MBHCC E-4
DVD支店


●2018年新作

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
「BIKE HERO ワイン・ガードナー」

 1980年代から1990年代にかけて活躍した世界のトップライダーに焦点をあてる“バイク・ヒーロー”シリーズ。その日本版・第5弾として、 ワイン・ガードナー編がリリースされる。
 モリワキエンジニアリングの森脇護氏によってその才能を見出されたオーストラリア人のガードナーは、日本とイギリスのサーキットでレースキャリアのベースを磨き、1983年に世界GPにデビュー。1985年からはホンダNS500を駆って本格的にGP参戦、1987年には念願のシリーズチャンピオンを獲得する。一方、鈴鹿8時間耐久レースでの活躍も日本ではお馴染みだ。作品ではオーストラリア人として初の世界チャンピオンとなった彼の、GPにおける栄光と落胆を余すことなく紹介。1991年に収録されたインタビューではタイトル獲得の年にシーズン途中で王座を諦めかけてた事、レースから身を引こうとしかけた事なども赤裸々に語るなど、興味深い内容となっている。
 本編60分/リージョン2/カラー/日本語字幕/音声 1.英語/ドルビーデジタル。2,000円(税別)。7月24日(火)発売。 

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp



(2018.7.11)


ウィック・ビジュアル・ビューロウ
「BIKE HERO ウェイン・レイニー」

 1980年代から1990年代にかけて活躍した世界のトップライダーに焦点をあてる“バイク・ヒーロー”シリーズ。その日本版・第4弾として、緻密なライディングで世界グランプリを走り抜けたウェイン・レイニー編がリリースされた。レイニーは1984年、前年に引退したケニー・ロバーツのヤマハGP250ccチームに加わり世界デビューを果たすも、“押し掛けスタート”に手こずり予選順位を台無しにしてしまうレースも。故郷AMAスーパーバイクにカムバック、チャンピオン獲得後、1988年より再び戦いの場を世界に移し、チーム・ロバーツのヤマハ500ccライダーとしてエディ・ローソン、 そして生涯のライバルであるケビン・シュワンツとの伝説のレースの数々を演じ、ロバーツ以来の3連覇を達成する。 本編は1984年の250ccクラスデビューから1987年のAMAスーパーバイク ホンダ時代、最高峰クラス4連覇を目前にしての悲運の事故まで、偉大なライダーのキャリアを追う。字幕翻訳は「MotoGPはいらんかね?」でお馴染みの西村章氏。 本編60分/リージョン2/カラー/日本語字幕/音声 1.英語/ドルビーデジタル。2,000円(税別)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp



(2018.5.24)


ウィック・ビジュアル・ビューロウ
「2018MotoGP公式DVD」
「野崎史高の 変身!! トレールテクニック 2号」

 二輪ロードレースの最高峰・MotoGPの開幕から最終戦まで全19戦を、ウィック・ビジュアル・ビューロウ は今年もDVDをレース終了約3週間後にリリース。MotoGPクラスのノーカットレース映像やサーキット情報、予選ダイジェスト、ライダーへのインタビューに加え、Moto2&Moto3クラスのハイライト、レース後ニュース、各チームを特集したワークショップ、さらに世界各国のパドックガールも毎レース収録。テレビでは決して見られないMotoGP の魅力が存分に詰ったDVDとなっている。音声は①実況+環境音(現場音)②環境音(現場音)。現在、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とマルク・マルケス(ホンダ)による最終ラップの最終コーナーまでバトルが繰り広げられた「Round1カタールGP」を発売中。2,190円(税別)。


 全日本トライアル選手権の最高峰・IASクラスで活躍中、野崎史高が基礎的原理から応用技まで丁寧にレクチャー。全日本トライアルと一般ライダーのトレッキングトライの映像もたくさん交え、なぜ失敗しするのか、どうすれば行けるのか? の解説は映像ならでは。オフロードを楽しむための必須テクニックであるフロントアップをはじめとするライディング改造、スパナ1本マシン改造、打倒ステアケース、魔法の技「二度吹かし」と「抜重」、応用編といったコンテンツに。 本編106分。3,400(税別)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://www.wick.co.jp/shop/



