MBニュース&トピック

 

2017年10月5日 

■世界チャンピオンから学び、楽しめ! 第4回 スズキ北川ライディングスクール in 竜洋&10周年記念パーティの参加者募集


北川圭一

 全日本ロードレースTT-F1(1993年)やJSB1000(2003年)、世界耐久選手権(2005・2006年)のチャンピオンを獲得、現在はスズキのレーシングアドバイザーとしてお馴染み、北川圭一氏によるライディングスクールが11月11日(土)、数々の名車が生み出された竜洋コース(静岡県磐田市)にて開催される。安全でスムーズなライディングテクニックを習得するための技術と講義を交えた実践教習で、毎回ビギナーからベテランライダーまで幅広く、楽しくライディングテクニックを学んでいるスクールだ。

 125cc以上のスズキ車ミッション車両(スクーターは除く)のユーザーが対象で、オフロードモデル、アメリカンモデルも可。事情により、参加当日にスズキ車の都合がつなない場合はレンタル車両もあり(別途税込 3,900円~4,900円。台数限定)。装具は革ツナギもしくは革製の上下、ブーツ、フルフェイスのヘルメット必須。無料で貸し出しレンタルツナギ、ブーツを用意(数限定、申込順)。

 時間は9時から16時30分。参加費用は18,500円(税込。保険代、お弁当、飲み物フリードリンク付)、見学者は1,500円(税込。お弁当、フリードリンク含む)。

 また、スクール終了後にはグランドホテル浜松・4Fスズキゲストハウス(静岡県浜松市)にて、スズキ北川圭一 ライディングスクールの10周年記念パーティを開催。スクール参加者はもちろん、過去に参加した人や友人など、スズキファンならスクール参加者でなくても、誰でも参加可能だ。

 内容は、テーブル着席にて大皿コース料理、ビール・焼酎・ワイン他・ソフトドリンクなどフリードリンクとなっており、参加者全員に記念品あり。 豪華景品ビンゴ大会など、楽しい企画も用意されている。時間は18時30分受付、開宴19時、閉宴21時。こちらの参加費用はスクール当日参加者7,000円、パーティーのみ参加者8,000円となっている。

 詳細、申し込みは下記、北川圭一オフィシャルサイトにて。

http://www.k1-kitagawa.com/

2017年10月5日 

■「ツインリンクもてぎエンジェル」の第20期生を募集中!

現在活動中の ツインリンクもてぎエンジェル

 “森の中のモビリティテーマパーク”として今年、開業20周年を迎えたツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)のイメージガール「ツインリンクもてぎエンジェル」は、開催される最高峰の国際・国内レースをはじめとする様々なモータースポーツやイベントのアシスタント、首都圏で開催されるイベント会場でのプロモーションの他、TVやラジオなど各種媒体への出演を通じて、ツインリンクもてぎの魅力をPR。その第20期生として明るく健康的で活発な女性を募集中だ。

募集概要
●募集人数:4名(予定)
●応募資格:18歳以上の明るく健康的で活発な女性
●応募期間:2017年12月1日(金)事務局必着
●応募方法:指定書類を郵送
①ツインリンクもてぎ指定の応募用紙 ※ホームページよりダウンロード可能
②Lサイズカラー写真2枚(全身/バストアップ ※顔・スタイルがよく分かる撮影6ヶ月以内のもの)
③身分証明書のコピー(免許証・パスポート・住民票のいずれか)
④未成年者は保護者の同意書
※芸能事務所などに所属していても応募可
●章典:賞金(ギフトカード) 、ツインリンクもてぎ年間入場パス
●活動内容:
①ツインリンクもてぎで開催するレースのスタート進行および表彰式アシスタント
②ツインリンクもてぎの各施設で開催するイベントへの出演
③ツインリンクもてぎの主催するイベント・レセプション・チラシのモデル
④TVなど各種媒体への出演
⑤ツインリンクもてぎ周辺地域とのコミュニケーション活動
●活動期間:2018年4月~2019年4月
●選考方法:
・第一次審査 書類選考 2017年12月上旬
・第二次審査 面接   2017年12月中旬
会場   ツインリンクもてぎ、または東京都内を予定
・最終審査  面接   2017年12月25日(月)予定
※審査は非公開での開催
※決定者はツインリンクもてぎホームページ上で発表
●応募宛先:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-6-18西村ビル5F 株式会社ノープロブレム内
「ツインリンクもてぎエンジェルコンテスト事務局」係宛

