MBニュース&トピック

 

2017年4月13日 

■ヤマハが世界屈指のスクーター大国で大台に!

4月7日、累計1,000万台を祝うセレモニーが行われた。

 総人口約2,400 万人に対し二輪車の総保有台数は1,300 万台超、特にスクーターが日常の交通手段として広く普及しているという台湾。年間総需要は約85万台にのぼる。

 そんな台湾のヤマハ発動機・現地法人Yamaha Motor Taiwan co., Ltd(YMT)の二輪車生産台数が累計1,000万台に到達した。

  YMTは1987年、台湾北部・桃園市に設立。主に台湾と日本向けのスクーターを生産しており、2016年の年間生産台数は33万台。うち、日本を含む海外への輸出が8万台で、日本向けには原付二種以下のスクーター(トリシティ、NMAXを除く)でお馴染みだ。

YMT製品の日本上陸は四半世紀以上前に遡る。写真左は「RS90」。1989年の東京モーターショーに「ターゲット90」の名で参考出品、翌1990年4月26日に1,000台限定で販売(18万9000円)された。以降、シグナス・シリーズをはじめ多くのYMT製スクーターが日本で親しまれている。写真右はその最新モデル、4月25日発売の125ccスクーター「アクシスZ」。

2017年4月12日 

■2018年4月からの入学生を対象に、ハーレーが若者に魅力的な企業であり続けるためのサポート

ハーレーダビッドソンのスペシャリストを養成する、現在日本で唯一の専門コース「ハーレーダビッドソン専科」(2年制)がある東京工科自動車大学校 品川校。

 東京工科自動車大学校 品川校に日本唯一の「ハーレー専科」を設けた2009年以降も、日本国内の技術者人材育成に取り組んできたハーレーダビッドソン ジャパン(HDJ)が、全国4つの整備専門学校と新たに提携。2018年4月からの入学生を対象に車両や実技講習のサポートを始めた。全国規模の複数校体制で整備専門学校へ車両や実技講習のサポートを行うことは、今回が初の試み。

 今回、提携を行うのは角川学園 花壇自動車大学校(宮城県仙台市)、名鉄学園 名鉄自動車専門学校(愛知県丹羽郡大口町)、岡崎学園 大阪自動車整備専門学校(大阪府大阪市)、ぜんりょう学園 専門学校 北九州自動車大学校(福岡県北九州市)の4校。

角川学園 花壇自動車大学校 名鉄学園 名鉄自動車専門学校 岡崎学園 大阪自動車整備専門学校 ぜんりょう学園 専門学校 北九州自動車大学校

 ハーレーダビッドソン正規販売ディーラーにおけるサービステクニシャンの募集と雇用をサポートするのみならず、実践的な整備技術を早期に習得・習熟できる学生にとってもメリットが大きいというこの取り組み、独自カリキュラムに則った実技講習を提供できる4整備専門学校にとっても、学生募集や優秀な技術者の輩出へ向け好影響が及ぶものと期待されている。

 HDJはこれからも若者にとって魅力的であり、興味を惹きつける企業であり続けるために、またモーターサイクル・カルチャーのさらなる普及のために、積極的に今回のような活動を行っていくという。

http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/

2017年4月11日 

■Honda製品があるガーデンライフを提案「第19回国際バラとガーデニングショウ」

Hondaブースイメージイラスト

 毎年初夏恒例のイベント、日本最大級のガーデニングの祭典こと「国際バラとガーデニングショウ」が5月12日(金)から17日(水)まで、メットライフドーム(旧・西武プリンスドーム、埼玉県所沢市)にて開催される。

 同ショウの開催テーマ“自然との共生”に賛同し2004年より出展しているホンダは、これまでミニ耕うん機やポータブル発電機などの汎用製品を使ったガーデニングや家庭菜園の楽しみを通じ、自然派のアウトドアライフを提案してきた。今年は 「調和(harmony)〜素晴らしき人生をHondaと共に〜」をコンセプト にブース出展を行う(2016年2015年2013年の模様)。

 ブースでは「Honda製品と花」「花とガーデン」「ガーデン空間と色彩」「伝統的ガーデンエクステリアと最新ツール&モビリティ」といったハーモニーを演出したガーデンライフを総合的に提案。また、その道のプロフェッショナルが手掛けたブースとなる家屋をはじめ、ガーデニングシーンを彩るインテリアやエクステリアの色彩などにも要注目。


