http://www6.plala.or.jp/MIG


旅にも出ない、ロマンも語らない、
ただそこにバイクがあるだけの毎日

その54 バイクと騒音

ばいくらへん

いや〜、めっきり見かけなくなりましたねぇ、バイク空ぶかしキッズども。
むかし昔は、週末の土日や平日でも夕方から夜にかけてと、なんかまぁしょっちゅうそこらへんでバイクをぶんぶんうならせてる音が聞こえていた気がします。
ひどい音を立てないにしても、自宅の前でバイクをチョコチョコいじってたりする人も普通に見かけました。
子供の自分は、通りすがりにそんなバイクいじりお兄さんの姿を見ては「いいなぁ〜バイクってカッコイイなぁ〜」なんて、憧れのまなざしを向けていましたっけ。
ですが、今ではそんな光景すら珍しいわけです。

現在では、バイクの整備はショップなどで専門家に任せたほうがラクという時代の流れもあり、何か相当のこだわりがなければ、自宅のガレージに工具を並べてバイクをバラして手を加えたり、なんて姿は『よっぽどの物好き』扱いされるようになりました。
洗車をしてるだけでも「へ〜、バイクお好きなんですね」とか言われる始末。

近所が静かなことはよいことです。
いくら昔懐かしいからといって、そこらへんでバイクをぶわんぶわん空ぶかされてたら「てめぇ・・・地獄に落ちろや」と思いますし、なんなら怒鳴り込みに行っちゃう勢いです。
考えてみれば、空ぶかしなんかしなくても、そもそものエンジン音が昔と比べて全然おとなしくなっています。
クルマは音がしなくて怖いくらいのものもありますし、バイクだってかなり静かでむしろつまらないほどです。
暖気も長々とやるようなこともなくなり、そんなこんなでバイクのエンジン音は生活から少し離れてしまった音になりつつあったのです。

ところが先日、そんな静けさを打破するように突然バイクのエンジン音がご近所中に鳴り響きました。
どうやらすぐ近所でガキンチョがバイクをいじって遊んでいる様子。
そう、けたたましいバイク空ぶかしの音を聴いて、はじめて我々の生活からバイクの音が消え去っていたことに気づいたのです。

「何だなんだ? うるさいな、でも話し声とか聞こえてなんだか楽しそうだぞ? やかましいけど若者がバイクに興味あるってよいことかもしれないな・・・、自分も昔は同じようなことしてた気もするし、まあ少しくらいは目をつぶってやるか・・・」などと、はじめは懐かしさと毎日うるさいわけじゃないからまあいいか、なーんて甘く見ていたのがそこはやはりガキンチョです。
次第に調子に乗ってどんどん空ぶかしがエスカレートしていきます。

「さすがにうるせえな・・・、こりゃそろそろ注意しに行くかケーサツ呼ぶかしないとなんねーぞ?」と思っていたその瞬間、実際に空ぶかしを家の前でやられているであろう近所のおじさんの怒りが爆発しました。
バイクの音に負けないくらいの怒鳴り声。鬼のような形相まで想像に難くありません。
ヘタしたら揉め事になるんじゃないかと、電話を持ってスタンバイしていましたが、どうやらおじさんの一喝でバイク空ぶかしキッズどもはあっさり逃げ出したもよう。
あっという間に近所はふたたび静けさを取り戻したのでした。

バイクの騒音にカミナリ親父の怒鳴り声。
そんな光景が丸ごと懐かしく、なんともしみじみしてしまいました。
静かな暮らしに慣れてしまったことで、すっかり忘れていたあのうるさかった時代。
うるさいけどにぎやかだったよなぁ〜、とノスタルジックに思いつつも、


やっぱりうるさいのはイヤだな・・・

とすぐに考えを改めるのでありました。


■前にLINEスタンプを作ったりしてみました。120円なのでお気軽に使ってくださいませ~
LINEスタンプ『ねこのとらじろう』 http://line.me/S/sticker/1001391
とはいえ作った本人があまりLINE使いこなせてなかったりするんですけども(;´Д`)


[第53回へ][第54回][]
[バイクらへんバックナンバー目次へ]
[バックナンバー目次へ]