MBニュース&トピック

 

2017年6月6日 

■カワサキ、WSBKで通算100勝達成!

 5月28日、英国のドニントン・パークで開催されたスーパーバイク世界選手権(WSBK)の第6戦、Kawasaki Racing Team(KRT)からNinja ZX-10RRを駆るジョナサン・レイがレース2で優勝。1988年にフランス人ライダーのアドリアン・モリラスによる初勝利(マシンはGPX750)から、カワサキにとってWSBK通算100勝の記念すべきレースとなった。



アドリアン・モリラスのコメント
「私の名がその歴史の1ページに刻まれていることに喜びと誇りを感じる。100勝記念にあたり、当時の私が受けた賞賛の100倍、KawasakiとKRTにおめでとう!!!を言いたい。私はもう歳をとってしまったが200勝も確信しているよ」

ジョナサン・レイのコメント
「通算100勝とのプレッシャーは少なからずありましたが、その勝利は自分が獲得しなければならない!と自分に言い聞かせました。素晴しいスタッフにも恵まれ完璧なコントロール下のもとレースは進行し、ビクトリウィリーを決めることが出来ました」

川崎重工モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 岡部泰久 基幹職のコメント
「WSBK100勝を達成し素直に喜びたいと思います。この勝利を世界中の全てのKawasakiファミリー、Kawasakiファンに捧げます。これからもKawasakiはWSBKを通してマシン開発を続けていきます」


●カワサキWSBK100勝への軌跡
1988 – Hungaroring 2 – Adrien Morillas (GPX750)
1990 – Brainerd 2 – Doug Chandler (ZXR750)
1990 – Sugo 2 – Doug Chandler (ZXR750)
1990 – Phillip Island 2 – Robbie Phillis (ZXR750)
1990 – Manfeild 2 – Robbie Phillis (ZXR750)
1992 – Albacete 1 – Aaron Slight (ZXR750)
1992 – Spa Francorchamps – Robbie Phillis (ZXR750)
1992 – Jarama 1 – Robbie Phillis (ZXR750)
1993 – Hockenheim 2 – Scott Russell (ZXR750)
1993 – Brno 2 – Scott Russell (ZXR750)
1993 – Sugo 2 – Scott Russell (ZXR750)
1993 – Monza 1 – Aaron Slight (ZXR750)
1993 – Donington 1 – Scott Russell (ZXR750)
1993 – Donington 2 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Donington 2 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Hockenheim 1 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Hockenheim 2 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Misano 1 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Sugo 1 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Sugo 2 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Mugello 1 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Donington 3 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Donington 4 – Scott Russell (ZXR750)
1994 – Phillip Island 2 – Anthony Gobert (ZXR750)
1994 – Laguna Seca 1 – Anthony Gobert (ZXR750)
1995 – Phillip Island 2 – Anthony Gobert (ZXR750)
1996 – Laguna Seca 2 – Anthony Gobert (ZX-7RR)
1996 – Phillip Island 1 – Anthony Gobert (ZX-7RR)
1996 – Phillip Island 2 – Anthony Gobert (ZX-7RR)
1997 – A1-Ring 2 – Akira Yanagawa (ZX-7RR)
1997 – Sugo 1 – Akira Yanagawa (ZX-7RR)
1999 – Sugo 2 – Akira Yanagawa (ZX-7RR)
2000 – Sugo 1 – Hitoyasu Izutsu (ZX-7RR)
2000 – Sugo 2 – Hitoyasu Izutsu (ZX-7RR)
2006 – Assen 1 – Chris Walker (ZX-10R)
2011 – Nürburgring 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2012 – Monza 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2012 – Silverstone 1 Loris Baz (ZX-10R)
2012 – Moscow 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2012 – Portimao 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2012 – Magny-Cours 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Assen 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Donington 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Donington 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Imola 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Imola 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Silverstone 2 – Loris Baz (ZX-10R)
2013 – Nürburgring 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Laguna Seca 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Magny-Cours 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2013 – Magny-Cours 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Motorland 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Motorland 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Donington 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Donington 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Misano 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Misano 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Algarve 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2014 – Laguna Seca 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2015 – Phillip Island 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Buriram 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Buriram 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Motorland 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Assen 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Assen 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Imola 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Imola 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Donington 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2015 – Donington 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2015 – Algarve 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Algarve 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Misano 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2015 – Misano 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Sepang 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Jerez 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2015 – Magny-Cours 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2015 – Magny-Cours 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Phillip Island 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Phillip Island 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Buriram 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Buriram 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2016 – Assen 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Assen 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Sepang 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2016 – Donington 1 – Tom Sykes (ZX-10R)
2016 – Donington 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2016 – Misano 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Misano 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Laguna Seca 1 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2016 – Lagnua Seca 2 – Tom Sykes (ZX-10R)
2016 – Lausitzring 2 – Jonathan Rea (ZX-10R)
2017 – Phillip Island 1 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Phillip Island 2 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Buriram 1 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Buriram 2 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Motorland 1 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Assen 1 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Assen 2 – Jonathan Rea (ZX-10RR)
2017 – Donington 1 – Tom Sykes (ZX-10RR)
2017 – Donington 2 Jonathan Rea (ZX-10RR)