問: ツインリンクもてぎエンジェルコンテスト事務局
TEL:03-5722-0122
http://www.twinring.jp/angel/

2017年10月4日 

■生まれ変わった新シリーズを公道で体感できるチャンス! ハーレーダビッドソン「ALL-NEW SOFTAIL ディーラー店頭試乗会」開催

 10月7日(土)・8日(日)・9日(月/祝)の3日間、全国のハーレーダビッドソン正規ディーラー118店舗にて開催。ソフテイルファミリー/ダイナファミリーという2つのビッグツインモデルを統合、フル・モデルチェンジとなった新「SOFTAIL」の試乗会だ。

 新「SOFTAIL」はダイナのハードライディングなパフォーマンスと、ソフテイルのカスタムスタイルが融合。新搭載となる2つのMilwaukee-Eightエンジン(1745cc/1868cc)がトルクフルな走りと振動を低減させつつも“ハーレーダビッドソンを象徴する”鼓動感やサウンドも特徴。

 試乗会期間中に来店、アンケートを記入すると、記念として米国で人気の「ハンドスピナー」(HARLEY-DAVIDSONロゴ入りの非売品)をプレゼント。

https://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/dealer-locator.html
(ハーレーダビッドソン ジャパン販売店検索ページ)

2017年10月4日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン フタバ」

 湖東地域唯一の正規ディーラーとして23年、オートショップ フタバがハーレーダビッドソン(H-D)のグローバル基準に適合した最新のストアデザインプログラムを採用、次世代型店舗として10月7日(土)リニューアルオープン。 オープンなレイアウトによってショールームとサービス向上の一体感を実現、クールで都会的な面も併せ持つ新時代のハーレーライフを地域の人々へ提案する。オープン当日の10時からは最新2018年モデルはじめとする車両展示、軽食・記念品を用意 したオープニングパーティ(参加無料)を開催。10月31日(火)まではパーツやギアのスペシャルセールも実施する。

滋賀県彦根市戸賀町174-1
TEL:0749-24-5567
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日、第3火曜日
http://www.harleydavidson-futaba.com/

2017年10月3日 

■10月のMOTORISEは糸島の“ピーター”を訪ねて

 BS11(日本BS放送)で毎週金曜日22時30分から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。10月は“ぐっさん”こと山口智充の「バイク旅」シリーズ、今回はぐっさんが昔から親交のある芸能界の先輩・ピーターをゲストに迎え、福岡県糸島へ!

 まずは福岡市内から一路、佐賀の山間部でワインディングを楽しみ、地元の名物を堪能。ライダーとの触れ合いを経て温泉で至福の時を過ごす。

 ピーターと合流後はタンデムで糸島へ。二人の行き当たりばったりの勝手気ままな珍道中はいかに!? キレイな海岸線に豊かな自然広がる糸島のツーリングにご期待あれ!

 放送スケジュールは「Vol-163 ぐっさんのバイク旅 九州・福岡~佐賀ツーリング! 〝ピーター〟を訪ねて 前編」が10月6日(10月20日再放送)、「Vol-164 ぐっさんのバイク旅 九州・福岡~佐賀ツーリング!〝ピーター〟を訪ねて 後編」は10月13日(10月27日再放送)となっている。

 10月もMOTORISEをお見逃しなく!

MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/917





2017年10月2日 

■スズキ「新型アドレス 125 3way バッグプレゼントキャンペーン」

 優れた使い勝手と動力性能を備えたスズキの新型原二スクーター「アドレス125」のキャンペーンは同車をキャンペーン実施店にて購入、期限内に登録を完了させると「アドレスロゴ入り 3way バッグ」 がプレゼントされるというもの。

 実施期間は2018年3月31日(土) まで、登録期限は2018 年4月6日(金)まで。詳細は下記キャンペーンサイトにて。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/campaign/address125_3waybag/

