MBニュース&トピック

 

2012年6月15日 

■スズキは、新基準対応電動アシスト自転車「ラブSNA24」「ラブSNA26」に、バッテリー容量アップや上級用装備の充実などのマイナーチェンジを施し6月26日から発売開始

 スズキの電動アシスト自転車「ラブSNA24/26」は、パナソニック サイクルテックが生産、販売する「リチウムビビ・SX」をベースに、OEM供給を受けるモデル。

 今回の主な変更点は、(1)バッテリー容量のアップ(3.1Ah→5Ah)により航続距離を延長、「オートマチックモード」使用時で約23km(2011年モデル約12km)、「エコモード」使用時約33km(同約17km)、「パワーモード」使用時約19km(同約11km)。(2)「ミニヒップアップサドル」の採用。人間工学をもとに開発したもので、疲れにくくおしりにやさしいサドル形状で、乗車中の負担を軽減する。(3)リングを回してハンドルを固定し、駐輪時の前輪のフラつきをとめる「くるピタ」の採用(ハンドルを完全に固定する機能ではない)、(4)テコの原理で、軽く踏むだけでスッと立つスタンド「かろやかスタンド2」の採用。(5)太陽光で充電し、暗くなると自動点滅を開始する「ソーラーオートテール2」の採用。(6)大容量の「ワイドスムースイン樹脂バスケット」の採用。

 また、車体色も、従来の「プラズマシルバー」から新色「モダンシルバー」に変更し、既存色の「アクティブホワイト」、「チョコブラウン」と合わせ3色設定としている。

 持ち運びや充電が楽な重さ約1.4kgの軽量リチウムイオンバッテリーの採用、一回の充電にかかる電気代は約3円と経済的で、一回の充電にかかる時間は約3時間、使い易い手元スイッチで、走行条件や荷物の重さに応じて3つのアシストモードの切り替えが可能、いたずらによるサドルの抜き取りを抑止し、車体から簡単に外れない「サドルガードマン」機構を装備、シングルLEDビームランプを採用した独立点灯のバッテリーライトの装備、盗難抑止効果の高い、ディンプルキーの採用、など従来からの特徴はそのまま。

 価格はラブSNA24/26ともに89,800円。6月26日発売開始。

問:スズキ株式会社お客様相談室 フリーダイヤル0120-402-253 http://www.suzuki.co.jp/motor/

2012年6月15日 

■カワサキモータースジャパン「新規免許取得キャンペーン」

 2012年5月1日から9月28日の期間に普通二輪免許(AT限定を除く)を新規に取得し、キャンペーン期間内に対象モデルを購入した人にもれなくキャッシュバック(郵便振替)を実施。

 キャッシュバック金額は400ccクラスの場合、KAZEメンバー30,000円、一般20,000円。125ccおよび250ccクラスの場合はKAZEメンバー20,000円、一般10,000円となる(運転免許証や自動車教習所に在学することを証明できる書類等が必要)。

 対象モデルはNinja 400R、Ninja 400R ABS、Ninja 400R Special Edition、ER-4n、ER-4n ABS、Ninja 250R、Ninja 250R Special Edition、D-TRACKER X、KLX250、ESTRELLA、250TR、D-TRACKER 125、KLX125
(いずれも年式は不問)。

 キャンペーン期間は7月2日から9月28日までとなっている。

問:カワサキモータースジャパン お客様相談室 TEL 0120-400819

2012年6月14日 

■“バイクづくし”の2日間を体験せよ!「2012 MOTOPARADISE関東」

 今年で19回目を迎える、国内4メーカー・ジョイントによるイベント「MOTOPARADISE関東」が9月22日(土)・23日(日)、新潟県魚沼市の上越国際スキー場で開催される。

 内容は地元名物メニューに舌鼓をうちながらライダー同士の親睦を深める「モトパラカフェ」(司会:多聞恵美)をはじめ、「柏秀樹のライディングレッスン」「電動エコバイク体験コーナー」を実施。

 さらに新潟出身アーティスト「カナデフウビ」、地元出身アイドル「RYUTist」を迎えたステージイベントも行われる。中でもメインは22日、全参加者が集まるウェルカムイベント。ゲストを招いたコンサートやチャリティオークションなどを予定している。