●タイトル
Riders’ Championships (Scott Russell 1993, Sykes 2013, Rea 2015 & 2016)
EVO Riders’ Championship (David Salom 2014)
2 x Manufacturers’ Championships (Ninja ZX-10R 2015 & 2016)
2 x Teams’ Championships (KRT/Provec Racing 2015 & 2016)

●ここまでの戦績
Total Kawasaki Race Wins: 100 – third overall
Total Kawasaki Podiums: 328 – third overall
Total Kawasaki Poles: 67 – second overall

2017年6月6日 

■求人情報「KADOYA 大阪店」



「1935年創業以来、革製品を中心としたバイクウエアに拘り続けて来たKADOYA。KADOYA製品が持つイメージ、コンセプト、サービス、そして『革ジャンとオートバイで堪能する世界観』。これらの発信、提案、そして共感して頂く場所が『KADOYA直営店』であり、そのサポートが『直営店スタッフ』のお仕事です。革ジャンとオートバイをこよなく愛し、一緒に楽しめる方をお待ちしております!」

●募集内容:直営店/KADOYA大阪店 店舗運営スタッフ
●業務内容:オートバイウェア・グッズ等の販売
●応募資格:学歴不問 業界及び店舗運営業務経験者は優遇 未経験者も歓迎
●給与:19万円~(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
●待遇:昇給年1回 賞与年2回 交通費支給(当社規定による) 社会保険完備 有給休暇 社員割引購入制度等
●勤務地 :KADOYA大阪店(大阪府東大阪市川俣1-15-34)
●雇用形態:正社員
●勤務時間:11時~20時※7月中旬より
●休日:毎週水曜日及び第一.第三火曜日+シフト休日
●休暇:夏季、冬季、有給休暇あり
●応募方法:履歴書(写真貼付)、職務経歴書、自己PR文(書式自由)を大阪店へ郵送して下さい。書類選考後連絡いたします。

〒577-0063 
大阪府東大阪市川俣1-15-34 
直販部人事担当:浦野(受付時間:11時~20時 毎週水曜日及び第一・第三火曜日を除く)
TEL:06-6784-7911
           

2017年6月6日 

■ショップオープン情報「ライダーズスタンド宇都宮2りんかん」

 東北自動車道・鹿沼インターより車で約13分の栃木街道沿いに、バイクと用品が一度に揃うバイカーズステーションSOXとの2社合同店舗として6月9日(金)オープン。約180坪の2りんかん売場はオイル、ケミカル、タイヤなど、お買い得なメンテナンス品が大量に揃えられ、ヘルメットもフルフェイスからジェットまで豊富な品揃え。ピット作業スペースも充実しており国産車はもちろん、外車の部品交換から車両の点検、修理、車検まで幅広くサポート。6月18日まではオープンセール他実施。

栃木県宇都宮市鶴田町3397-17
TEL:028-651-3360
営業時間:10時30分~20時
定休日:不定休
http://driverstand.com/tenpo/276/

2017年6月5日 

■2019年よりMoto2のエンジンがトライアンフ製に

 トライアンフモーターサイクルズは、FIM Moto2チャンピオンシップの2019年シーズン以降の独占的エンジンサプライヤーになることを発表。MotoGPの商業権を保有するドルナ(DORNA)との契約は3年となる。現在、Moto2クラスはホンダから供給されるエンジン(4気筒600cc)が使用されている。

 トライアンフから供給されるのは、2017年新型ストリートトリプルに搭載されるエンジン(3気筒765cc)をベースにレース専用チューンを施したもの。2014、2015 年にマン島 TT、デイトナ200、ブリティッシュ スーパースポーツチャンピオンシップにおいて数々の勝利をもたらしたDaytona 675Rエンジンの大幅な発展型となる。

