MBニュース&トピック

 

2019年3月7日 

■宮古島で電動バイク「PCX ELECTRIC」のレンタルサービス開始



 昨年秋、企業や個人事業主向けにリース販売が開始された原付二種の電動二輪車「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」。3月より東京都と神奈川県エリアでモニター調査(今後は大阪府と兵庫県でも実施予定)が始まったガソリン、ハイブリッドに続く“第3”のPCX、沖縄・宮古島ではレンタル事業者に提供され、電動二輪車の活用状況と使用者からの意見、要望を収集していくという。

 ホンダとソフトバンクの連携によってPCX ELECTRICが提供される「宮古カレン」(沖縄県宮古島市)は、宮古島のアクティビティーとして3月6日よりレンタルサービスを開始。環境負荷の軽減に寄与するとともに、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」のメリットを生かし、島内複数ヵ所で充電済みバッテリーに交換できるサービスを展開する。

着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」

 また、ソフトバンクの移動体通信網に車両に搭載された通信ユニットがつながることで、車両ごとの位置情報や走行距離・速度、バッテリー残量などのデータをリアルタイムに収集・分析が可能となり、電動二輪車と充電インフラの効果的な運用方法も検証される。

 PCX ELECTRIC は原付二種なのでタンデム(二人乗り)も可能。電動ならではの静かで環境にやさしい走行で波の音、風の音、海の匂いを全身で感じながら、同乗者と会話を楽しみながら宮古島の豊かな自然を楽しむことができるという。PCX ELECTRIC の利用料金は1日12,960円(税込) で、料金にはヘルメット 2人分、グローブ2人分、配車料金、保険料も含まれる。

宮古カレン
https://www.miyakokaren.com

PCX ELECTRIC
https://www.honda.co.jp/PCXELECTRIC/

2019年3月7日 

■親子で楽しめる春休み特別イベントを開催


コミュニケーションプラザ2階の様子

 ヤマハ発動機の本社に併設される企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」(CP。静岡県磐田市)にて、小・中学生を対象にモノづくりの楽しさを体験することができる特別イベント「工場見学&体験教室」が今年も開催される。子どもたちの休みに合わせて2003年より開催、親子で気軽に参加できるイベントだ。

 内容は、ヤマハ発動機のモーターサイクル車体工場の見学に加え、電気モーターを自作してその仕組みを学ぶ 「親子モーター工作教室」、クリアファイルを使ってボートを作り競走する 「親子ボート工作教室」、本物のエンジンを分解し組み立てる 「親子エンジン分解・組立教室」といった体験教室にて教材を使い楽しく実験・実習するというもの。

●開催日
3月26日(火)・28日(木)・29日(金)
4月2日(火)・3日(水)・4日(木)
●開催時間
午前の部:10時~工場見学、11時~体験教室
午後の部:13時30分~工場見学、14時30分~体験教室
●対象
小中学生と保護者 (1グループ1名以上の保護者が同伴)
●定員
各回親子10組20名
●参加費
無料
●申し込み方法
コミュニケーションプラザへの事前申し込み

問:ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザ
TEL:0538-33-2520
FAX:0538-33-2530
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/

2019年3月7日 

■Huluは2019年シーズンもMotoGP全戦リアルタイム配信

マルチアングル4映像

 今週末、ロードレースの世界最高峰・MotoGPが中東を舞台に幕が切られる。50,000本以上の映画・ドラマ・アニメを楽しめるオンライン動画配信サービス Huluでは、第1戦カタールGPの予選3月9日(土) 23時30分~3時30分(予定)と決勝3月10日(日) 22時45分~3時30分(予定)からスタートし、最終戦となる第19戦バレンシアGPの 11月17日(日)までの全予選・決勝の模様をリアルタイム配信。

 今シーズンは、ここ2年マルク・マルケス(ホンダ)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)によって展開されたチャンピオン争いに、事前テストから好調のヤマハ勢とスズキ勢が加わること必至。さらに2年連続最高峰のMotoGPクラスに挑戦する中上貴晶、Moto2クラスに参戦する長島哲太、 Moto3クラスの鈴木竜生、佐々木歩夢、鳥羽海渡、真崎一輝、今年から初のフル参戦をする小椋藍ら日本人ライダーの活躍にも要注目だ。

 配信されるのは①日テレG+が放送する実況・解説付映像②各クラス2選手分のオンボードカメラ(バイクの車体に搭載した超小型カメラ映像)③ライブトラッキング(全ライダーの現在位置を表示したCG 画像)④空撮カメラ(レースを上空から撮影したカメラ映像)。臨場感が味わえるよう、マルチアングル4映像(パソコン・スマートフォン・タブレット・Chromecastにのみ対応)も用意される。

 Huluは月額933円(税抜)でいつでも、 どこでも、 全ての作品が見放題。 インターネットに接続したテレビ、 パソコン、 スマートフォン、 タブレットなどで視聴可能となっている。

