MBニュース&トピック

 

2018年11月1日 

■欧州で高評価を獲得した「R nineT Scrambler001」を特別展示

 広島県広島市のカスタムファクトリー・平和モーターサイクルによってカスタムされた「R nineT Scrambler001」が展示されるのは12月2日(日)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて開催される日本最大級のカスタムバイクおよびカスタムカーの祭典「第27回ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー2018」。

 BMW Motorradの依頼によりR nineT Scrambler をベースに、平和モーターサイクルの木村健吾 代表が製作したこのカスタムマシンは昨年6月の完成と同時にヨーロッパへ渡り、翌7月にドイツ・ガーミッシュで開催された世界中のBMW Motorradファンが集結するBMW Motorrad Days 2017で発表。その後も欧州の主要カスタムイベントに展示され、カスタムバイクファンから高評価を獲得している。

 カスタムのテーマは「日常使いできるような気軽さと、それを実現できるディテールの造り込み」。フロントフレームはそのままに、リアフレームの三分の二は造り替えられる。一方でエンジンマウントやスイングアームピボット位置はスタンダードのままとすることで、軽快な直線基調のラインが造り上げられている。

2018年10月31日 

■成田が最終戦で逆転、全日本MX・12度目のチャンピオンに!

 10月28日、スポーツランドSUGO(宮城県)にて開催された全日本モトクロス選手権の第9戦「第56回MFJ-GP 」。毎年恒例、世界選手権を戦う海外の強豪も顔を揃える最終戦、最高峰クラスのIA1(450cc)では、CRF450RW を駆るTeam HRCの成田 亮がヒート1で3位に。ランキングトップのチームメイト・山本 鯨との差を7ポイント差に縮めることに成功する。続くヒート2では山本がリタイア。成田は4位でゴールし、逆転でIA1クラスチャンピオンを獲得した。彼にとって全日本モトクロス選手権・国際A級で通算12回目(2002~2004年、2007~2009年、2011~2014年、2016年、2018年)のチャンピオンとなる。


成田 亮のコメント
「まずは応援してくださったファンの皆さん、チームスタッフ、HRC、熊本の研究所の皆さんありがとうございました。最後までファンの皆さんが応援してくださったおかげで運がまわってきて、こうやってチャンピオンを獲得することができました。これまで全日本モトクロス選手権において12回しかチャンピオンを獲得していませんが、今年が一番厳しかったし、絶対にチャンピオンは獲れないだろうと思っていたシーズンでした。体力も落ちていないし、(今回のMFJ-GPでも)日本人で一番前を走れる実力があるので、まだまだファンの皆さんに夢や希望を与えられるよう、まずは来年13回目のタイトル獲得を目指し、一生懸命頑張っていきたいと思います」



ホンダ・レーシング 野村欣滋 代表取締役社長のコメント
「成田選手が、例年にも増して厳しいシーズンを戦い抜きチャンピオンを獲得してくれました。彼のタイトル獲得への執念と不断の努力に、心から敬意を表したいと思います。おかげさまでTeam HRCはIA1クラスにおいて、3年連続でチャンピオンを獲得することができました。レース活動を支えてくれた関係団体の皆さま、ならびに多くのスポンサーさまとモトクロスファンに感謝いたします。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります」

Team HRC 芹沢勝樹 監督のコメント
「皆さま応援ありがとうございました。成田選手は、開幕戦で通算150勝を達成し好調なスタートでしたが、シーズン途中の怪我により、チームメイトの山本選手に先行されました。しかし、見事に逆転で国際A級での通算12回目のチャンピオンを獲得してくれました。これも成田選手が最後まで諦めずに、チャレンジしてきた成果だと思います。最高峰クラスで3年連続タイトルを獲得することができました、チームスタッフの全員の労をねぎらうとともに、活動を支えてくださるスポンサーさま、いつも選手に温かい応援をくださるモトクロスファンに感謝いたします」

 

 

2018年10月31日 

■ヤマハ・トリシティ125、125 ABS 、155 ABS のリコール(平成30年10月30日届出)

 対象車両は型式2BJ-SEC1J(通称名:TRICITY MW125)の車台番号SEC1J-002001~SEC1J-002570(製作期間:平成29年11月10日~平成30年2月21日)の560台、型式2BJ-SEC1J(通称名:TRICITY MW125A)の車台番号SEC1J-001001~SEC1J-001332(製作期間:平成29年11月3日~平成30年4月30日)の326台、型式2BK-SG37J(通称名:TRICITY MW150A)の車台番号SG37J-001002~SG37J-003795(製作期間:平成28年10月13日~平成30年5月22日)の2,750台、計2型式、計3車種、計3,636台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(冷却水ホース)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、当該ホースの耐久性が不足しているものがある。そのため、当該ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:ヤマハ発動機販売 市場改修お客様相談窓口
TEL:0120-133-120