【主な展示モデル】(予定)
<野菜やハーブづくり、土づくりをサポート>
[参考出品]
○耕うん機 ピアンタ FV200(国際バラとガーデニングショウ スペシャルカスタマイズモデル)
<芝生の管理に>
[参考出品]
○ロボット芝刈機 Miimo
<アウトドアや非常用の電源として>
[参考出品]
○ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB(国際バラとガーデニングショウ スペシャルカスタマイズモデル)
○正弦波インバーター搭載 ハンディタイプ蓄電機 LiB-AID E500
<アウトドアライフを楽しむモビリティとして>
[参考出品]
○軽乗用車 N-BOX SLASH(国際バラとガーデニングショウ スペシャルカスタマイズモデル)
○二輪車 リトルカブ(国際バラとガーデニングショウ スペシャルカスタマイズモデル)

第19回国際バラとガーデニングショウ
http://www.bara21.jp/

2017年4月10日 

■モーターサイクルのある暮らし、H-Dの世界観を気軽に体感「TOUCH! FEEL!RIDE! ~ハーレーダビッドソン体感&試乗会in大牟田 ~」

 「試乗だけじゃない。大人も子供も楽しめる。」をコンセプトに、全国8ヶ所のイオンを中心とした地域に密着した大型ショッピングモールにて行っているハーレーダビッドソン ジャパンのイベントが九州初上陸。4月15日(土)・16日(日)の2日間、イオンモール大牟田(福岡県大牟田市岬町3番4)にて開催される。

 “誰でもハーレーを触って乗れる体感イベント”として、イオンモールに買い物に訪れた人も楽しめるプログラムを多数用意。主な内容は①免許なしでもハーレーの鼓動を体感できる「ジャンプスタート」 ②普通自動車MT免許で走行できる「トライク体験試乗」 ③見て触れて乗りつくせる!「2017年ハーレーダビッドソン新モデル展示&試乗」 ④オリジナル遊具で子供たちも大興奮!「キッズコーナー」 など。場内であればインストラクター指導のもと、普通二輪MT免許でも試乗可能だ。

 時間は両日共10時~17時。入場無料。

TOUCH! FEEL!RIDE!~ハーレーダビッドソン体感 &試乗会 in 大牟田~
http://www.harley-davidson.co.jp/gbltmp/Events/tfr_2017/fukuoka

2017年4月8日 

■インディアン7車種のリコール(平成29年4月7日届出)

 対象車両は型式CCV(通称名:Chief Vintage)の車台番号56KCCVAA0E3312327~56KCCVAAXG3329753(輸入期間:平成25年7月25日~平成28年4月5日)の56台、型式CCC(通称名:Chief Classic)の車台番号56KCCCAA9E3311813~56KCCCAA4G3333799(輸入期間:平成27年7月25日~平成28年3月10日)の19台、型式D(通称名:Chief Dark Horse)の車台番号56KCCDAA7G3324083(輸入期間:平成27年2月24日)の1台、型式CCD(通称名:Chief Dark Horse)の車台番号56KCCDAA0G3329626~56KCCDAA9G3323078(輸入期間:平成27年5月11日~平成28年8月25日)の9台、型式THA(通称名:Springfield)の車台番号56KTHAAA1G3335676(輸入期間:平成28年3月10日)の1台、型式TCA(通称名:Chieftain)の車台番号56KTCAAA0E3311767~56KTCAAA9G3331700(輸入期間:平成25年7月25日~平成28年8月25日)の35台、型式TCA(通称名:Chieftain Dark Horse)の車台番号56KTCAAA1G3341394~56KTCAAA9G3331700(輸入期間:平成28年8月25日)の2台、型式TRA(通称名:Roadmaster)の車台番号56KTRAAA0F3320906~56KTRAAA9G3335065(輸入期間:平成27年2月24日~平成28年12月15日)の20台、計7型式、計7車種、計143台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料供給装置(燃料ホース)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「燃料ホースの取付けが不適切なため、当該ホースが燃料タンクやエンジンと接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れ火災に至るおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、燃料ホースを点検し、燃料ホースが接触している場合は、新品と交換する。また、適切にホースが取り付けられているか確認するためのステーを取り付けるため、警音器の形状を変更したものに交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:ホワイトハウスオートモービル
TEL:0561-37-5433

2017年4月7日 

■ショップオープン情報「カワサキプラザ」各店

 カワサキモータースジャパンは2019年度までの3年間で販売網の再編を行っているが、すでに営業している明石、焼津、大阪鶴見に続いて以下の「カワサキ プラザ」がオープン予定。また、カワサキプラザとユーザーの関わり、モーターサイクルを軸として描かれたライフスタイルを映像化、4本のショートストーリームービーの公開を予定しているが、その第1作「Is my every day really fun? 」が現在、アップロード中だ。