2017年10月2日 

■第45回東京モーターショーモデル情報!! ホンダ&スズキ編

ホンダとスズキから、第45回を迎える東京モーターショーに展示されるモデルの情報が一部公開された。10月28日から一般公開とあと半月ちょっとに迫った東京モーターショー。地盤沈下だ、寂しくなる海外メーカーの参加だの、なんだかんだ言われても国内二輪ファンにとっては大注目のイベントには変わりなし。さっそく公開されたショーモデルをご紹介しよう。

■ホンダ■

『自分を、もっともっと連れ出すんだ。』をコンセプトにブース展開
カブの歴史、現在、未来を伝える“カブワールド”も

Honda Riding Assist-e(ワールドプレミア)

01_Honda_Riding_Assist-e_014H.jpg
05_Honda_Riding_Assist-e_015H.jpg 03_Honda_Riding_Assist-e_016H.jpg
04_Honda_Riding_Assist-e_019H.jpg 02_Honda_Riding_Assist-e_017H.jpg

 ホンダが東京モーターショーに展示する予定の二輪モデルは、写真の「Honda Riding Assist-e」が目玉で、「スーパーカブ110・1億台記念車」、「スーパーカブC125」、そして「モンキー125」(いずれもワールドプレミア)がコンセプトモデルとしてラインナップ。
 市販予定モデルとして、「クロスカブ110」(ワールドプレミア)、「CRF250 RALLY」(ジャパンプレミア)、「CB1300SUPER BOL D’OR」、「CB400SUPER FOUR」、「スーパーカブ50」、そして「スーパーカブ110」、の6台が展示される。この他にカスタマイズコンセプトモデル3モデル(ジャパンプレミア)や市販車5モデル、ヒストリーモデルとして懐かしの名車6台なども並べられることになっているが、残念ながら今回写真が公開されたのはコンセプトモデルの「Honda Riding Assist-e」と市販予定モデルの「スーパーカブ50」と「スーパーカブ110」のみ。
 
 この「Honda Riding Assist-e」は、今年の1月にラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES2017」で公開されて話題騒然となった“自立バイク”の発展モデルといえるものだ。車名からも分かる通りパワートレインに電動モーターを採用。ホンダが目指す“自由で楽しい移動の喜び”や“カーボンフリー社会の実現”の具現化に向けた提案とされている。次なる目標はいよいよ二輪でも可能とされる“自動運転”か。

06_Super_Cub_50_021H.jpg 07_Super_Cub_50_022H.jpg
「スーパーカブ50」(市販予定モデル)(ワールドプレミア)。
08_Super_Cub_110_023H.jpg
「スーパーカブ110」(市販予定モデル)(ワールドプレミア)。

スーパーカブ50/スーパーカブ110(市販予定モデル)

 間もなく世界累計生産台数が1億台に達するスーパーカブ、日本では新しい局面を迎えそうだ。現在、生産終了状態にあるスーパーカブ・シリーズが、平成28年排出ガス規制、世界規模で見るとユーロ4をクリアした新型となって東京モーターショーでお披露目される。市販予定モデルとして出展される「スーパーカブ50/110」は丸型ヘッドライトを採用したデザインが特徴。2009年に登場した初代スーパーカブ110(JA07)を彷彿とさせる。日本の熊本製作所で生産される“ジャパン・オリジナル”モデルとなるはずだ。
 
 市販予定モデルのリストに入っている「クロスカブ110」も同様に排出ガス規制をパスしたエンジンを搭載し、待望の二名乗車可能なモデルとして搭乗すると思われる。また、コンセプトモデルとして出展される「スーパーカブC125」は、来年スーパーカブが生誕60周年を迎えるのを機に、グローバル展開されている横型125ccエンジンを初代C100のデザインをオマージュした車体に搭載したモデルではないかと予想。また、「モンキー125」は前回の東京モーターショーで出展されたグロムベースのコンセプトモデルを発展、これまた先日生産終了となってしまったモンキーの次期モデルではないかと思われる。
●Honda http://www.honda.co.jp/motor/

 

■スズキ■

『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』を出展テーマに
2020年の創立100年へ向けてジャンプアップ

SV650X(ワールドプレミア)