2018年10月30日 

■世界のフジガス、そして全日本最高峰のトップランカーを講師に迎えたトライアルスクールを開催


藤波貴久

 12月1日(土)、全日本トライアル選手権の舞台としてもお馴染みとなっているキョウセイドライバーランド(愛知県岡崎市) にて開催される「Fujigasミーティング2018 With All Japan Trial IN キョウセイドライバーランド 」は、超初心者の入門から国際クラスまで対応したトライアルスクール。世界選手権を戦う “フジガス”こと日本人初そして唯一の世界チャンピオン(2004年)である藤波貴久 、全日本トライアル選手権の最高峰である国際A級スーパークラス(IAS)で6年連続・8度チャンピオンを獲得している“GATTI”こと小川友幸をはじめとするIASのトップランカーが講師を務め、オフロードの走り方を教えてくれるという豪華な内容だ。

 見学のみの参加もOKで、定員は無し。参加費は12,000円(走行料・昼食含む)、見学のみは5,000円(昼食含む)。事前申し込み制となる。詳細、問い合わせは下記にて。

問:キョウセイ交通大学
TEL:0564-47-2103
http://www.kotsu-daigaku.jp/fujigas.html

2018年10月30日 

■カブやエコラン、LMWのニューモデルからメンテまで、コンテンツ豊富な11月のMOTORISE!

 毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。11月は再放送含め“プラス1”の5週に渡って注目のニューモデルを中心に情報をお届け!

 番組ナビゲーターの元世界GPライダー・中野真矢は、世界生産累計1億台達成&誕生60周年を迎えたホンダ・スーパーカブのニューモデル・C125、そしてバイクの前提を覆す“前2輪”で注目を集めるヤマハ・リーニングマルチホイール(LMW)シリーズの最新モデル・NIKEN(ナイケン)を試乗レポート。そして、1リットルのガソリンで何キロ走ることができるかを競う「Honda エコマイレッジチャレンジ」に参戦した模様や、初開催となった「MOTORISEファンミーテイング」といったイベントも紹介。



 5週目は新人番組アシスタントの福本優香が、バイクオーナーなら是非とも身に付けたい日常点検や整備の重要性など、メンテナンスについてプロの整備士から習得。さらに世界中からヤマハの認定整備士達が集まり、そのテクニックを競い合う「ヤマハ・ワールド・テクニシャン・グランプリ 世界大会」の会場に潜入。世界各地の予選を勝ち抜いた21名の選手が整備技術と接客スキルを競い、世界一の整備士を決める大会の模様をリポートする。



 放送スケジュールは「Vol-189 祝!スーパーカブ60周年(燃費競争にチャレンジ)」が11月2日(11月16日再放送)、「Vol-190 3輪バイク〝LMW〟ワールド!」は11月9日(11月23日再放送)、「Vol-191 バイクメンテナンス! 整備士の世界大会」は11月30日となっている。

MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/motorise/

2018年10月30日 

■ショップオープン情報「ホンダドリーム横浜上大岡」

 ホンダの国内の二輪ブランドの全てを取り扱い、あらゆる領域において“質”の高いサービスを提供していくチャネルとして2018年4月に新たにスタート、全国130を超える拠点で展開中のHonda Dream店。その1店舗がユーザーの更なる利便性、満足度の向上を目指し11月25日(日)リニューアルオープン。Gold Wing、CB1000R、CBR1000RR などの試乗車を用意。二輪10台分、四輪5台分の駐車場完備。店舗へのアクセスは横浜横須賀道路・別所 IC より約2分、京浜急行・上大岡駅より徒歩8分、神奈川中央交通・最戸町停留所より徒歩1分。


神奈川県横浜市港南区最戸1-6-27
TEL:045-315-1313
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日、第3火曜日

2018年10月30日 

■スズキGSX‐R1000、GSX‐R1000R(輸入モデル)のリコール(平成30年10月23日届出)

 対象車両は型式DM11A(通称名:GSX‐R1000)の車台番号JS1DM11AZH2101117~JS1DM11AZH2102894(製作期間:平成 29 年 1 月 18 日~平成 29 年 7 月 1 日)の270台、車台番号JS1DM11AZJ2100005~JS1DM11AZJ2100281(製作期間:平成 29 年 9 月 14 日~平成 29 年 11 月 20 日)の60台、型式DM11G(通称名: GSX‐R1000R )の車台番号JS1DM11GZH2100553~JS1DM11GZH2102511(製作期間:平成 29 年 3 月 28 日~平成 29 年 8 月 28 日)の410台、車台番号JS1DM11GZJ2100009~JS1DM11GZJ2100529(製作期間:平成 29 年 9 月 15 日~平成 29 年 11 月 21 日)の240台、計2型式、計2車種、計980台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料装置(Oリング)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「燃料ポンプ取付部のシール構造が不適切なため、燃料ポンプ組付時にOリングがねじれることがある。そのため、燃料タンクの内圧変動等によりシール性が損なわれ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、燃料ポンプ取付部のOリング及び燃料タンクのベセルを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:スズキ お客様相談室
TEL:0120-402-253