 トライアンフ Moto2 エンジンのCGI フィルムはコチラ

http://www.triumphmotorcycles.jp/

2017年6月1日 

■今年もレースのみならず、スペシャルな見どころ満載! ツインリンクもてぎ「MotoGP 第15戦MOTUL日本グランプリ」10月13日~15日開催

2017年のMotoGPクラスは過去最高となる6メーカーが参戦している

 今シーズンはホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、2015年にカムバックを果たしたスズキ、アプリリア、そしてオーストリアのKTMが新たに加わり、6つのファクトリー・チームが参戦するロードレース世界選手権・最高峰のMotoGPクラス。シーズン終盤のツインリンクもてぎで開催される「日本グランプリ」はタイトル争いに注目が集まる1戦だ。1999年の初開催からこれまで18回行われてきたツインリンクもてぎでのロードレース世界選手権、今年は2017 FIM MotoGP世界選手権シリーズの第15戦として、10月13日(金)から15日(日)に開催される。


 日本グランプリ、MotoGPクラスでは、ヤマハに移籍して僅か5戦で3勝を挙げているマーベリック・ビニャーレス、そしてマルク・マルケス、バレンティーノ・ロッシ、今季絶好調のダニ・ペドロサを中心とした選手による激しいタイトル争いが予想される。また、昨シーズンから好調のMoto2クラスを戦う中上貴晶選手をはじめとする日本人ライダーの活躍といった話題も多い。今年も「ビクトリースタンド」が設置され、最終コーナーから1コーナーまで、迫力の走りとサウンドを楽しめるようになっている。

昨年、もてぎでタイトルを決めたマルク・マルケス。 第5戦終了時点でランキングトップ、マーベリック・ビニャーレス。 期待がかかる、Moto2クラスを戦う中上貴晶。

 
 お楽しみはレースだけに留まらない。毎年盛り上がりを見せる前夜祭をはじめ、ツインリンクもてぎが開業20周年を迎えることを記念した特別企画など、広い世代のバイクファンが楽しめる日本グランプリを目指し、様々なイベントを開催予定だという。

昨年の前夜祭の模様。

 チケットは人気のV席(ビクトリースタンド)の一部を5月29日より先行販売中。他、基本チケット・駐車券の前売は6月3日より発売となる。そして今年も15歳~22歳を対象とした若者世代の「ヤング割り0円」、新しく二輪免許を取得したライダーを対象とした「若葉ライダー割り0円」といった特別観戦キャンペーンも実施される。

 レースのみならずスペシャルな見どころ満載、例年以上に盛り上がりを見せそうな「MotoGP 第15戦MOTUL日本グランプリ」、詳細はツインリンクもてぎのホームページにて。

問:ツインリンク もてぎ
TEL:0285-64-0001
http://www.twinring.jp/

2017年5月31日 

■ドゥカティ・ ドゥカティ スクランブラーアイコン他、7車種のリコール(平成29年5月31日届出)

 対象車両は型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラーアイコン)の車台番号ML0K102JAFT000001~ML0K102JAHT012159(輸入期間:平成27年5月8日~平成29年4月13日)の803台、型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラーアーバンエンデューロ)の車台番号ML0K102JAFT002871~ML0K102JAFT007844(輸入期間:平成27年5月18日~平成28年1月29日)の127台、型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラークラシック)の車台番号ML0K102JAFT002866~ML0K102JAGT009774(輸入期間:平成27年5月18日~平成28年4月14日)の156台、型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラーフルスロットル)の車台番号ML0K102JAFT002866~ML0K102JAGT011765(輸入期間:平成27年5月18日~平成28年2月10日)の209台、型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラーフラットトラックプロ)の車台番号ZDMK102JAGB013088~ZDMK102JAGB017549(輸入期間:平成28年4月19日~平成28年7月12日)の46台、型式EBL-K102(通称名:ドゥカティスクランブラーイタリアインディペンデント)の車台番号ZDMK102JAGB015539~ZDMK102JAGB019779(輸入期間:平成28年5月30日~平成28年11月24日)の114台、型式EBL-KA00(通称名:ドゥカティスクランブラーシックスティ2)の車台番号ML0KA00AAGT000013~ML0KA00AAHT002128(輸入期間:平成28年2月8日~平成29年4月13日)の503台、計2型式、計7車種、計1958台。

 不具合の部位(部品名)は「サイドスタンド(ピボットボルト)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「サイドスタンドにおいて、当該スタンドとサイドスタンドブラケットを締結するボルト(ピボットボルト)の選定が不適切なため、規定トルクで締め付けても締結力が不足し、走行時の振動等により、ナットが緩むことがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、サイドスタンドの位置を検出できず、安全装置が誤作動し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ピボットボルトを対策品に交換し、規定トルクで締め付け後、安全装置が正常に作動するか確認する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:ドゥカティジャパンお客様相談窓口
TEL:0120-030-292