09_20170922_SUZUKI_45th_Tokyo_MotorShow_SV650X.jpg

 スズキの二輪ブースの注目は、伝統的な外観を取り入れた“ネオレトロカテゴリー”といえる「SV650X」をメインに、これまたワールドプレミアのスタンダードスクーター「SWISH」、そしてすでに海外ではおなじみ軽量級スーパースポーツ「GSX-R125」をジャパンプレミア。また、現在も挑戦中のMotoGPマシン「GSX-RR」を参考出品する。見て触って跨れる市販車としては、「ハヤブサ」、「GSX‐R1000R ABS」、「バーグマン400 ABS」、「GSX250R」、「V‐Strom250」の、二輪車合計で9台の出展を予定している。
 
 2016年のモーターサイクルショーで注目を集めた「SV650ラリーコンセプト」の進化形モデルといえる「SV650X」は、メーカー自身がカスタマイズの提案をする最新のヨーロッパ・トレンドに沿ったモデルで、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝統的な外観を取り入れる“ネオレトロ”の手法通りのマシンだ。

GSX-R125(ジャパンプレミア)

10_20170922_SUZUKI_45th_Tokyo_MotorShow_GSX-R125.jpg

 先ごろ発売開始されたGSX-S125 ABSの兄弟車。軽量級の原付2種クラスながら高性能なスーパースポーツの“GSX-R”の血統を感じさせるフルカウルのスタイリングを採用。DOHC4バルブ、124cm3エンジンを搭載。グローバル展開車種として海外で一足早く発売され話題に。

GSX-RR(参考出品)

11_20170922_SUZUKI_45th_Tokyo_MotorShow_GSX-RR.jpg

 今シーズンのMotoGP参戦中の「GSX-RR」を参考出品。MotoGPでの高いパフォーマンスと、GSX-R1000をはじめとした市販車両への技術フィードバックを目的に開発されたマシン。

SWISH(ワールドプレミア)

12_20170922_SUZUKI_45th_Tokyo_MotorShow_SWISH.jpg

“上質なスタンダードスクーター”と紹介された「SWISH(スウィッシュ)」。「スクーターを乗り継いだ大人も納得する上質感を持ったスタンダードスクーター」を提案する。市街地での取り回しの良さと軽快な運動性を求めるユーザーや、通勤にスクーターを使用するユーザー層を想定。
●SUZUKI http://www1.suzuki.co.jp/motor/

2017年9月30日 

■求人情報「YSP相模原中央」

「神奈川県相模原市でYAMAHAの専売店として30年、『YSP相模原中央』が業務拡張に伴いメカニックスタッフを募集します。バイク好きの私たちが同じバイク好きに何ができるか。あなたの経験・スキル・想いをぶつけてください!」

●業務内容:メカニックスタッフ、営業・接客 整備士資格者優遇
●条件:要二輪免許(大型二輪尚可)、普通免許
●応募方法:履歴書(職務履歴書もあれば尚可)持参の上、面接いたします。お電話にてお問い合わせ下さい 採用担当:瀬谷

神奈川県相模原市中央区東淵野辺4-1-25
TEL:042-759-4616 FAX:042-759-2943
e-mail:info01@ysp-sagamihara.com
営業時間:10時〜19時
定休日:毎週月曜日、毎月第1日曜日
http://www.ysp-sagamihara.com

2017年9月28日 

■台湾の企業と住友商事が電動スクーターの普及に新たな挑戦

 観光地などでの小規模な電動スクーターのレンタル開始などの話題は耳にすることもあったが、このほど発表された台湾の「Gogoro」社と住友商事による事業は、人気急上昇中の石垣島をかかえる石垣市も巻き込んだ初の本格的な電動スクーターの普及事業となりそうだ。

 発表された資料によれば、
「Gogoro社と住友商事は、日本および海外展開においてGogoro社のサスティナブルなエネルギーネットワークインフラを活用した、オープンプラットフォーム事業を共同展開するために戦略的パートナーシップを締結しました。これに伴い、住友商事はGogoro社が実施した約300億円の第三者割当増資の一部を引き受けました。
 Gogoro社は、バッテリー交換式電動スクーター(スマートスクーター)と交換式バッテリー用充電ステーション(GoStation)を製造しており、そのデザイン性の高さと先進性から、台湾においては高い認知度を得ているスタートアップ企業です。現在、台湾全土におけるGoStationの設置数は400カ所以上に上ります。2015年の販売開始以来、スマートスクーターの累計販売台数は3万4千台以上で、既に台湾以外への進出も果たしており、2016年にベルリンへ、2017年にはパリへも出し、シェアリング事業を展開しています。
 住友商事は、沖縄県石垣市におけるエコアイランド化構想をサポートする一環で、Gogoro社の日本への初の展開として、地場企業と協力しながら、石垣島におけるスマートスクーターとGoStationを活用したシェアリングサービスの今年度中の開始を目指します。」
 としている。