(2018.4.17)


ウィック・ビジュアル・ビューロウ
「BIKE HERO エディ・ローソン」

 1980年代から1990年代にかけて活躍した世界のトップライダーに焦点をあてる“バイク・ヒーロー”シリーズの日本版・第3弾が間もなくリリースされる。今回の主役はバリー・シーンやケニー・ロバーツが活躍した時代にキャリアをスタートさせたエディ・ローソン。1983年にヤマハで世界GPデビュー、翌84年には初の世界タイトルを獲得し、86年、88年と3度王座に就いた後、89年にホンダへ移籍、4度目のタイトルを獲得、その後ヤマハ、カジバを渡り92年に引退するまでの世界GPでのキャリアが綴られる。
 世界GPではフレディ・スペンサーやワイン・ガードナーと激しいタイトル争いを魅せ、ケビン・シュワンツ、ウェイン・レイニーといった才能あふれる若き同胞を迎え撃った。滅多にミスをしない芸術的なライディングは、温厚なイメージとは対照的にアグレッシブな側面を併せ持つ。個人主義傾向が強く、言葉数が少ないローソンが本音を語るのはいつもサーキットだった。GP史上最も信念を貫いた一人であり、バイクヒーローと呼ぶに相応しいそのライディングアクションは今も色褪せない。
 本編60分/リージョン2/カラー/日本語字幕/音声 1.英語/ドルビーデジタル。3月24日(土)発売。 2,000円(税別)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp



(2018.3.19)


ウィック・ビジュアル・ビューロウ
「BIKE HERO ランディ・マモラ」 
「ユアン・マクレガー 大陸縦断バイクの旅/Long Way Down」
 1980年代から1990年代にかけて活躍した世界のトップライダーに焦点をあてる“バイク・ヒーロー”シリーズの日本版・第2弾が登場。数々の記憶に残る活躍を果たしながらも“無冠の帝王”と呼ばれるアメリカ人GPライダー、ランディ・マモラだ。マモラは1980年に世界GP・500ccクラスにフル参戦、ルーキーながらも2勝を挙げ、ケニー・ロバーツに次ぐランキングも2位を獲得。その後1981年(2勝)、1984年(3勝)、1987年(3勝)もランキング2位となったことから“無冠の~”の異名をもつことに。外側のステップから足を外す独特なライディング“マモラ乗り”は多くの人々に衝撃を与え、雨のレースでは誰よりも速く走り抜けた。頻繁にウィリーを行い、カジバに移籍してからはリアタイヤから白煙を出しながらカウンター走行を見せるなどのパフィーマンスで、マモラには世界中に根強いファンがいる。DVDには1982年からのレースの他、1990年の本人へのインタビューも収録。本編60分/リージョン2/カラー/日本語字幕/音声 1.英語/ドルビーデジタル。1月24日(水)先行発売、2月17日(土)一般発売。 2,000円(税別)。


オリジナル・バンダナ

 「T2 トレインスポッティング」や「スター・ウォーズ」シリーズでお馴染みのユアン・マクレガー、彼の俳優仲間であるチャーリー・ブアマンがバイクでアフリカ大陸縦断に挑む、2人の冒険のすべてを記録した傑作ドキュメンタリーDVD第二弾をリリース。イギリス国営放送局・BBCにて2007年に放送、ソフト化され、ミリオンセラーとなった前作「Long Way Round」同様、大きな話題を呼んだ作品で、世界的スターであるユアンが過酷な旅の途上で見せる素朴な素顔や、進化したチャーリーのバイク・テクニックも見どころ。彼らの“旅の相棒”とも言える人気バイク・BMW R1200GS アドベンチャーの魅力もたっぷり収録。特典として、旅の気分を盛り上げる『Long Way Down』オリジナル・バンダナを封入。3枚組。制作:2005年イギリス。7,500円(税別)。2018年2月23日(金)発売。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://www.wick.co.jp/shop/



(2018.1.22)


[タカハシ商会本店へ戻る]

[2018年の新作]
[2017年の新作へ]
[2016年の新作へ]
[2015年の新作へ]
[2014年の新作へ]
[2013年までの新作へ]