バックナンバー目次


S-2 近藤健二 裏庭の徒然草

No. タイトル 更新日 備考
Vol.1   バイクを快適に使える・乗れる環境づくりも
メーカーの責任のひとつですよね?
  2010.07.06  
Vol.2   必罰・原付、野放し・自転車の
「取り締まられ」差から、
この国のいいかげんな
コミューター観が見える
  2010.08.06  
Vol.3   移動の権利を保障する「交通基本法」
国会提出は着々ならば移動に不可欠な、
正規にとめる行為も保障されなければ
おかしいことになる
  2010.09.07  
Vol.4   バイク利用環境改善で
業を煮やしたメーカーが
政治家、政党へ直接アプローチ?
そんな動きがようやく出てきそうだ
  2010.10.07  
Vol.5   発すればオシマというものではありません。
通達など行政機関からの命令。
それでどうなったか検証・報告を国に求めます
  2010.11.08  
Vol.6   総務省の行政評価局のホームページにはこれが目に入らぬか!
政策評価印籠のイラストがある。駐車スペース整備促進でこんな手あり。
待ったなし、この印籠を活用すべきだ
  2010.12.06  
Vol.7   4つのお願い聞いてね。
メーカーが二輪車の用環境を
もっと快適にするために
4つの重点テーマを意思表示した
  2011.01.17  
Vol.8   二輪車通行禁止措置の安易な施行には黙っていない。
ライダー自身による草の根アクションが
伊豆スカイラインでのやり方を手本に
今、そしてこれから全国へ波及しようとしている
  2011.03.07  
Vol.9   路上のデッドスペースにラインを引く。
それだけで多くが解決するのだが
  2011.04.06  
Vol.10   東日本大震災。
今これを報じずにはいられない。
  2011.05.06  
Vol.11   その声を記憶として記録する。
二輪ライダー排気量募金に寄せられたメッセージ
  2011.06.03  
Vol.12   ついに民主と自民のバイク議連が超党派団結、
その第一歩がスタート
「エンジンがツインになった」
  2011.07.04  
Vol.13   自転車は車道(公道)を速度無制限でスピードを楽しんで良い……らしい   2011.11.29  
Vol.14   もっとバイクが乗りやすい国に!利用環境改善・近況まとめ 久しぶりに吼えるぞ!   2011.10.01  
Vol.15   状況が動いた! ので一部更新   2013.02.25  
Vol.16   日本維新の会、公明党、そして新体制の自民党——国会に続々“オートバイ議員連盟”が設立&刷新   2013.06.24  
Vol.17   高速料金、125cc免許、三ない、原付… 袋小路に入ったような論議はもういらない! 自民党政務調査会(政調)に設けられた二輪車問題対策プロジェクトチームとは   2016.06.14  
Vol.18   二輪車独立枠の高速道路料金実現へ前進! 自民党政調・二輪車問題対策PT、その後—   2016.12.20  

バックナンバー目次へ