 参加料は2,000円(中学生以上。小学生以下は無料)。ホテル、キャンプでの宿泊も可能だ。

問:MOTOPARADISE関東 事務局 TEL 03-6902-8191
http://www.j-bike.jp/kanto/

2012年6月14日 

■ETC車限定“高速乗り放題”の各種キャンペーン実施中

 NEXCO東日本の「東北復興 観光支援パス」は8月5日(日)まで、8月18日(土)から10月28日(日)までの土・日・祝日のうち連続する最大2日間、指定された周遊エリア内が乗り放題となるキャンペーン。東北六県(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)を発着地とし、東北六県を周遊する人向けの「東北周遊プラン」と、首都圏(川口ジャンクション、浦和IC、岩槻IC、三郷IC、三郷スマートIC、流山IC)を発着地として東北六県を周遊する人向けの「首都圏発着プラン」が用意される。「東北周遊プラン」は普通車3,500円、軽自動車2,800円、「首都圏発着プラン」は普通車7,500円、軽自動車6,000円となっている。申込はNEXCO東日本「ドラぷら」のページにて受付中で、代金はETCカードで利用後に一括決済となる。

 NEXCO中日本の「まるごと静岡ドライブプラン」は新東名開通記念として9月30日(日)まで実施(8月10日~19日の期間は除く)。新東名を含む静岡県エリアの高速道路乗り放題(乗り降り自由)となる。コースは①東京エリア発着コース②名古屋エリア発着コース③静岡エリア内乗り降り自由コースを用意。利用期間は①②が最大3日間、③は最大2日間。料金は①普通車6200円、軽自動車4,700円②普通車6,400円、軽自動車4,800円③普通車3500円、軽自動車2,600円となっている。申込はNEXCO中日本「速旅(はやたび)」のページにて受付中。
 詳細は高速道路各社のホームページにて。

問:NEXCO東日本 TEL 0570-024-024
http://www.driveplaza.com/ (ドラぷら)
  NEXCO中日本 TEL 0120-922-229
http://www.c-nexco.co.jp/shop/travel/ (速旅)

2012年6月13日 

■走行講習、子供交通教室なども実施「伊豆スカイライン・ライダー事故・ゼロ作戦 第9弾」

 7月22日(日)の午前10時より、日本サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市大野1826)にて開催。
 2009年11月から始まったこの活動は、民間団体による交通事故防止の広報活動などの協力により、二輪車人身事故がピーク時の32件から昨年は12件まで減少。今回も関係機関・団体と連携し、ライダーおよびドライバーへ交通事故防止を呼びかける広報啓発活動を行う。

実施内容
●大仁警察署による伊豆スカイライン交通事故発生状況の説明
●静岡県警機動隊員による走行実演など
●3キロ試験走路コースを使った走行講習など
●大仁警察署交通安全指導員による子供交通教室など
●元プロレーサー「宮城 光」氏ほか、による講和

 3キロ試験走路コースは道幅4メートル程の高低差のある舗装ワインディングコース。広場スペースで行われる走行実演ではヤマハテクニカルセンターのよるデモ走行もあり。子供交通教室は家族連れも楽しみながら学べる新しい試みだ。
 受講希望者は下記URLより申込書をダウンロード、必要事項を記載の上、静岡県交通安全協会大仁地区支部までFAX。申込み期限は7月8日(定員の70名になり次第締め切り)。
 
問:静岡県大仁警察署・交通課 TEL 0558-76-0110
申込先:静岡県交通安全協会大仁地区支部 FAX 0558-76-0021

http://www.police.pref.shizuoka.jp/keisatusho/ouhito/osirase/izu.pdf
 

2012年6月12日 

■ホルヘ、契約更新でチャンピオン争いに集中!

