MBニュース&トピック

 

2012年2月27日 

■新型バイクのプロモーションにJKT48を起用

 AKB48の海外姉妹グループで、インドネシア・ジャカルタを拠点に活躍中の女性グループ「JKT48」。彼女たちがインドネシアで販売される「ヤマハMio J」のイメージキャラクターに起用された。

 Mio Jはクラス最高レベルの経済性を実現した115ccオートマチックコミューター。3月上旬からは10代の若者をターゲットに、スポーティなカラーとファッショナブルな幾何学デザインを組み合わせたグラフィックモデルが追加され、計10種類のカラーバリエーションが展開される。現地価格は12,930,000ルピア(約114,000円)。

 JKT48はポスターやCMなどのプロモーションに幅広く起用され、フレッシュでさわやかなイメージに共感する若者世代に訴求していくという。

2012年2月27日 

■ツインリンクもてぎ、全日本ロードレース開幕戦で“観戦無料”などの特典がいっぱい!

 間もなく開業15周年のモータースポーツシーズンを迎えるツインリンクもてぎ。3月31日(土)より開催される開幕戦「2012 MFJ全日本ロードレース選手権 第1戦 スーパーバイクレースinもてぎ」では、感謝の気持ちを込め“家族みんなのモータースポーツ開幕祭”として様々な特典やイベントが用意される。

 まず特典。クーポン券を持参すると3月31日(土)予選日の入場・駐車料金の他、観戦が何と無料に! 中学生以下は4月1日(日)決勝日の観戦も無料となる。さらにバイクで来場する人は予選・決勝の2日間、入場・駐車場が無料だ(決勝レース観戦券は別途必要)。

 クーポン券の取得は、右のバナーまたはコチラ から「もてぎスーパーバイク」のページに飛び、「入場・駐車場無料クーポン」のバナーをクリックして表示されるページへ。

 お得な前売観戦券、パドックパス、ピットウォークなどチケットの詳細も「もてぎスーパーバイク」のページにて。

 尚、3月31日の予選日は15周年記念イベントとして「オープニングセレモニー」、Hondaコレクションホール所蔵車両による「デモンストレーションラン」を実施。また予選・決勝日通じて様々なファミリー向けイベントやバイカー参加型イベントも開催される。

問:ツインリンクもてぎ TEL 0285-64-0001
http://www.twinring.jp/

2012年2月27日 

■青山、新天地でまずまずのデビュー「次のレースがすごく楽しみです」

 2月26日、オーストラリアのフィリップアイランドで開催されたスーパーバイク世界選手権(SBK)開幕戦。第1レースはアプリリアのマックス・ビアッジが、第2レースはディフェンディングチャンピオンであるドゥカティのカルロス・チェカが制した。

 SBKでの初陣となる青山博一は、猛暑の予選でセットアップが決まらず17位。負傷欠場によって順位が繰り上がり、16番グリッドからスタートした第1レースでは8位、第2レースでは熾烈な5位争いに加わり9位と、まずまずの結果であった。チームメイトのジョナサン・レイは7位/4位。

 以下、青山のコメント。

「フリーと予選の状況を考えれば、今日の8位と9位というリザルトは悪くないと思います。もちろん、もっとスムーズにセッションが進んでセットアップがうまくいっていたら、もっといい結果を出せたかもしれません。でも、抱えていた問題が最後まで解決せず、これ以上速く走ることができませんでした。すべての問題を解決することは難しかったので、いくつかセットアップの問題を残したまま決勝に挑みました。みんな一生懸命働いてくれました。時々ストレスがたまりましたが、予選よりもかなりいい状態で走ることができました。今回の結果は望んでいたようなものではありませんでしたが、次のレースにつながったと思います。1日2レースというのは初めての経験でしたが、まったく問題はありませんでした。次のレースがすごく楽しみです」