●カワサキ プラザ札幌白石
北海道札幌市白石区本通12丁目北1-15
TEL:011-846-1189
4月8日(土)オープン予定

●カワサキ プラザ仙台六丁の目
宮城県仙台市若林区六丁の目元町1-3
TEL:022-286-0477
4月14日(金)オープン予定

●カワサキ プラザ沼津
静岡県沼津市上香貫三園町1382-1
TEL:055-931-3180
4月21日(金)オープン予定

【5月予定】
●カワサキ プラザ茅ヶ崎(神奈川県)

【6月予定】
●カワサキ プラザ宇都宮インターパーク(栃木県)
●カワサキ プラザ名古屋緑(愛知県)

【7月予定】
●カワサキ プラザ福岡西(福岡県)

Is my every day really fun?
https://youtu.be/OTIV-JtvrY0

2017年4月7日 

■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「Street Triple debut fair ストリートトリプルデビューフェアー」

 4月8日(土)より、全国のトライアンフ正規販売店にて実施。トライアンフ史上最高にパワフルで爽快、俊敏かつ直感的なパフォーマンスを誇る、完全新設計の新型Street Triple シリーズ、この他にはない“究極のロードスター”を見て、感じて、そして体感できるフェアーだ。

 期間中に来店、アンケートに回答すると「オリジナル ポストカードセット」(4枚入り)をプレゼント。(数に限りあり)。

http://www.triumphmotorcycles.jp/

2017年4月6日 

■4月のMOTORISEはガールズトーク炸裂の「バイク女子会」だ!

 BS11(日本BS放送)の30分番組、“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」。全国視聴できる唯一のバイク専門番組は、4月より毎週金曜日(22時30分~23時)に放送スケジュールが変更。そして“ママさんライダー”として古澤 恵が復帰、延時成実、下川原利紗とともに番組のレディースメンバー3人が結束、バイク業界に新たな風を吹き込むべく、バイク好き女子ならではの企画を発案し実行する「バイク女子会」も発足された。

 新年度であり、その記念すべき第1弾となる今回、ゲストにバイク好きとして知られる元SKE48の梅本まどかを迎え、女性ライダー4人の珍道中がスタート! 果たしてどんな旅になったのか!?

 放送スケジュールは「Vol-151 発足!〝MOTORISEバイク女子会〟 浜名湖・渥美半島ツーリング Part1」が4月7日(4月21日再放送)、「Vol-152 発足!〝MOTORISEバイク女子会〟
浜名湖・渥美半島ツーリング Part2」は4月14日(4月28日再放送)となっている。

 女性ライダーはもちろん、男性ライダーも金曜の夜はMOTORISEをお見逃しなく!

MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/917/





2017年4月6日 

■ツインリンクもてぎ開業20周年特別展示「~次なる未来へ~ 」開催中

 今年、開業20周年を迎えた“森の中のモビリティテーマパーク”ツインリンクもてぎ(栃木現茂木町) は、1997年から2016年までの歴史を振り返る特別展示をホンダコレクションホールで12月31日まで開催。

 開業当初からの歴史をまとめたパネルと、ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP、インディカー シリーズ、トライアル世界選手権で活躍した5台、開業当初に導入された入門クラスのフォーミュラマシン1台の計6台のホンダ・マシンがホンダコレクションホール1階 に展示されている。

ツインリンクもてぎ
http://www.twinring.jp/

COTA 315R(2002年)
トライアル 日本グランプリ優勝
ライダー:ドギー・ランプキン
RC211V(2003年)
MotoGP パシフィックグランプリ2位
ライダー:バレンティーノ・ロッシ
COTA 315R(2004年)
トライアル 日本グランプリ優勝
ライダー:藤波貴久
Dallara IR3 Honda(2004年)
INDY JAPAN 優勝車両
ドライバー:ダン・ウェルドン
RS250RW(2005年)
MotoGP 日本グランプリ2位
ライダー:ダニ・ペドロサ
Honda サイド・バイ・サイド(1998年)

2017年4月6日 

■タイヤ原材料の価格が高騰、値上げ止む無し……

 ブリヂストン、ダンロップの住友ゴム工業は、二輪車用を含む国内市販用タイヤ、チューブ、フラップのメーカー出荷価格の値上げを決定。時期は2017年6月1日(夏タイヤ、チューブ、フラップ。冬タイヤは9月1日)。

 タイヤの主要原材料である天然ゴムをはじめ、合成ゴムなど石油化学系原材料の価格が昨年より高騰しているのに対し、生産性の向上やコスト削減などの企業努力を行ってきたが、企業努力のみでこれを吸収することは困難な状況であると判断したのが今回の値上げに。

主な値上げ率(平均)
●乗用車・バン用タイヤ(夏) 6%
●トラック・バス用タイヤ(夏/冬) 8%
●建設・鉱山車両用タイヤ(夏/冬) 10%
●産業車両用タイヤ(夏/冬) 8%
●二輪自動車用タイヤ  6%