 石垣市としてはGogoro社の電動スクーターを、急増する観光客向けの足として利用してもらい、駐車場不足や環境汚染などの問題を一気に解消しようという計画だ。

IMG_0823s.jpg Gogoro-Family-Shot_s.jpg
“戦略的パートナーシップの構築”を発表した住友商事自動車事業第一本部長の中島正樹氏(右)とGogoro社のHorace Luke CEO(左)。石垣市の中山義隆氏もビデオメッセージで参加。 電動スクーター自体よりも、最短6秒での電池交換を可能とした充電システムネットワークの“GoStation”が注目ポイント。

 ここで話題の中心となるGogoro社の電動スクーターの詳細を取り上げるべきなのだが、これまでの電動スクーターメーカーと違うのは、「わが社はスクーターメーカーではありません。バッテリーメーカーでもありません。オープンプラットフォーム企業なのです」(GogoroのHorace Luke CEO)つまり電動スクーターは手段であって、最終目的ではない、ということ。したがって電動スクーターの特徴も、1充電で何km走れる、とか、性能はどれほどで、といった項目よりも、独自の技術と胸を張る6秒で可能な“バッテリー交換方式”であったり、これまた独自の開発である“交換式バッテリー用充電ステーション”の普及が主たる目的で、使用される電動スクーターは“交換式バッテリー”システムに対応していれば極端な話どんなカタチでもかまわない、ということだ。

“充電ステーション”という言葉も本来なら“電池交換ステーション”とでも命名した方がより特徴を表していると思える。ユーザーにとっては“充電”という言葉とは無縁になり、バッテリー残量が心もとなくなったらステーションに行ってポンと外し、充電済みの新しい電池と差し替えるだけ。充電はステーション側の仕事で、常時バッテリー管理の仕事を行ってくれているのだ。その充電にもこだわりがある。Gogoro社では、一部のGoStationでの充電に太陽光パネルによる再生可能エネルギーを活用している。災害時には防災拠点への緊急電力供給の役割を担う設備としても活用する予定とか。

 石垣市と住友商事としては、「本事業を通して、石垣島の世界に誇る自然環境の保全に貢献し、自然が生んだエネルギーと先端の技術を組み合わせ、市民の生活をサポートし、魅力のある観光資源の発掘・育成に取り組みます」としている。

 クルマの世界では今年に入って一気に電動自動車の話題が沸騰しているが、電動二輪の普及はこういった地道な活動を積み重ねて行くのが無理のないところだろう。そういえば、今年の9月スタートを目標に「さいたま新都心駅東口自転車等駐車場における一般ユーザー向け原付一種クラス(第一種原動機付自転車。道路運送車両法で定める、総排気量50cc以下のエンジン、または定格出力0.60kW以下の電動モーターを搭載する二輪以上の乗りもの)の電動バイクのレンタルとバッテリー交換サービスを開始。レンタルされる車両は、ヤマハのE-Vino(イービーノ)30台で、7月21日からさいたま市のホームページにて利用希望者を募集。将来的には、この実証実験のほか、電動バイクのシェアリングの実証実験も検討している」というニュースを紹介したが、こちらの実証実験の進捗具合はいかがでしょうか。

■Gogoro社 https://www.gogoro.com/

2017年9月28日 

■求人情報「ホンダドリーム川崎中原」

「川崎市で40年以上営業している老舗である『ホンダドリーム川崎中原』では、業務拡大によりメカニックを募集中です」

●募集職種:メカニック
●勤務地:ホンダドリーム川崎中原店舗
●条件:要普通免許、二輪免許、国家自動車整備士資格3級以上
●待遇:社会保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、傷害保険有り バイク通勤可
●応募方法:電話連絡の上、履歴書をご持参下さい。詳細は面談にて 担当:二階堂 

神奈川県川崎市中原区上平間1700-291
TEL:044-555-2222
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日、第3火曜日
http://www.dream-kawasaki.jp/