MBニュース&トピック

 

2017年11月22日 

■今年は入場無料! 「Honda Racing THANKS DAY 2017」

 12月3日(日)、栃木県のツインリンクもてぎにて開催。今年で10回目を迎えるモータースポーツ・ファンに向けた感謝イベントで、国内外で活躍している 二輪・四輪カテゴリーの選手が一堂に会し、さまざまなレーシングマシンによるデモンストレーション走行や同乗体験走行など、ホンダならではの多彩なプログラムが展開される予定だ。雨天決行。入場無料。

 もちろん、今年 5月にアメリカで開催された第 101 回インディアナポリス 500 で優勝した佐藤琢磨選手による、優勝マシンのオーバルコースデモンストレーション走行も実施予定。

 入場の際は「入場証」が必要(公式ページよりダウンロード)、駐車の際は駐車券が別途必要。

主な開催プログラム(予定)
・全参加選手、チーム監督によるオープニングセレモニー
・ホンダスポーツカーおよびレーシングマシンなどによるデモンストレーション走行
・世界トップカテゴリーで活躍するライダー・ドライバーによるトークショー
・レーシングマシンでのサーキット同乗体験
・トライアルバイクショー
・参加ライダー・ドライバーによるレーシングカート大会/GROM レースなど
・参加ライダー・ドライバーによるサイン会

主なイベント参加者(予定)
二輪ライダー
マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、中上貴晶(FIMロードレース世界選手権)
ティム・ガイザー(FIM モトクロス世界選手権)
高橋裕紀、清成龍一、秋吉耕佑、 高橋 巧、水野 涼(MFJ全日本ロードレース選手権)
成田 亮、山本 鯨(MFJ 全日本モトクロス選手権)
小川友幸 (MFJ全日本トライアル選手権)

Honda Racing THANKS DAY 2017
http://www.honda.co.jp/enjoyhonda/hrtd/2017/

2017年11月21日 

■史上初、WSBK3連覇の“ジョニー”が神戸にやってくる!



 Kawasaki Racing Team(KRT)より“市販車世界最速決定戦”ことスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦、今シーズンはNinja ZX-10RRを駆り、同選手権で史上初の3連覇を達成したジョナサン・レイが来日、ファンイベントが11月29日(水) 開催される。

 会場はカワサキワールド・モーターサイクルギャラリー企画展示コーナー(兵庫県神戸市波止場町2番2号 神戸海洋博物館内)、時間は13時30分から15時30分。

 会場では、入場券を購入(大人600円、小中学生250円)の上、神戸海洋博物館に入場した先着100名限定にてジョナサン・レイとのツーショット撮影会を実施。撮影の際には参戦マシンNinja ZX-10RRが前面に写り込むよう設置される。

 尚、入場券はカワサキワールドのサイトより割引券の発行が可能。

カワサキワールド
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

2017年11月20日 

■ホンダがナイジェリアで新型小型二輪車「Ace110」を発売

 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社であるホンダ・マニュファクチュアリング・ナイジェリアが、新型二輪車「Ace110」の発表会を開催した。

 この「Ace110」というモデルは、ビジネスユーザー中心に好評の上級モデル「Ace125」のイメージを踏襲しつつ、品質を維持しながら徹底したコスト削減を行うことで、22万ナイラ(日本円にして約7万円、10月31日現在)と、低価格を実現したモデルだ。販売台数は1年目が8万台、2年目は11万台を計画し、11月20日よりナイジェリア国内で販売を開始する。

20171120_Ace110_001H.jpg 20171120_Ace110_002H.jpg
ナイジェリアモデルの新型「Ace110」。 「Ace110」価格は22万ナイラ、日本円にして7万円!

「Ace110」のエンジンには「CG110」で実績のある耐久性や燃費に優れた110ccエンジンを採用、CG110比で容量を45%UPした燃料タンクにより一度の給油での長距離走行を可能としている。また、快適性を向上したシートや耐久性に優れた前後サスペンションの採用など、ユーザーの満足感と利便性を向上させている。現在アフリカでの最大の二輪車市場といえるナイジェリアに、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供するというHondaの想いを具現化したこのAce110を投入し、さらなる販売拡大を目指す」としている。

 ちなみにホンダのデータによれば、ナイジェリアの二輪車総市場は、2015年には100万台規模を有したが、外貨調達の影響で、2017年は50万台を下回る水準に落ち込んだという。2018年は外貨流動性の改善が期待されることにより市場の回復を見込んでおり、Hondaは2018年に10万台の販売を計画している。

■本田技研工業株式会社 http://www.honda.co.jp/motor/

2017年11月17日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン湘南」

 11月18日(土)、リニューアルオープン。圏央道・茅ヶ崎西ICより約3分、国道1号沿い“二輪の駅”としてもお馴染み、地上5階建ての店舗は内装も一新、頭上には歴代ハーレーダビッドソンが並ぶ他、最新モデルから希少モデル、定番モデルまで常時140台以上を展示。12月25日(月)までの期間は①新車成約特典としてハーレーダビッドソンヘルメットプレゼント&10 万円(スポーツスターは5万円)購入サポ-ト ②見積り特典としてクオカードを先着 20 名限定プレゼント③店頭在庫アパレルが30%OFF になるスペシャルセールを開催、といったグランドオープンフェアを実施。