2018年10月26日 

■作品を募集「第16回ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール」

 環境に対する取り組みの一環として、子どもたちの絵から見えてくる自然への思いをしっかり受け止め、未来の子どもたちにも大切な自然環境を残していきたいという考えのもと、ブリヂストンは「こどもエコ絵画コンクール」を2003年より開催。毎回素晴らしい作品が寄せられている。
 
 今回のテーマは「かいてみよう! まもりたい しぜん」 。子どもたちが日常や旅先で触れ合い感じた、子どもたちの世界観での自然を題材にした、自由で個性あふれる作品を募集する。

 応募作品の中から、公平かつ厳正な審査を行い、受賞作品を決定。大賞受賞者には、北海道、屋久島、奄美大島または沖縄への親子ペアでのエコツアーをはじめとする様々な賞品が贈られる。また、応募者全員に参加賞として自分の応募作品をプリントしたステッカーに審査員からの一言スタンプをつけてプレゼント。

応募要領
●コンクール名:「第16回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」
●絵画テーマ:「かいてみよう! まもりたい しぜん」
●応募期間:2018年12月1日(土)~2019年1月25日(金)(必着)
●応募資格:小学6年生以下(0歳~小学6年生まで)の日本国内在住者

 応募方法他、詳細は下記にて。

ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール
https://www.bridgestone.co.jp/sc/ecokaiga/

2018年10月25日 

■サイン・ハウスがランブレッタの限定車“ピレリエディション”を発売

サイン・ハウスは、同社が取り扱っているランブレッタが全世界に向けて限定999台を生産する“V200SpecialピレリエディションFix”を、11月1日(木)から国内でも販売すると発表した。

限定999台の中から、日本には10台が限定で入荷される予定という。世界的にもプレミアムな一台を手に入れたい方はお早めに。ちなみに販売価格は税込み50万円。

ph.jpg
V200Special ピレリエディション Fix。国内限定10台。販売価格は500,000円(税込)。

■V200Special ピレリエディションFix
 空冷4ストローク、168.9㏄エンジンを搭載。市街地だけではなく高速道路でも快適に走行できるトルクと伸びのあるパワーが魅力なモデル。前後ディスク・ブレーキにはBOSCH製のABSシステムを採用。Fix フェンダーモデルにはV125Special、V200Specialと同じ2色に加え、V200Special専用色としてシルバーブルーのボディカラーを設定。Flex フェンダーモデルはブルー、ホワイト、ブラック、ブラウンの4色となる。

■問い合わせ:株式会社サイン・ハウス ランブレッタ事業部
 TEL:03-5483-1711 https://sygnhouse.jp/‎

2018年10月25日 

■鈴鹿ともてぎで“サーキットの女神”を募集中

「鈴鹿サーキットクイーン」

 8耐やF1といった世界選手権をはじめ、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催するモータースポーツ、各種イベントのアシスタントの他、全国各地で開催されるレースやイベントのプロモーション活動など、様々な場面で鈴鹿サーキットの魅力を積極的にPRするイメージガール「鈴鹿サーキットクイーン」。その第41期生を若干名募集中だ。

 活動内容は●鈴鹿サーキットでのレース開催時の進行・表彰式などのアシスタント●鈴鹿サーキット内(ゆうえんちモートピア・ホテルなどを含む)で開催されるイベントへの出演●鈴鹿サーキットが主催・関係する各種イベント・レセプション・セレモニーなどへの参加●各種イベントのプロモーション活動のアシスタントおよび進行など。

 応募資格は18歳以上の健康的で明るい、レースや子どもが大好きな未婚女性(国籍不問)。任期は2019年3月~2020年3月まで (約1年間)。章典としてギフトカード(5万円分) 、鈴鹿サーキット生涯入場フリーパス(契約満了時)あり。 選考スケジュール(予定)は12月2日(日)応募締切、12月上旬に第1次審査(非公開)/書類選考、12月下旬に最終審査(非公開)/私服・軽装にてウォーキング、トーク、自己PRなどの審査。

 応募方法などの詳細はhttp://www.suzukacircuit.jp/queen/info/index.html#info02にて。


「ツインリンクもてぎエンジェル」

 “森の中のモビリティテーマパーク”ことツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)のイメージガール「ツインリンクもてぎエンジェル」は、開催される最高峰の国際・国内レースをはじめとする様々なモータースポーツやイベントのアシスタント、首都圏で開催されるイベント会場でのプロモーションの他、TVやラジオなど各種媒体への出演を通じて、ツインリンクもてぎの魅力をPR。その第21期生として明るく健康的で活発な女性を4名(予定)募集中だ。

 応募資格は18歳以上の明るく健康的で活発な女性。章典として賞金(ギフトカード)、ツインリンクもてぎ年間入場パス。 選考スケジュール(予定)は12月3日(月)応募締切、12月上旬 に第一次審査 (書類選考 )、12月中旬 に第二次審査 (面接)、12月21日(金) に最終審査 (予定)。審査は非公開での開催となる。

 応募方法などの詳細はhttp://www.twinring.jp/angel/にて。