●第1レース結果
1位 M.ビアッジ アプリリア
2位 M.メランドリ BMW
3位 S.ギュントーリ ドゥカティ

●第2レース結果
1位 C.チェカ ドゥカティ
2位 M.ビアッジ アプリリア
3位 T.サイクス カワサキ

2012年2月24日 

■ヤマハ、4種類の「楽しく安心のオートバイライフサポートキャンペーン」を3月1日より実施

「安心・快適! SPECIAL SEATキャンペーン」はシートカスタム界のカリスマ「SEAT JOY」とコラボレーション。期間は3月1日から9月30日まで。対象車両(FZ1 FAZER、FZ1、 FZ1 FAZER GT、XJR1300、SEROW、XT250X、WR250R、WR250X)を購入すると、SPECIAL SEAT購入の際に使える5,250円(税込)クーポンがプレゼントされる。詳細はコチラ(2月29日公開予定)にて。

 SPECIAL SEATは単にシート高が下がるだけではなく、各モデルの特徴を活かしながらデザイン性と居住性、質感が高次元でバランスされる“こだわり”の品。 FZ1 FAZERの場合は着座部分を約10mm下げるだけでなく、座面の角度を大幅に修正することで足つき性が向上。着座時に前へ滑らないようシート最前部分は標準シートと同様の形状としながら、長距離ツーリングに使用されるモデルだけに居住性の高いウレタンも採用される。尚、3月に大阪と東京で開催されるモーターサイクルショーのヤマハブースにて、SPECIAL SEAT装着モデルの体感も可能だ。

「NEW MAJESTY デビュー ビッグスクータークーポンキャンペーン」はその名の通り、新デザインのフロントマスクを採用した2012年型マジェスティのデビューに加え、新色を採用した2012年型マグザムの登場を記念したキャンペーン。3月1日から9月30日までの期間中にマジェスティ(2007年モデル以降)、またはマグザム(2005年モデル以降)の新車を協賛店で購入すると、好きな用品や本体購入に使用できる31,500円分(税込)のクーポンがプレゼントされる。詳細は
コチラ(2月29日公開予定)にて。

 「JOG盗難保険キャンペーン」はジョグスタンダード、またはジョグデラックスを新車で購入・登録した人に1年間の盗難保険をプレゼント。期間は3月1日から5月31日まで。詳細はhttp://www.yamaha-motor.jp/mc/campaign/jog(2月29日公開予定)にて。

 「愛されて15周年 VINO Thanks! キャンペーン」は、今年で誕生15周年を迎えるレトロポップスタイルのファッションスクーター、ビーノ・シリーズを協賛店で成約すると、ワイズギア用品カタログから好きなものを選んで購入できる10,500円分(税込)のクーポンをプレゼント。期間は3月1日から5月31日まで。詳細はコチラ(2月29日公開予定)にて。

 

2012年2月23日 

■大阪モーターサイクルショー「YSPブース」で全日本マシン展示、クーポン配布もあり!

 3月16日(金)から18日(日)まで、インテックス大阪で開催される「第28回大阪モーターサイクルショー」。ヤマハスポーツバイク専門販売店(YSP)の全国組織「YSPメンバーズクラブ」の大阪兵庫支部がショー会場にブース出展する。

 屋内ブースではメインスポンサーとして活動を支援している全日本ロードレース選手権JSB1000クラス仕様のYZF-R1(ライダー:中須賀克行選手)、全日本モトクロス選手権IA1クラス仕様のYZ450F(ライダー:田中教世選手)のマシンを展示。話題のNew TMAX530、TMAX500国内2012年モデルなどもラインナップされる。屋外ブースでは昨年より販売が開始されたYBR250、YBR125も展示予定だ。

 尚、YSPブースでは「新車購入10,000円クーポン」も配布。このクーポンは5月31日までに126cc以上のヤマハ新車購入時に使うことができる(大阪兵庫支部YSPのみ有効)。

問:YSPメンバーズクラブ大阪兵庫事務局(ヤマハ発動機販売 西日本営業所内)
   TEL 06-6397-6161

2012年2月23日 

■バイクシーズン到来、ホンダのニューモデルを体感しよう!