Hulu
https://www.happyon.jp/

2019年3月7日 

■スズキ・バーグマン200 のサービスキャンペーン

 対象車両は型式2BK-CH41A (通称名:バーグマン)の車台番号CH41A-706272~CH41A-706691(製作期間:平成30年4月24日~平成30年10月12日)の420 台、計420台。

 不具合の内容は「スロットルボディ構成部品であるスロットルポジションセンサの制御値が誤っているため、エンジン始動時のエンジン回転上昇制御の際にエンジン回転が過大に上昇し、また、一定時間を経過してもアイドリング回転数までエンジン回転が下がらなくなるおそれがあります」というもの。

 改善の内容は「全車両、スロットルボディを良品に交換します」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:スズキ お客様相談室
TEL:0120-402-253

2019年3月5日 

■ショップオープン情報「アップガレージ秦野インター店」

 中古カー&バイク用品チェーンを全国に170店舗以上展開するアップガレージの神奈川県内9店舗目(東京タイヤ流通センター併設)として3月9日(土)買取先行プレオープン、3月22日(金)グランドオープン。地域に密着したハイタッチな接客、豊富な商品を用意し、多くのクルマ好き・バイク好きユーザーが楽しむことができる空間を提供していくという。

神奈川県秦野市落合 376-1
TEL:0463-83-1182
営業時間:10時~20時
定休日:年中無休(年末を除く)
https://www.upgarage.com/

2019年3月4日 

■バイク王が初となる新車販売を開始

 “バイクライフの生涯パートナー”をビジョンに掲げるバイク王&カンパニーは、イタリアのスクーター・ブランドである「ランブレッタ(Lambretta)」の輸入元であるサイン・ハウスと新車販売に関する契約を締結。正規ディーラー店として3月8日(金)よりランブレッタの販売を開始する。バイク王が新車を取り扱うのは初めてのこと。


ランブレッタ 実車展示販売店舗(全国20店)。上記以外の店舗でも購入相談や手続きが可能。
※クリックすると大きく見ることができます

 1947年に最初のスクーターを発表したランブレッタは1970年代にイタリア労働争議に巻き込まれたことで工場を閉鎖。近年まで不法のコピーモデルが出回っていたが、2017年に創業家のイノチェンティ社がランブレッタ社を設立。日本では2018年にサイン・ハウスが総輸入元となり、新車の販売が開始された。

 全国展開するバイク王の中でもランブレッタの実車販売店舗は全国20店。V50 Special(税込希望小売価格38万円)、V125 Special(同40万円)、V200 Special(45万円)を取り扱う。

https://www.8190.jp/

2019年3月1日 

■ヤマハがスクーターライフを楽しく彩る各種キャンペーンを実施

 「AT小型限定免許とっちゃう♪キャンペーン」は、5月31日(金)までの期間中にAT小型限定普通二輪免許を取得し、対象モデルの新車を購入すると、ワイズギアカタログに掲載されている用品購入に使用できるクーポン10,800円分(税込)をプレゼント。

 対象モデル(型式)はTRICITY 125/ABS(SE82J/SEC1J)、NMAX ABS(SE86J/SED6J)、CYGNUS-X/SR(SEA5J/SED8J)、BW’S125(SEA6J/SED9J)、AXIS Z(SED7J)、AXIS Treet(SE53J。生産終了モデルのため店頭在庫のみ)。

「AT小型限定免許とっちゃう♪キャンペーン」
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/campaign/125cc-license/




 「原付二種盗難保険プレゼントキャンペーン」は、6月28日(金)までの期間中に対象のヤマハ125ccスクーターをキャンペーン協賛店にて新規で購入・登録した車両に対し、盗難保険(1年間)を無償でプレゼント。

 対象モデル(型式)はTRICITY 125/ABS(SE82J/SEC1J)、NMAX ABS(SE86J/SED6J)、CYGNUS-X/SR(SEA5J/SED8J)、BW’S125(SEA6J/SED9J)、AXIS Z(SED7J)、AXIS Treet(SE53J。生産終了モデルのため店頭在庫のみ)。

「原付二種盗難保険プレゼントキャンペーン」
https://www2.yamaha-motor.co.jp/SPT/Locator125cc2019/




 「Vinoオリジナルヘルメットプレゼントキャンペーン」は、5月31日(金)までの期間中にキャンペーン協賛店にて対象の新車を購入すると、アイボリーとブラックの2色の中からいずれかを選べるオリジナルヘルメットをプレゼント。

 対象モデル(型式)はVino(AY02)、E-Vino(SY11J)、2018年以前の生産終了モデル(生産終了モデルは店頭在庫のみ)Vino、Vino Deluxe、リモコンVino、Vino Molfe(SA37J、SA54J、SA59J)。