2017年5月31日 

■人気モデル勢ぞろい! バイカーズステーションSOX「箱根ターンパイク試乗会」

 7月23日(日)、全国に44店舗の大型店を展開しているバイカーズステーションSOXがマツダターンパイク箱根・大観山駐車場にて実施。時間は10時から15時、雨天・悪天候時は中止。

 ターンパイク1周約8kmの試乗コースを、各メーカー人気モデルで試乗できるというもの。全日本ロードレース選手権・J-GP2クラスに参戦中の関口太郎選手も参加予定だ。試乗車はCB1300SF/GSXS1000FA/CB1100EX/CBR1000RR SP/GSR250R/CBR650F/XSR900/CBR400R/CBR250RR/FJR1300AS/アフリカツイン/VFR800F/レブル500/レブル250/X-ADV/MT-07/MT-09/GSX-R750他予定。

 参加希望者は事前にSOX店舗にてエントリー(当日現地申し込みは不可)のこと。定員は午前・午後とも定員30名となっている。

バイカーズステーションSOX
https://www.bs-sox.com/

2017年5月31日 

■求人情報「エンデュランス・レーシング・プランニング」

「エンデュランス・レーシング・プランニングは、創業33年の二輪・四輪の試作部品の製作会社です。バイク好きな方やものづくりが好きな方を求めています」

●職種:部品製造
●業務:二輪・四輪車用試作部品の製作
●条件:高卒以上、35歳まで(長期キャリア形成のため) 要普通免許
●応募方法:Eメールにてご連絡ください 担当:浅海

埼玉県川越市大字山田1726
TEL:049-222-9379
E-mail:kiyomiasami@endurance.co.jp

2017年5月30日 

■6月のMOTORISEは“ぐっさんバイク旅”で千葉・房総ツーリング!

 BS11(日本BS放送)で毎週金曜日22時30分から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。6月はお馴染み“ぐっさん”こと山口智充の「バイク旅」シリーズだ。

 今回、ぐっさんの友人である“さかなクン”を訪ね、港町・銚子をスタート。海岸沿いを南下、九十九里で潮風を感じ、勝浦、鴨川を経て館山へ向かう。素敵な出会いと地元の豪華な海の幸を満喫した二日間、初夏の匂いを感じる千葉・房総半島の太平洋岸ツーリングをロードムービー仕立てでお届け!

 放送スケジュールは「Vol-155 ぐっさんのバイク旅 千葉・房総ツーリング! 〝さかなクン〟を訪ねて 前編」が6月2日(6月16日再放送)、「Vol-156 ぐっさんのバイク旅 千葉・房総ツーリング! 〝さかなクン〟を訪ねて 後編」は6月9日(6月23日再放送)となっている。





 6月もMOTORISEをお見逃しなく!

MOTORISE
http://www.bs11.jp/entertainment/917

2017年5月29日 

■KTM、混合燃料の作成やジェットセッティング調整を不要とした2ストローク・エンデューロマシンを発表

EXC TPIエンジン

 今シーズンよりロードレースの世界最高峰・MotoGPクラスへの参戦も開始、“READY TO RACE”を掲げるオーストリアのKTM。軽さ、強さ、速さを追求した新世代エンデューロマシン「EXCシリーズ」に、2ストロークのオフロード市販車としては世界初となる電子制御燃料噴射システム(Transfer Port Injection: TPI)を搭載する「KTM EXC TPI」を2018年モデルとしてリリースする。EXC TPIは250 および300をラインナップするが、日本では250を発売予定。価格、仕様、発売時期は現時点で未定となっている。

 このシステムはエンジンシリンダーの掃気ポートに2つのインジェクターを配置、燃料消費を大幅に削減する他、2ストローク車両の走行に必要とされる混合燃料の作成や、様々な気候条件に応じて必要とされるジェット交換を不要とした点が特徴。あらゆる環境でスムーズなパフォーマンスを発揮し、ライダーに多大なメリットををもたらすという。

 これらシステムに加え、EXC TPIには超軽量リチウムイオンバッテリーとEスターター、Brembo製ブレーキシステム、油圧クラッチ、WP製サスペンションといった高性能パーツと新技術もふんだんに盛り込まれる。

KTM 250 EXC TPI(2018年モデル)


KTM JAPAN
http://www.ktm-japan.co.jp/