 全国ホンダドリーム会は、スポーツモデルを中心としたホンダのニューモデルを見て、触れて、乗って、バイクの楽しさを体感できる試乗・商談会「Honda DREAM Festa」を開催。3月25日(日)より全国8会場で展開する。

話題の“ニューミッドコンセプト”モデル、NC700Xをはじめ、スポーツモデルを中心としたホンダニューモデルを体感できる!

話題の“ニューミッドコンセプト”モデル、NC700Xをはじめ、スポーツモデルを中心としたホンダニューモデルを体感できる!

 試乗車はNC700X、ゴールドウイング、VFR1200F、CB1300シリーズ、VT1300シリーズ、CB1100、CBR1000RR、シャドウシリーズ、VT750S、CBR600RR、VT400S、CB400シリーズ、CBR250R、VTR、フォルツァ、PCX、スーパーカブ110他。商談特典、成約特典などもあり!

 試乗参加希望者はHonda Dream店・店頭、またはホンダドリームネットワークWEBから事前申し込みが必要。参加費は無料だ。

 開催日程他、詳細はHonda DREAM FestaのWebサイトにて。

 

2012年2月23日 

■海上の“Powered by HONDA”を出展

250馬力を発揮する大型4ストローク船外機「BF250」は、船外機としては世界初となるダイレクト吸気システムや高い充電性能を実現。米国舟艇工業会が主催する「IBEX2011イノベーションアワード」の「船外機部門賞」を受賞している。

250馬力を発揮する大型4ストローク船外機「BF250」は、船外機としては世界初となるダイレクト吸気システムや高い充電性能を実現。米国舟艇工業会が主催する「IBEX2011イノベーションアワード」の「船外機部門賞」を受賞している。

 3月1日(木)から4日(日)まで、パシフィコ横浜 および横浜ベイサイドマリーナ で開催される日本最大のマリン展示会「ジャパンインターナショナルボートショー2012」 にホンダはブース出展。

 低燃費で高い動力性能を両立した船外機「BF250」を2機搭載したパワーボートをはじめ、小型(2馬力)から大型(250馬力)の4ストローク船外機、ボートライフに役立つポータブル発電機が展示される。 ブースのテーマは“走る喜び”だ。

 ジャパンインターナショナルボートショー2012の入場料は1,000円(中学生以下無料。2会場共通)。両会場間は無料シャトルバスを運行。

本田技研工業(汎用製品)
http://www.honda.co.jp/power/

ホンダブース(イメージ)

ホンダブース(イメージ)

2012年2月21日 

■クシタニよりミーティング&スクールのお知らせ

 “笑顔×コーヒーがみんなの目的地!”をテーマに「クシタニコーヒーブレイクミーティング2012」を全国各地で開催。ツーリングの途中に立ち寄りたいミーティングで、コーヒーの無料サービス、商品展示やカタログ配布などが行われる。また、スタンプラリーでスタンプを集めるとオリジナルコーヒーマグをプレゼント! 近々の開催予定地は以下のとおり。

●3月10日(土) 道の駅 あしがくぼ( 埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6)
●4月14日(土) 道の駅 飯高駅( 三重県松阪市飯高町宮前177)

 開催日の降水確率が40%の場合、翌日または別日に変更となる。今後の開催地他詳細はコチラ にて。

 
 一方「鈴鹿ライディングスクール(HMS)」は4月4日(水)、鈴鹿サーキット交通教育センターで開催。ライディングの基礎からプロのインストラクターが丸一日つきっきりで指導してくれ、初心者からベテランまで各々レベルアップが図れるスクールだ。参加費は16,200円(税、保険、昼食込み。STEC会員は15,700円)。定員は40名で、締め切りは4月1日(定員になり次第締め切り)となっている。詳細は下記クシタニショップに問合せを。