神奈川県茅ケ崎市中島 255
TEL:0467-86-8000
営業時間:10時~19時
定休日:第2・4水曜日 、年末年始
http://harleydavidson-shonan.com/

2017年11月16日 

■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「大型二輪免許取得 サポート キャンペーン」

 新型ストリートトリプル・シリーズ、ボンネビルボバー、ストリートスクランブラーなど、今年もニューモデルや様々な話題を日本市場に提供してくれたトライアンフ モーターサイクルズ ジャパンがキャンペーンを実施中。

 2017年12月31日(日)までの期間にトライアンフの新車を成約・登録した、2017年7月1日以降に大型二輪MT免許を取得または2018年1月31日までに取得予定の人を対象に、大型二輪免許取得費用相当分として8万円(税別)を車両購入時にサポート。

http://www.triumphmotorcycles.jp/

2017年11月16日 

■東京モーターショー2017、女性と若者の来場者が顕著に増加

 10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間、東京ビッグサイトで開催された「第45回東京モーターショー2017」。会期中の総来場者数は、一般公開日直後の週末に台風22号の影響を受けたこともあり、前回(2015年:812,500人)比94.9%の771,200人だった。会期後半は好天に恵まれたことで、11月2日(木)には、東京ビッグサイト開催となった第42回ショー(2011年)以降における平日の一日当たり入場者数が過去最高を記録したという。

 
 主催者の調べによると「来場者の男女比は、男性:75.9%(82.3%)・女性:24.1%(17.7%)、年齢構成では15~19歳:7.1%(4.2%)・20代:20.6%(18.0%)・30代:23.6%(20.0%)という結果となり、4人に一人が女性、15歳~39歳までの来場者が51.3%(42.2%)と半数を占め、女性来場者と若者の来場者が顕著に増加したショー」となったという。※( )内は前回数値

 今回のショーは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに、全ての国内メーカー14社15ブランド及び海外メーカー13社19ブランドを含む153社・団体が出展。ワールドプレミア・ジャパンプレミアを含む380台が展示された。

2017年11月15日 

■新機能を追加しつつ軽量・コンパクト、低価格化を実現

 路上での実施が困難な二輪車の危険予測トレーニングを仮想空間で行える安全運転教育機器として開発されたホンダの安全運転教育用「Hondaライディングシミュレーター」がフルモデルチェンジ。11月29日より発売される。価格は861,840円 (税込)。

 主に自動車教習所向けとして二輪免許の取得やライダーの再教育用として活用されているライディングシミュレーターは、ホンダが長年培った安全運転のノウハウを投入。1996年より発売され、今回のモデルで3代目となる。これまで国内外で約700台を販売してきたという。

 特徴は、走行中にどの地点で危険を感じ 取ったかを記録して走行再生時に表示する「危険予測表示機能」など、危険予測の学習ができる ソフトを充実させ、より機能を高めたこと。 より多くの教習所で活用できるよう、車体に傾斜機能をもたせないことで、軽量・コンパクト化、低価格化も実現した。

 オートマチックトランスミッション車とマニュアルトランスミッション車、 さらに普通二輪車、大型二輪車のいずれの教習にも対応している。

2017年11月10日 

■ホンダ、バングラデシュに二輪車工場を新たに建設

鍬入れ式の様子。(左から)下川一郎 二輪事業本部熊本製作所長、青山真二 執行役員 アジア・大洋州本部長、泉裕泰 駐バングラデシュ日本国大使、アミール・ホセイン・アムー 工業大臣、パバン・チョードリ バングラデシュ経済特区庁(BEZA) 長官、石井祐一朗 BHL社長。

 二輪車産業の活性化に向けて現地調達促進を図る一方、現地生産・部品調達を拡大させる企業に対する輸入部品関税の引き下げを今年実施したバングラデシュは、二輪車の販売価格が下がる傾向にあり、市場は急激に拡大 しているという。

 そんな同国でホンダの二輪車生産・販売合弁会社であるバングラデシュホンダ(BHL)は、さらなる生産・販売台数拡大を目的に、新工場の建設を決定、11月5日にムンシゴンジ県において鍬入れ式を実施した。

 BHLは2013年よりバングラデシュで二輪車組立を開始。ムンシゴンジ県アブドルモネム経済特区に広さ10万㎡の土地を購入、建設される新工場は2018年後半に完成車組立能力10万台の規模で稼動を開始し、その後は順次生産能力を拡大。2021年までに20万台にする予定 だという。尚、工場建設、土地購入などの投資額は約23億タカ(約32億円)、稼働開始時の同工場の従業員数は約340名を予定。

 ホンダは、現地での生産活動を強化することで二輪車産業の発展に協力し、質が高く求めやすい魅力的な商品を提供することで社会に貢献していくという。


本田技研工業株式会社 青山真二 執行役員 アジア・大洋州本部長のコメント
「多くの人口をもち、安定して成長する経済に支えられたバングラデシュの二輪車市場は、今後も大きく拡大する可能性をもつ有望な市場です。バングラデシュ政府の現地調達拡大施策にあわせ、Honda二輪車の現地生産を拡大し、産業全体の活性化に貢献していくとともに、お客様のニーズに応えるため、お求めやすい多様な商品を提供してまいります」