「Vinoオリジナルヘルメットプレゼントキャンペーン」
https://www2.yamaha-motor.co.jp/SPT/Locator-Vino2019

2019年2月28日 

■新型を投入、今後も“アスリートの勝利の笑顔を目指す”取り組みを

3月3日(日)に開催される「東京マラソン」にも出場する契約ライダーらアスリートも紹介。トップ選手は競技用車いすでフルマラソン(42.195km)を1時間20分台で駆け抜けるという。

 ホンダグループによる「車いす陸上競技支援の取り組み」が20周年を迎える。その活動に関する説明会が行われた。

 活動の原点は、大分の障がい者支援施設「太陽の家」を設立した整形外科医の中村 裕 医学博士と、ホンダ創業者の本田宗一郎の「障がいのある人達の社会的自立の促進」という理念によって1981年に設立された「ホンダ太陽」。同年に開催された「第1回 大分国際車いすマラソン」に参加したホンダ太陽の従業員への支援の輪が拡がりはじめたのをきっかけに自己啓発グループ「車いすレーサー研究会」が発足し、世界一軽い陸上競技用車いすの製作がスタートする。


現在販売中、カーボンメインフレームとアルミシートフレームのハイブリッド構造となるスタンダードモデル「挑」(イドミ)。

 そして1999年。車いす陸上競技活動がホンダ太陽とホンダR&D太陽からのバックアップを得られる公式クラブ「ホンダアスリートクラブ」となり、活動がさらに強化されることとなる。

 その後は本田技術研究所の開発アイテムに陸上競技用車いすが加わり、クラブ所属選手へ車いすレーサーが提供されたり、2002年には選手からのフィードバックを得ながら世界初となるフルカーボンボディの車いすレーサーの試作1号車が完成。2013年には軽自動車などの生産を行う八千代工業も活動に加わったことで、カーボンフレームを採用する市販車いすレーサー「極」(キワミ。2014年販売)の量産技術が確立する。

 活動20周年となる2019年。4月には市販車いすレーサーのニューモデル「翔」(カケル)をリリース予定だ。これまでのモデルが「YACHIYO・Honda Sun」ブランドであったのに対し、新型は「Honda」ブランドとなり、ホンダグループ全体での取り組みとなるという。

4月からの発売を予定している新型車いすレーサー「翔」。乗り心地や直進安定性を向上させたウイングフレームは夏場に備え「白」を纏う。ステアリングダンパーはネック部に内蔵されるなどの特徴をもつ。標準重量は8.5kg。

2019年2月27日 

■“修行”のようなツアー他、各種海外バイクツーリングを設定、道祖神「2019年度バイクツアー・パンフレット」完成!

 連載コラム「ゆきゆきて道祖神」でもお馴染み、海外バイクツーリングの先駆者である旅行会社・道祖神が今年度も世界各地でツーリングを企画。パラパラとページをめくるだけでも夢膨らむ2019年度版バイクツアー・パンフレットが完成した。

 今年の目玉は「チベット横断16日間」。標高5000mのラサから峠を越えてカジュアルまで約3200kmを150ccオンロードモデルで走破するという行くことも走る機会も稀な、まさに“修行”のようなツアーだ。

 他、昨年実施した道祖神40周年特別企画「西アフリカ7ヶ国横断アドベンチャーツーリング40日」の短縮版や、ユーラシア大陸最南端の知られざる穴場であるマレーシアのタンジュン・ピアイに到達する旅などの新コースも設定。もちろんアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、モンゴルなどの定番コースも多数設定される。パンフレットの請求、問い合わせはバイクツアー専用サイト(https://www.biketour.jp/tour/)にて。

 尚、連載コラムはヨッティに代わり、ニューフェースが近々再開の予定。お楽しみに!

問:道祖神 バイクツアーデスク  
TEL:03-5444-8190
E-mail:bike@dososhin.com
http://www.biketour.jp

2019年2月26日 

■バイク女子の珍道中や対談あり、3月のMOTORISE!

 毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。3月は2本立て特集だ。

 3月1日放送(3月15日再放送)「Vol-198 バイク女子会〝biko〟茨城・珍道中! 研修生は正式メンバーになれるのか…?」は下川原利紗、バイク初心者で番組研修生の桐生美希&福本優香というレギュラーメンバーによるツーリング企画。目的地や立ち寄り場所など全て3人でプランニング、寒い時期でも元気いっぱいのレディースライダー達の目的はインスタ映えと美味いモノ! 撮影交渉も「自分たちでやります!」。




 「Vol-199 〝トップウGP〟漫画家・藤島康介 中野真矢とバイクを語る!」は3月8日放送(3月22日再放送)。MotoGPに挑む若き日本人ライダーの姿を描いた漫画「トップウGP」の作者であり、レースのみならずバイク好きとしても知られる藤島康介氏をゲストに迎え、番組ナビゲーター・中野真矢とスペシャル対談、“レース”そして“バイクの魅力”を語る。さらに二人の地元である千葉をバイクで巡る。



MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/motorise/