前回のレース(第5戦カタルニアGP)で今季3勝目をあげたホルヘ・ロレンソ。2014年シーズンまでヤマハで戦うことが決まった。

 ヤマハはMotoGPに参戦中のホルヘ・ロレンソとの契約を2年間更新。2014年まで、引き続き「ヤマハ・ファクトリー・レーシング」のライダーとして世界最高峰のロードレースに参戦することになる。

 今回の契約更新について、ロレンソのコメントは以下の通り。
「2年間ヤマハと契約延長することができてとても喜んでいます。私がファクトリーチームでの活躍を継続できるよう最大限の努力をしてくれたヤマハ関係者全ての方に感謝したいと思います。
 2008年にヤマハファミリーの一員として温かく迎えられてから、私はヤマハと仕事をするのが大好きです。私にとって、ヤマハと走り続けることが、最優先に考えていた選択肢だったので、この重要な契約の話合いがポジティブな結果となり、とても嬉しく思います。
 これで私はチャンピオンシップにより集中することができます。ヤマハの私への信頼に対し、今週末のシルバーストーンGPで応えたいと思っています。私はこれからも、ヤマハと一緒に多くのチャンピオンシップを獲得することが楽しみであり、ヤマハライダーとしてキャリアを全うするという私の夢は、実現に向けて前進しました」

 ホルヘ・ロレンソは2008年にヤマハに加入し、同年ランキング4位、翌2009年に2位、2010年には世界チャンピオンを獲得。昨年は2位に終わったが、今シーズンは全18戦中5戦を終了した現在、20ポイントのリードでランキング首位に立っている。

 また、ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは以下のコメントを残した。
「2013年、2014年もホルヘとのパートナーシップ継続を発表でき、大変喜ばしく思います。2008年から我々のチームに加入したホルヘは、2010年の世界チャンピオン獲得を含め、この4年間輝かしい成績を収めました。今季もこれまでの5戦中、優勝3回、2位2回という活躍で現在首位におります。今回の契約更新により、彼自身のとってもヤマハにとっても、これからのシリーズ戦に対して何の障害もなく100%の集中力で挑める態勢になります。チャンピオン奪回に向けて連携をより強固にし、今後のシリーズ戦に臨んでいきたいと思います」

2012年6月8日 

■好評・第2回を公開、“中年の星”が南伊豆を走る!

 ホンダのWebサイトで展開される「Wing Life」のテーマは“日本を旅する”。アーチェリーのオリンピック日本代表メダリスト・山本博さんがNC700Xで南伊豆を走る模様を連載中だ。このコンテンツでは山本さんのバイク観や気さくな人柄、そしてツーリングの魅力を楽しめる。

 第2回では弓ヶ浜から伊豆半島の西側へ。マーガレットライン経由での石部の棚田、
松崎の町を探訪。気持ちの良い景色、歴史、ゆったりと流れる時間を、NC700Xの愉快な走りとともに堪能している。

 そんな旅情の詳細はWing Lifeのページへ。今すぐ、バイクで出かけたくなるような気分に浸れる。
 
Wing Life
http://www.honda.co.jp/wing-life/
 

 

2012年6月7日 

■ヤマハのATV「YFM90R」がボディカラーとグラフィックを変更

 ヤマハは、低圧バルーンタイヤを装着し、砂地や草地、不整地などを走行できるATV(All-Terrain Vehicle=四輪バギー)「YFM90R」のボディカラーとグラフィックを一部変更し、7月1日より発売する。

 YFM90Rは、コンパクトなボディにセルスターター、Vベルト式オートマチック無段変速機構を備えた88cm3・単気筒エンジンを搭載。12歳から(ただし16歳までは大人の管理下での使用を前提に)ライディングが楽しめるATVエントリーモデルで、ファミリーユースのほか、レジャー施設などのレンタル車両として好評を得ているモデル。

 2013年モデルでは、モトクロッサー「YZシリーズ」と共通する、ブルー&ホワイトのボディカラーとニューグラフィックを採用。スポーティな外観をいっそう精悍に引き締めている。

 また、軽量・コンパクトな車体に124cm3・単気筒エンジン、前後大型キャリアを備え、牧場・農地の保守管理やレジャーなどに幅広く活躍する「GRIZZLY(グリズリー)125」も、6月7日より2013年モデルとして継続販売する。

 価格は、YFM90Rが344,400円、GRIZZLY125が386,400円。カラーは、YFM90RがディープパープリッシュブルーソリッドE、GRIZZLY125がダークパープリッシュブルーソリッドN。販売計画は、2モデル合計/年間・国内100台。

●ヤマハ発動機(お客様相談室 TEL0120-090-819 http://www.yamaha-motor.co.jp/

2012年6月6日 

■スズキ「バンディット1250F ABS用トップケース&サイドケースセット 半額クーポンプレゼント キャンペーン」

 10月31日までの期間中、キャンペーン実施店でバンディット1250F ABS の新車(2011・2012年モデル)を成約すると、人気の純正トップケース&サイドケースのセット(キャリア含む)の半額クーポンをプレゼント!