石井祐一朗 BHL社長のコメント
「二輪車市場は急拡大をしており、パーソナルな交通手段を提供することの重要性を実感しています。今後、市場の成長スピードに合わせて生産体制を強化していく一方、国内の販売網も強化し、より多くのお客様に、Hondaの商品を提供できる環境を整備してまいります」


バングラデシュホンダ(Bangladesh Honda Private Ltd.)概要
設立:2012年12月
本社所在地:バングラデシュ ガジプール
資本金:6億1000万タカ
出資比率:本田技研工業株式会社 70%/Bangladesh Steel and Engineering Corp. 30%
代表者:社長 石井 祐一朗
事業内容:二輪車および部品の輸入・製造・販売
生産能力:既存工場(ガジプール)8万台/年
新工場(ムンシゴンジ県 アブドルモネム経済特区)10万台/年(立ち上がり時)
生産機種:CD80、Dream Neo110、LIVO110、CB Shine125、CB Trigger150
従業員数:約190名(2017年11月時点)

2017年11月9日 

■ホンダ・スーパーカブ110MD他の改善対策(平成29年11月9日届出)

 対象車両は型式2BJ-JA43(通称名:スーパーカブ110 MD)の車台番号JA43-1000017~JA43-1006874(製作期間:平成 29 年 8 月 30 日~平成 29 年 10 月 24 日)の4,555台(郵政専用車両)、型式2BJ-JA44(通称名:スーパーカブ110)の車台番号JA44-1000019~JA44-1000323(製作期間:平成 29 年 10 月 13 日~平成 29 年 10 月 30 日)の228台、型式2BJ-JA42(通称名:スーパーカブ110 プロ)の車台番号JA42-1000011~JA42-1000114(製作期間:平成 29 年 8 月 30 日~平成 29 年 10 月 18 日)の64台、計3型式、計3車種、計4,847 台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(エアクリーナボックス)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「エアクリーナボックスにおいて、ブローバイガス通路の成型設備が不適切なため、ブローバイガス通路に樹脂の膜が残り、貫通していないものがある。そのため、エンジン回転を上げると、燃焼室から漏れたブローバイガスにより、クランクケースの内圧が上昇し、ヘッドカバーガスケットが一部外れ、エンジンオイルが漏れるおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「全車両、ブローバイガス通路の貫通状態を点検し、貫通していない場合は、良品のエアクリーナボックスに交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:本田技研工業 お客様相談センター
TEL:0120-086819

2017年11月9日 

■KYMCOがEICMAで「Cシリーズコンセプト」と「XCITING S 400」を発表

 KYMCOは、EICMA2017(ミラノショー)で、「Cシリーズコンセプト」の二輪モデル「V2」と三輪モデル「V3」、2タイプのコンセプトモデルと、最新のマキシスクーター「XCITING S 400」を発表した。

 Cシリーズコンセプトは、究極の快適さと、長距離ツーリングの実用性を求めるライダーに、軽いアドベンチャー機能と発見の楽しさも提供することを目標に開発されたモデルで、CV2が二輪、CV3が三輪車を表し、キャラクター、個性が異なるという。

 KYMCO初の3輪スクーターであるCV3は、ユニークなフロント2輪メカニズムを持ち、どんな状況下でも卓越した安定性と信頼性を提供できるように設計されているという。CV3のフロントサスペンションには電子ロックも装備されており、ボタンを押すだけで、確実に自立させることが可能だ。卓越した安定性と快適性を兼ね備えたCV3は、運転の自由と快適さを享受しながら、都市交通におけるスクーターの敏捷性も体験したい人に最適、としている。

CV3_concept.jpg CV2_concept.jpg
CV3 concept。 CV2 concept。

「KYMCO’s New XCITIONG S 400 Putshines All the City Glitter at 2017 EICMA」

 KYMCOがEICMAで公開したもう一つのモデルは、KYMCOの最新のマキシスクーター「XCITING S 400」だ。このXCITING S 400は、機敏なハンドリング、クラス最高レベルの出力、滑らかで静かなパワーデリバリーなどで高い評価を得ているXCITING 400の後継機種で、あらゆる面でXCITING 400の性能を上回っている。

 長年にわたるKYMCOの“Win My Heart”の精神に基づき綿密に設計され、スポーツツーリング性能を追求するライダーの厳しい要求に応ええる次世代のマキシスクーターとされている。スクーターとして業界初となるECE認定のDRL(デイタイムランニングライト)を搭載し、視界を大幅に向上させているのも特徴だ。

 エンジンは、クラス最高の出力26.5kWと、最大トルク37.7Nmを生み出し、都市交通のための応答性に優れた加速だけでなく、高速域からの即座の強力なスプリントも保証してくれる。

XCITING_S_400.jpg
XCITING S 400。

●キムコジャパン http://www.kymcojp.com/