問:クシタニ名古屋店 TEL 052-522-0749
  クシタニ名東店 TEL 0561-62-9033

2012年2月20日 

■「一緒に守ろう! 私たちの地球」をビジョンにマリン製品を展示

スズキ船外機のフラッグシップ「DF300AP」。DOHC24バルブのV6エンジンだ。

スズキ船外機のフラッグシップ「DF300AP」。DOHC24バルブのV6エンジンだ。

 1962年以来、半世紀におよぶ船外機の開発の歴史と経験をもち、これまで世界のマリン市場で累計300万台を販売してきたスズキは、3月1日(木)から4日(日)までパシフィコ横浜横浜ベイサイドマリーナ で開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2012」 に出展。 「技術」「環境」「遊び」をテーマに数々のマリン製品を展示、スズキブランドを体験できるブース展開となる。

 ブースでは、プロペラの正逆回転を統合した船外機のフラッグシップモデルである新型「DF300AP」、14.7kw(20PS)および11.0kw(15PS)クラスの船外機では世界初となるフューエル・インジェクションを採用した「DF20A/15A」を中心に9モデルを展示。また、初心者から本格アングラーまで幅広いユーザーに向けたフィッシングボートやマリン用品なども出展される。

「DF20A/15A」は小型フィッシングボートやゴムボートなどに使用される軽量・コンパクトで低燃費な4ストローク船外機。バッテリーを必要としないフューエル・インジェクション、リーンバーンシステム(希薄燃焼)を採用。写真はDF20A。

「DF20A/15A」は小型フィッシングボートやゴムボートなどに使用される軽量・コンパクトで低燃費な4ストローク船外機。バッテリーを必要としないフューエル・インジェクション、リーンバーンシステム(希薄燃焼)を採用。写真はDF20A。

 「技術コーナー」ではスズキが目指す“先進技術で地球に優しいものづくり”についてスタッフがわかりやすく紹介。実際に体験することもできる。

 ジャパンインターナショナルボートショー2012の入場料は1,000円(中学生以下無料。2会場共通)。両会場間は無料シャトルバスを運行。

スズキ(マリン)
http://www1.suzuki.co.jp/marine/

 

2012年2月20日 

■「海、とびきりの週末」をテーマに、夢広がるマリンレジャーの世界を提案

※写真は昨年のショーの模様

※写真は昨年のショーの模様

 3月1日(木)から4日(日)までの4日間、パシフィコ横浜 および横浜ベイサイドマリーナ の2会場にて「ジャパンインターナショナルボートショー2012」が開催される。屋内125隻、屋外係留39隻のニューモデルや人気ラインナップのボート、ヨット、水上バイクが展示される“大マリン博覧会”だ。

MJ-FX Cruiser SHO

MJ-FX Cruiser SHO

  早春定番となっているこのイベント、ヤマハ発動機は「海、とびきりの週末」をブーステーマに当日発表予定のニューモデルをはじめ、昨年10月に発売したフィッシングボート「YF-24」、マリンジェット「MJ-FX Cruiser SHO」など、2012年モデルを中心とするプレジャーボート9モデル、マリンジェット5モデル、船外機9モデルを出展。

 海上展示では大型ボート「YAMAHA 38 CONVERTIBLE」など2モデルが展示され、総合マリンメーカーとして幅広いマリンレジャーの世界を提案する。

 製品展示の他には会員制マリンクラブ「Sea-Style」や「ボート免許」のカウンターより情報提供。ヤマハが取り組む環境保全や安全啓発、地域・社会貢献活動などへの取り組みもパネル展示する。

 尚、ヤマハブースでは事業紹介コーナーにてモーターサイクルのフラッグシップモデル「VMAX」、マイナーチェンジした「マジェスティYP250」、Smart Powerの「EC-03」「PAS」なども出展される。

  ジャパンインターナショナルボートショー2012の入場料は1,000円(中学生以下無料。2会場共通)。両会場間は無料シャトルバスを運行。

ヤマハ発動機(マリン製品)
http://www.yamaha-motor.jp/marine/