 トップケース(メーカー希望小売価格18,900円)、トップケースキャリア(同37,800円)、サイドケース(左右セット 同52,500円)、サイドケースキャリア(左右セット 同30,450円)の合計139,650円が69,825円に。

 さらに「スズキ きずな キャリイキャラバン」「ABS体験試乗会」 で試乗、参加者にプレゼントされるクーポンを同時に使用すると、何と27,825円で購入可能となる。

 また、半額クーポンを使用した人には「純正デカールキット」もプレゼント中! 詳細は下記にて。

トップケース&サイドケースセット 半額クーポンプレゼント キャンペーン
http://www1.suzuki.co.jp/motor/campaign/coupon_present/

2012年6月6日 

■8耐で数々の名勝負を生んだヨシムラ、今年は万全の体制で5回目の優勝を目指す!

 鈴鹿“真夏の祭典”第1回大会の覇者であり、もう8耐には無くてはならない存在であるヨシムラが、今年の鈴鹿8耐の参戦体制を発表。

 昨年までヨシムラのエースライダーを務めた加賀山就臣がS.E.R.T.に合流 したことにより、スーパーバイク世界選手権(SBK)でスズキを駆るレオン・キャミアが加入。ヨシムラからSBKにスポット参戦したジョシュ・ウォーターズ、2009年にヨシムラで8耐優勝を果たしたベテランの青木宣篤の2名が昨年から続投される。彼らはスズキGSX-R1000のポテンシャルを最大限引き出し、5回目の優勝を目指して挑む。

加藤陽平監督

 今年の抱負について、加藤陽平監督は「今年は世界最高峰の舞台スーパーバイク世界選手権で「CRESCENT FIXI SUZUKI」チームのエンジンパートを担当し、昨年までのスポット参戦とは異なる経験をしてきました。世界最高峰の舞台で戦ってきた経験をヨシムラレーサーに注ぎ込み、GSX-R1000のポテンシャルの高さを証明出来ればと思っています。またライダーは昨年初めての8耐でその順応力の高さと速さをみせたジョシュ・ウォーターズ選手、マシンのセットアップやチームのバランサーとして経験豊富な青木宣篤選手。加えてスーパーバイク世界選手権のレギュラーライダーのレオン・キャミア選手をチームに迎えての体制となります。チーム一丸となって8耐5回目の優勝を全力でもぎ取りにいきます。皆様のご声援、宜しく願いします 」とコメント。

 また、起用された3名のライダーも以下のコメントを残した。

レオン・キャミア

レオン・キャミア
「今年鈴鹿8時間耐久レースを走れる事になって本当にわくわくしているよ。またヨシムラからこんな特別なレースへ出場の依頼が来て光栄に思っている。8耐は肉体的にも精神的にも最もハードなレースで、過去の3回の出場では良い結果が出せなかったけど、このテクニカルなコースをブリヂストンタイヤのヨシムラGSX-R1000で早く攻略し、最後の最後迄良いペースで走れる様に頑張るよ 」

ジョシュ・ウォーターズ
「今年もヨシムラスズキの鈴鹿8時間耐久チームに参加できる事になってとても嬉しいよ。チームメイトのノブもレオンも最高のライダーなので、彼らと一緒にレースするのを今から楽しみにしている。昨年はもうちょっとで勝てる場所にいたけれど、残念ながら勝利は逃してしまった。でも、はじめての鈴鹿で沢山の事を学んだし、今年はその経験を生かしてより良い結果にできる様に頑張るよ 」

ジョシュ・ウォーターズ

青木 宣篤
「ヨシムラと迎える5回目の夏。今年はヨシムラらしいチャレンジスピリットを感じるライダーラインナップです。若い英語圏の2人のまとめ役として(?)の私。背負う看板が重く、良い意味でプレッシャーを感じながら全身全霊で走っています。素晴らしいチーム体制、信頼できるスタッフと仕事が出来るのを誇りに思います。世界中のヨシムラファンの声援を背に狙うは一つ「優勝」のみ! 応援ヨロシクお願いします! 」

青木 宣篤