車ライダーそれぞれが所有する二輪車の排気量分の金額を被災者支援金として寄付いただいたもの。

 その募金が活動が3月31に終了。集計の結果、総額は14,347,734円 (974件)となった。ライダーの皆さまの被災地に寄せる気持ちはコチラ

 募金をお寄せいただいたライダーの皆さまには、改めてご協力に感謝いたします。募金活動は終了となりましたが、これからも被災地復興にご協力、よろしくお願いいたします。

合同支援活動賛同二輪専門誌
アンダー400/WEBミスター・バイク/オートバイ/カスタムスクーター/カスタムバーニング/カスタムピープル/風まかせ/カワサキバイクマガジン/ガールズバイカー/ガルル/GooBike/GOGGLE/スクーターデイズ/自然山通信/タンデムスタイル/ダートクール/ダートスポーツ/道楽/DUCATI BIKES/バイカーズステーション/BikeJIN/VIBES/BMW BIKES/ビッグマシン/フリーライドマガジン/別冊モーターサイクリスト/HOT BIKE JAPAN/ミスター・バイクBG/モーターサイクリスト/MOTO NAVI/MOTOMAG/モトモト/ライダースクラブ/ライディングスポーツ/RIDE/レディスバイク

MCJC( 二輪車に係わるジャーナリスト有志一同)
http://www.seihosha.jp/mcjc/

2012年4月2日 

■ホンダモーターサイクルジャパン「Honda CBフェア」

 6月30日(土)まで実施。期間中、全国のフェア実施店で対象機種(CB1300シリーズCB1100CB400シリーズCB223 )を成約・応募した人の中から合計250名(抽選)にプレゼントを用意。

●A賞「CBで行こう! 全国70ヶ所から選べる温泉ペア宿泊券」20名
●B賞「CBを語り合おう! 選べるグルメギフト券」30名
●C賞「CBを知ろう! Dream CB(CB特集本)」200名

 詳細、フェア実施店検索は専用WEBサイト にて。

2012年4月2日 

■最新モデルを見て、触れて、試乗できる「Ducati Test Ride Caravan 2012」

Diavel AMG SE

 4月15日よりスタート、10月まで全国各地で15回開催予定。3月29日に発表されたばかりのMONSTER DIESELをはじめ、DIAVEL、CROMO、DIAVEL AMGなどのニューモデルも展示される。

 5月までの開催日程は以下の通り。

●4月 15日(日) 新西宮ヨットハーバー特設会場(兵庫県西宮市西宮浜 4-16-1)
●5月 13日(日) 伊勢崎オート特設会場(群馬県伊勢崎氏宮子町 3074 )
●5月 20日(日) 筑波サーキット(茨城県下妻市村岡乙 159 )
●5月 20日(日) 山愛レストハウス特設会場(熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原)
●5月 26日(土) 河口湖ステラシアター特設会場(山梨県南都留郡富士河口湖町船津 5577 )
●5月 27日(日) 新東名高速 新清水 PA ネオパーサ 一般道側特設会場(静岡県静岡市清水区小河内池の沢 885-1)

 尚、会場毎に試乗車両、試乗参加条件は異なる。詳細は Ducati Test Ride Caravanにて。

問:ドゥカティ ジャパン TEL 03-3794-5001

Diavel Cromo

Monster Diesel